2019年9月1日 更新

ベンツ AMG 35 4MATIC&特別仕様Edition1受注開始

メルセデスベンツが、8/27より新モデルとなる「AMG A 35 4MATIC」と「AMG A 35 4MATIC Edition1」の受注を開始しました。今回は、特別仕様モデルに焦点を集めて、エクステリアや内装、そしてパワートレイン等をご紹介します。

ベンツ AMG 35 4MATIC&特別仕様Edition1受注開始

メルセデスベンツAMG 35 4MATIC&Edition1の概要等

メルセデスベンツ日本は、新型「AMG A 35 4MATIC」と「AMG A 35 4MATIC Edition1」の受注を2019年8月27日より開始しました。納車の開始については、2019年10月以降の予定です。価格は6,280,000円から7,430,000円(消費税10%込み)となっています。

次世代コンパクトAMGモデルとなるAMG 35 4MATIC&Edition1が、新ジャンルとして誕生しました。Edition1では、鮮やかなカラーリングに、最先端の空力テクノロジーを採用した、次世代スポーティネスがふんだんに採用されたエクステリアに、高揚感を掻き立てるドライビング、洗練されたスポーツマインドがユーザーを包み込むインテリアに仕上がっていそうです。
 (65515)

メルセデスベンツAMG 35 4MATIC Edition1のエクステリア等

フロントでは、AMGのフロントグリルルーバーとダイナミックなエアインテークのEdition1専用フロントバンパーを持つ新世代の革新的なディテールに仕上がっています。

サイドは、見る人をひきつけるほどスピード感を感じさせるEdition1専用のデカールに、ミラーではマットテックゴールドアクセントがポイントになっています。

リアビューは、ハイグロスブラックのリアエプロン、リアディフューザー、ツインクロームエグゾーストエンドが、ワイドで低フォルムな圧倒的存在感をかもし出しています。

アルミホイール・ハブキャップは、上質感と存在感を併せ持つマットテックゴールドの19インチAMGマルチスポークアルミホイール+ハブキャップです。

 (65516)

メルセデスベンツAMG 35 4MATIC Edition1の諸元や特別装備等

①AMG 35 4MATIC Edition1の主要諸元
・ステアリング 右
・トランスミッション 電子制御7速A/T
・エンジン DOHC 直列4気筒 ターボチャージャー付
・総排気量 1,991cc
・最高出力 225kW(306ps)
・全長×全幅×全高(mm)=4,436mm×1,797mm×1,405mm
・ボディカラー デニムブルー
・インテリアカラー マグマグレー/ブラックツートーン(レザーDINAMICA)
・インテリアトリム Edition1専用インテリアトリム(アルミニウムシルバー/ブラック)
Mercedes-AMG A 35 4MATIC Edition1のメーカー希望小売価格(税込)は、¥7,430,000です。

②AMG 35 4MATIC Edition1の特別装備一覧
エクステリアでは、
・Edition 1専用デカール(マットテックゴールド)
・マットテックゴールドアクセント(ドアミラー)
・19インチAMGマルチスポークアルミホイール(ハイシーン/マットテックゴールド)
・マットテックゴールドハブキャップ
・AMGナイトパッケージ(ハイグロスブラック)※フロントスプリッター、フロントバンパー、エアインテークルーバー、サイドスカート、ウインドウライントリム、ドアミラー、エグゾーストエンド
・エアロダイナミックパッケージ
・Edition1専用フロントバンパーデザイン(フリック付)
・ハイグロスブラックリアウイング
・ハイグロスブラックリアエプロン
・ハイグロスブラックリアディフューザー

インテリアでは
・マグマグレー/ブラックツートーンレザーDINAMICA AMGパフォーマンスシート(インディゴブルー/ミッドグレーステッチ入)
・AMGパフォーマンスステアリング(ナッパレザー、EDITIONエンブレム付)
・AMGドライブコントロールスイッチ
・Edition1専用インテリアトリム(アルミニウムシルバー/ブラック)

機能装備では
・360°カメラシステム
・ヘッドアップディスプレイ
・エナジャイジングパッケージプラス
・AMG RIDE CONTROLサスペンション
・マルチコントロールシートバック(前席)
・リラクゼーション機能(前席)

オーディオ/ビジュアル&コミュニケーションでは
・ナビゲーション
・Mercedes me connect ナビゲーションサービス
・Mercedes me connect USBオンデマンド
オンライン地図更新
・ETC2.0対応車載器(VICS3メディア対応)
・テレビ機能(12セグ/ワンセグ自動切替)
・トラフィックサインアシスト
・アドバンスドサウンドシステム

多種多様な装備が、同特別仕様モデルに採用されていることが伺えますね。特別感がふんだんに盛り込まれた一台として企画されています。
 (65517)

メルセデスベンツAMG 35 4MATIC Edition1の内装等

インテリアでは、ステアリングやダッシュボードにEdition1専用トリムがあしらわれ、スポーティネスを表現しています。ユーザーの鼓動が高鳴るブルーのアクセントが施されたパフォーマンスシートもポイントですね。洗練されたスポーツマインドが、ドライバーを包み込むように設計されています。

コックピットでは、EDITIONのエンブレムが付いたAMGパフォーマンスステアリングが専用装備されています。ジェットエンジンのタービンをイメージしたエアアウトレットに、スポーティなステンレスアクセル&ブレーキペダルも装備されています。ユーザーの走りの感性を刺激するアイテムですね

シートは、インディゴブルーにミッドグレーのステッチが入ったツートーンレザーDINAMICA AMGパフォーマンスシートが採用されています。
 (65518)

メルセデスベンツAMG 35 4MATIC Edition1のパワートレイン等

新開発の2000cc直列4気筒直噴ターボエンジンが搭載されています。最高出力は、225kW(306ps)です。ツインスクロールターボチャージャーを採用したことで、低回転からの素早いレスポンスと高回転までのスムーズな吹け上がりが可能になっています。意のままの力強い加速が愉しめるだけでなく、可変バルブコントロールシステムの採用で、優れた環境性能も有しているパワーユニットです。

デュアルクラッチトランスミッションを、AMG用に最適化したことで、素早いシフトチェンジを可能にしています。シフトダウン時のブリッピング機能などによって、ダイナミックなドライビング体現もできる仕組みです。

専用開発のスプリング、サブフレームなどを採用し、すべての速度域で安定性、俊敏性、限界領域での安心感ある操作性と長距離走行時の高い快適性を両立させています。

 (65519)

まとめ

メルセデスベンツからAMG 35 4MATIC及び、特別仕様車AMG 35 4MATIC Edition1の受注開始アナウンスが入りました。今回は、特別仕様車に焦点を当ててみました。コンパクトでありながら、戦闘力抜群の同モデルが公道を走るのが楽しみです。
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me