2018年10月3日 更新

通好みの足回りとエンジン!初代スバルステラ

最近の軽トールワゴンの進化には目を瞠るものがあります。居住性やシートアレンジなどは、普通車のコンパクトカーを軽く凌駕しています。しかし、クルマ好きからしてみれば、どれもこれも判で押したような形とデザインに見えます。また、パワートレインや足回りも二の次、三の次にされているような気がして、何とも寂しいものです。かつてスバルからは、見た目は普通のトールワゴンでも中身が一味違うクルマが出ていました。今回は他の軽とは一味違う、初代ステラについて見ていきましょう。

通好みの足回りとエンジン!初代スバルステラ

どんなクルマ?

ステラ(スバル)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (45746)

初代スバルステラは、2006年6月に発売されました。

スバルの軽トールワゴンとして既にプレオがありましたが、ワゴンRやムーヴがモデルチェンジの度に大きく広くなっていくのに、スバルは取り残された格好となってしまいました。

ヴィヴィオの後継にしようと「R1」「R2」というスタイリッシュさを前面に打ち出した軽自動車を発表したものの売れ行きは芳しくなく、押っ取り刀でステラを開発したと言っても過言ではないでしょう。

プレオの時と同様、同カテゴリーで最後発になってしまいましたが、女性ユーザーからのアンケートをもとに、小さい子供を載せる際のユーティリティーを重視し開発され、他社とは違う細かいところまで気を配ったシートアレンジ等が特徴でした。

初代スバルステラのここがイイ!!

ステラ(スバル)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (45747)

クルマ好きが唸るメカニズム

スバル製の軽自動車といえば、クルマ好きは「4輪独立懸架!」と答えるでしょう。

ほとんどの軽自動車のリアサスペンションは、トーションビーム形式がメインとなっています。左右のアームをねじれ(トーション)を許容する梁(ビーム)で繋いだもので、低コストで製造することができるものです。

しかし左右のサスペンションを繋いでいるので、片方が縮むと片方は伸びる事になり、悪路での乗り心地、接地性は悪くなってしまいます。

一方、独立懸架の場合は左右のサスペンションを繋いでいないため、左右のサスペンションは自由にストロークするため、悪路でも乗り心地や接地性は悪化しません。

大抵のコンパクトカーはトーションビーム形式のリアサスペンションが与えられているにに、軽自動車で独立サスを採用するスバルのこだわりようと言ったら!

ステラはトールワゴンなので、それなりに上屋の重さはありますが、独立サスのおかげでコーナーを抜ける際の挙動、抜けた後の揺り戻しはライバルに比べ穏やかです。また、乗り心地もなかなか悪くありません。

落ち着いたインテリア

インテリアはベージュとダークグレーの2種類が用意されていますが、どちらもシックな色調で落ち着いた印象を持ちます。
プラスチック部分も軽自動車には珍しく安っぽさはありません。

R1、R2譲りの、落ち着いた大人のインテリアといった感じです。

独創的シートアレンジ

リアシートを一番前までスライドさせ、助手席を倒すと、運転席に座ったままで簡単にリアシートにアクセスできます。

これは何のためかというと、リアシートにチャイルドシートを装着し、赤ちゃんを乗せた時、お母さんが赤ちゃんの面倒をみるのにいちいち降りなくてもいいようにするためです。

助手席の背後が大きくえぐられていて、そのままでは何のためかわかりませんが、この状態にするとカバンや荷物を置くのにちょうどいいくぼみになります。

初代ステラは急ごしらえのクルマですが、このような細かい気配りはライバルにはないものです。

初代スバルステラのここはそうでもない…

ステラ(スバル)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (45748)

NAモデルの加速感

エンジンはサンバー譲りの4気筒EN07エンジンが搭載されており、回転フィールや音は滑らかなものです。

しかし、全車CVTということもあってか、NAモデルは少しパワー不足に感じます。58psを発揮していますが、880kgのボディを引っ張るにはもう少しパワーが欲しい所です。

まるで、250ccのスクーターのような加速感でした。

荷室床面積の狭さ

荷室にはホイールハウスが大きくせり出してきており、少し荷室が狭く感じます。

トールワゴンなので高さは確保できていますが、バッグや箱、買い物袋を並べておくのは少し窮屈です。

ベージュ内装の汚れの目立ち具合

小さいお子さんを乗せるとクルマはどうしても汚れてしまうものですが、ステラのベージュ内装は特に汚れが目立ちます。

シートに飲み物をこぼした時など、すぐに拭き取ったつもりでも跡が残ってしまいます。

もし中古で初代ステラを購入する際は、ダークグレー内装にするかシートカバーの装着を検討した方が良いでしょう。

まとめ

ステラ(スバル)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (45749)

初代スバルステラは、ライバル車に対抗するべく急いで作られたクルマでしたが、市場からの声を柔軟に取り入れ、最後発のメリットを十分に生かしたクルマ作りをしていました。

子育て世代のお母さんにもオススメですが、スーパーチャージャーを搭載したグレードなら男性にもオススメです。

余裕のある車内、良くできたサスペンション、座り心地の良いシートのおかげで長距離ドライブも苦になりません。

中古市場は値段が下がり切っており、どんなに程度が良いものでも100万円以下で購入することできます。

しかし、スーパーチャージャー搭載グレードはコアなファンが多く、走行距離の少ない個体は出にくいばかりか出てもすぐに売れてしまいます。

スポーツグレードを狙っている方は、いい出物があったら迷わずに即購入した方が良いでしょう。

初代スバルステラは、今の軽トールワゴンにないものを持った貴重なクルマです。ファーストカーとしても十分使える良いクルマですよ。
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ミナト自動車㈲ ミナト自動車㈲