2018年7月9日 更新

「N」シリーズの累計販売台数が200万台を突破!したけれど・・・

5日、ホンダの軽乗用車「N」シリーズの累計販売台数が、2018年6月末時点で200万台を突破したことを発表しました。「N」シリーズは、2011年12月に第1弾モデル「N-BOX」を発売して以来、79ヵ月目での記録達成となります。

「N」シリーズの累計販売台数が200万台を突破!したけれど・・・

他を寄せ付けない圧倒的な性能と人気

N-BOX

N-BOX

「N」シリーズは、ホンダ独自のセンタータンクレイアウトを活かした、高効率なパッケージングによる広い室内空間により、多彩な使い勝手を実現。充実した安全装備・快適装備、力強い走りなどを実現しました。

また、2017年9月には「N-BOX」のフルモデルチェンジを行い、新たなプラットフォーム、パワートレインを採用したほか、先進の安全運転支援システム「ホンダ センシング」を全タイプに標準装備。さらに、今夏には「N」シリーズの新たなモデルとして、軽バン「N-VAN」の発売を予定しています。

ホンダの軽乗用車「N」シリーズは、このように大進撃を続けていますが、好調なのは2018年上半期(1月~6月)における販売台数が127,548台となり、登録車を含む新車販売台数において第1位を獲得した「N-BOX」だけという状況は、この79ヵ月間かわらないという問題もあります。

「N」シリーズ販売台数(全軽自協調べ)

Honda | 「N」シリーズの累計販売台数が200万台を突破 (35269)

2011年12月 2,860台
2012年 229,156台
2013年 354,087台
2014年 361,505台
2015年 303,787台
2016年 290,336台
2017年 307,128台
2018年1-6月 172,923台
累計 2,021,782台

N-BOXシリーズ(N-BOX、N-BOX +、N-BOX SLASH)/N-ONE/N-WGN 販売台数(全軽自協調べ)

2011年12月2,860台
2012年 211,155台/10-12月 18,001台
2013年 234,994台/107,583台/11-12月11,510台
2014年 179,930台/34,858台/146,717台
2015年 184,920台/22,829台/96,038台
2016年 186,367台/17,259台/86,710台
2017年 218,478台/13,059台/75,591台
2018年1-6月 127,548台/9,592台/11,510台
累計 1,346,252台/223,181台/452,349台

出来が良すぎた初代「N-BOX」の余波

N-ONE

N-ONE

N-WGN

N-WGN

それだけ初代「N-BOX」の出来が良かったということなのですが、レトロな雰囲気で話題となったN-ONEはトールワゴンの時代に終止符を打った「N-BOX」発売後は陰に隠れ、N-WGNは一度もブレイクすることなく、ワゴンR、ムーヴといったライバルに差を付けられています。

特にN-ONEの停滞は深刻で、2017年度累計では約1万3000台と、「N-BOX」の月間販売台数にも満たない実績となっています。また、N-WGNにしても、信頼失墜から立ち直った日産デイズにも追いつけない状況です。

他の「N」シリーズの欠点は、重い車体と燃費の悪さです。初代「N-BOX」では、広い室内スペースや多彩なシートアレンジなど、欠点を上回る魅力で問題視されませんでしたが、より燃費性能が重要視されるクラスのN-ONEやN-WGNでは、他車との差別化が浸透せず、欠点が浮き彫りになる結果となったのです。

新型「N-BOX」ではそれらをすべてクリアし、普通車以上の安全装備を付加して大成功しており、N-ONEやN-WGNもフルモデルチェンジ、あるいは新規車種に衣替えしない限り、ユーザーが魅力を感じるには難しいのではないでしょうか。

まとめ

N-WGNカスタム特別仕様車「SS(Suzuka Sp...

N-WGNカスタム特別仕様車「SS(Suzuka Special)パッケージⅡ」

N-BOX SLASH特別仕様車「INDIE ROCK...

N-BOX SLASH特別仕様車「INDIE ROCK STYLE」

そんなことから、この累計販売台数200万台突破の発表と同時に、N-BOX スラッシュとN-WGN/N-WGNカスタムに特別仕様車を設定。特にN-WGNカスタムには一気に5車種の特別仕様車を設定する力の入れようです。

累計販売台数200万台突破の記念セールを起爆剤に、「N-BOX」以外の「N」シリーズの底上げが出来るかどうか、そしてその勢いのまま「N-VAN」の発売に持ち込めるのか?注目されます。
「N」シリーズ発売以来の歩み

2011年12月 N-BOX発売
2012年 7月 N-BOX +発売
2012年 8月 N-BOX +車いす仕様車発売
2012年11月 N-ONE発売
2013年 9月 累計販売台数50万台突破
2013年11月 N-WGN発売
2014年12月 N-BOX SLASH発売
2015年 2月 累計販売台数100万台突破
2016年11月 累計販売台数150万台突破
2016年12月 N-BOXシリーズ(N-BOX、N-BOX +、N-BOX SLASH)100万台突破
2017年 9月 新型N-BOX発売(フルモデルチェンジ)
2018年 4月 N-BOXスロープ仕様車を発売
2018年 6月 累計販売台数200万台突破
2018年 夏  軽バン「N-VAN」発売予定
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン