2017年9月8日 更新

2017年8月度軽自動車販売ランキング!ついにN-BOXが首位陥落!って当たり前か

一般社団法人全国軽自動車協会連合会から2017年8月度の軽自動車販売ランキングが発表されました! chibicaでも速報としてランキングを掲載!

2017年8月度軽自動車販売ランキング!ついにN-BOXが首位陥落!って当たり前か
 (14713)

ついにN-BOXが首位陥落!トップはムーヴ!

2017年8月度の軽自動車新車販売ランキングでは順位に動きがありました!

ではさっそくランキングを見てみましょう!

1位 ダイハツ ムーヴ 10364台 106.5%(前月対比)↑
2位 ホンダ N-BOX 10079台 69.5% ↓
3位 日産 デイズ 9645台 79.5% ↓
4位 ダイハツ タント 8743台 74.7% ↓
5位 スズキ ワゴンR 8651台 81.5% →
6位 ダイハツ ミラ 7995台 68.5% ↓
7位 スズキ スペーシア 6699台 82.0% →
8位 スズキ アルト 5589台 81.1% →
9位 ホンダ N-WGN 4658台 95.9% ↑
10位 スズキ ハスラー 4609台 79.2% ↓
11位 三菱 eK 2705台 87.1% ↑
12位 ダイハツ キャスト 2265台 71.1% ↓
13位 トヨタ ピクシス 2057台 98.5% ↑
14位 ダイハツ ウェイク 1959台 81.5% ↓
15位 ホンダ N-ONE 1413台 122.7% ↑

首位はムーヴ!

ずっと首位をキープしていたN-BOXも、さすがにフルモデルチェンジ月とあって、販売にも陰りが見えました。
というか、こんな直前まで売れ続けるというのもスゴイと思います。
通常はオーダーストップかかっている時期ですからね。

そしてそのスキに1位を奪取したのが、ダイハツのムーヴです。
ムーヴは8月にマイナーチェンジを行い、とくにカスタムでは大幅なフェイスリフトとなりました。

スマアシⅢが標準化もされており、商品力もアップ。
マイナーチェンジ効果もあって、同社では売れ線のタントも破り首位になりました。

2位はN-BOX!まだ粘る!

8月31日にフルモデルチェンジを行ったN-BOXが2位に残っています。
新型N-BOXの台数は含まれていないはずなので、この数字は驚異的としか言いようがないです。

9月以降は新型N-BOXがどこまで数字を伸ばしてくるかが注目ですね。

3位はデイズ!

3位には日産のデイズがランクイン。
先月の2位から陥落です。

それでも3位にランクインしているのは、昨年の燃費不正問題の影響はほぼ風化したと言っていいでしょう。
ただ、デイズの燃費がライバルに比べて悪いのは事実で、それでも売れているというのは、買っている人は燃費はそこまで意識していないという結果でしょうか。

4位以下も失速

首位のムーヴ以外は、ほぼすべての車で昨月対比割れを起こしており、季節要因もありますが軽自動車販売の勢いが衰えてきている気もします。
下半期で軽自動車全体の売行きがどうなるのかも注目です。
14 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部