2017年11月14日 更新

日産が東京モーターショー出展車両を発表!セレナe-POWERや出展車両をご紹介!

2017年10月に開催される第45回東京モーターショー。各自動車メーカーの出展車両も続々決定し、新たな車両の数々に驚きと楽しみが入り混じっていますが、日産も東京モーターショーに出展する車両一覧を発表した様です。今回は日産の東京モーターショーで注目したい車両と発表が期待されていたセレナe-POWERについて紹介したいと思います!

日産が東京モーターショー出展車両を発表!セレナe-POWERや出展車両をご紹介!
 (18278)

東京モーターショーで公開が期待されたセレナは、、、

日産:セレナ [ SERENA ] ミニバン/ワゴン Webカタログ トップ (16240)

完成検査の問題で何かと話題になる自動車メーカー「日産」ですが、日産の新型車両を楽しみにしている方も多いと思います。

特にノートe-POWERで証明された技術をセレナに搭載させた、セレナe-POWERが東京モーターショーで公開されるのではないかと噂されてきましたね。

しかし残念ながら第45回東京モーターショー2017での日産の出展リストには、セレナe-POWERの存在はないようです。

では、今回の日産はどのような車両、技術を見せてくれるのか?

第45回東京モーターショー2017における、日産の出展リスト車両をご紹介したいと思います!

東京モーターショーのおさらい

TOKYO MOTOR SHOW 2017 : PR MOVIE

そもそも東京モーターショーとは、一体どのようなイベントなのでしょうか?

まず簡単にご紹介すると、名前の通り東京で毎年行われている自動車のイベントです。

第45にもなる東京モーターショーは、今後の車の未来を表している、自動車メーカーや様々な関連技術の発表会のようなものとなっています。

そのため、現在販売されている車両とは少し違った、自動車メーカーが思い描く未来の車両などが展示されます。

もちろん、発売が迫った新型車両の発表も兼ねていますので、現行車のモデルチェンジも発表される場合があります。

また、イベントでは自動車だけでなく、自動車に関連する技術を使った様々な体験コーナなどもあるため、見るだけではなく車の未来を体感することも可能です。

日産の出展車両一覧

今回の東京モーターショーで日産が公開する車両は13台となっています。

ここではその車両の中から、既に日産が公開を発表した車両について詳しくご紹介していきたいと思います。

LEAF NISMO Concept - EV

日産自動車、第45回東京モーターショー2017の出展概要を発表 - 日産自動車ニュースルーム (16246)

日産が東京モーターショーで発表する注目車両の1つがこのLEAF NISMO Concept - EVです。

リーフに関しては、9月に新型モデルが発表されたばかりで、よりスタイリッシュになったエクステリアや400キロの航続距離だけではない様々な性能面といった魅力に驚いたものです。

その上、プロパイロットをはじめとする優れた最新運転技術も見所の車両となっています。

詳しくはこちらもどうぞ↓
LEAF NISMO Concept - EVは、そんな新型リーフのニスモバージョンとなるのがこの車両です。

通常のリーフもモーターによる力強い加速が素晴らしいですが、ニスモの技術を駆使しさらに加速を重視したコンピュータ制御や、走りに適した足回り設定、見た目のかっこよさだけでなく空力性能も高いエクステリアなど、全てがスポーツカーとしてアップデートされています!

もちろんEVですので、環境性能を重視しつつニスモの持つスポーツスピリッツを注ぎ込んだコンセプトカーとなっているので、今後のスポーツカーの新たなスタイルとなり得る1台かもしれません。

セレナ NISMO

日産自動車、第45回東京モーターショー2017の出展概要を発表 - 日産自動車ニュースルーム (16253)

今回の東京モーターショーで発表されるセレナは、登場が期待され続けてきたe-POWERではなく、セレナNISMOとなるようです。

この車両については、セレナの持つミニバンの使い勝手の良さに、ニスモのスポーツ技術を合わせて家族を乗せながらも運転を楽しむことができる内容となっているのが特徴です。

気になる中身に関しては、スポーツ仕様として設定された専用コンピューターに気持ちいい音を奏でてくれる専用マフラーを装着し、踏んで楽しい車両と仕上がっているようです。

他にも足回りだけでなく、ボディーの補強もされているので、踏んでも曲がっても気持ちの良い乗り味が体感できることでしょう!

こちらの車両に関しては、2017年11月に発売予定となっているので、気になる方は会場まで足を運んでみてはいかがでしょうか?

マイナーチェンジとなるスカイライン

日産自動車、第45回東京モーターショー2017の出展概要を発表 - 日産自動車ニュースルーム (16258)

2017年12月にマイナーチェンジとなるスカイラインも今回の東京モーターショーにて展示予定となっています。

内容に関しては、エクステリアの形状変更やアルミホイールの変更による見た目の変化が主にメインとなるようです。

日産自動車、第45回東京モーターショー2017の出展概要を発表 - 日産自動車ニュースルーム (16260)

またインテリアに関しても、インストの表皮変更やステアリングやシフトノブといった手に取る部分の変更もされ、全体的に質感向上が施されている印象です。

スカイラインといえば、私はRがラインナップされていた第二世代が好みですが、V37スカイラインもスポーツというよりはプレミアムセダンという感じでカッコいいですね!

セレナe-POWERは一体どうなった?

日産自動車、第45回東京モーターショー2017の出展概要を発表 - 日産自動車ニュースルーム (16263)

第45回東京モーターショー2017における日産の注目車両をご紹介しましたが、いかがでしたか?

ニスモバージョンのリーフなど様々な車両に期待できますが、私としては期待していたセレナe-POWERがないことに少しがっかりです。

セレナに関してはこれまでチビカでも取り上げてきた通り、燃費と価格のバランスが取れないなど様々な問題が多いのかもしれません。

また日産のリコール問題もあるため、ここで中途半端な車両を発表することは避けた方がいいと言えるでしょう。

セレナe-POWERに関しては、発売時期などわからないことが多いですが、今後の展開に期待しながら待ちたいと思います!
27 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

はるあき はるあき