2017年3月27日 更新

【ミニバンカタログ】トヨタ・アルファード

アルファードは大型LLクラスのトヨタ最高級ミニバンです。ワンランク上の品質をご紹介させていただきます。

【ミニバンカタログ】トヨタ・アルファード

トヨタの最高級ミニバン

アルファードは、トヨタのフラッグシップミニバンの一つで、トヨタが誇る安全装備や燃費、走行性能に関する最新技術が余すところなく投入されています。いわゆるLLクラスミニバンにあたり、国内販売されているミニバンの中でも最大級の室内面積を有しています。
2015年に登場した2代目となるアルファードに搭載されているパワートレインは、2.5L直4と3.5LのV6ガソリンエンジンと、2.5Lエンジンとモーターの組み合わせとなるハイブリッド。ハイブリッドは18km/L超の低燃費を誇り、フラッグシップミニバンにふさわしく、積載量の大きさと燃費性能の高さから、汎用性の高い車となっています。
 (1259)

 (1260)

豪華で勇壮なエクステリアデザインですね。さすがは最高級クラス。
ボディカラーは全7色。モノトーンを基調とした落ち着いた雰囲気のあるカラーとなります。
もう一台のトヨタ高級ミニバン

もう一台のトヨタ高級ミニバン

こちらはヴェルファイア。アルファードの兄弟車になります。
2代目としてフルモデルチェンジした際にアルファードGはアルファードとなりGが外れ、アルファードVはヴェルファイヤへと変更になりました。

室内・インテリア

室内の広さは、室内長 3160mm ×室内幅 1585mm ×室内高 1360mm。
流石LLクラスのミニバンという広さですね。

様々な機能も充実。乗るものに優雅なひとときを与えてくれる空間となってます。

運転席8ウェイ+助手席4ウェイパワーシート
助手席パワーオットマン
マイコンプリセットドライビングポジションシステム
運転席オートスライドアウェイ など
 (1262)

シートにはセミアニリン本革を使用。
木目調パネルも優雅さを引き立てます。
 (1264)

ロングスライドレールの採用により、最大1,160mmの助手席スーパーロングスライドが可能。これまで助手席とセカンドシートで分かれていたスライド可動域が、同一レール上にシートを設置することで大幅に拡大。
マニュアルオットマンとあわせて、車内に新たなゆとりとくつろぎを創出します。
 (1268)

後席を包むように、天井に光のラインが走ります。カラーLEDによる多色化を図ることで、16色もの豊富なバリエーションが生まれ、高級感と先進感のある居住空間を演出。メーター内のマルチインフォメーションディスプレイまたは後席の色替え・調光スイッチにより、お好みの色と明るさ(4段調光)にカスタマイズできます。
ラゲージスペース

ラゲージスペース

サードシートの薄型化により、スペースアップ時の荷室幅を拡大(従来型比)。また、ラゲージ床下に大容量の床下収納を設定することで、観葉植物など高さのある荷物の収納性も向上させました。ラゲージルーム左右にランプを設置し、夜間の使用性にも配慮しています。

燃費・走行性能

動力源に関しては3種類。ハイブリッドシステムを備えた2.5リッター直列4気筒エンジンと3.5リッターV型6気筒エンジンそして2.5リッター直列4気筒エンジンとなります。

昔で言えばV型エンジンで6気筒な上に280馬力ですからこのエンジンが最上級モデルなのですが、ハイブリッドシステムが高額ということもあり最上級モデルになります。
■ハイブリッド2.5リッターエンジンスペック  2AR-FXE

2.5リッター直列4気筒ガソリンエンジン+モーター
最高出力 152ps/5700回転
最大トルク 21.0kg.m/4400~4800回転
2JMフロントモーター
最高出力  143PS
最大トルク  27.5kgf
2FMリヤモーター
最高出力  68PS
最大トルク  14.2kgf
トランスミッション :電気式無段変速機
JC08モード燃費 18.4km/L
JC08モード燃費 19.4km/L (グレードX 8人乗り)


■3.5リッターエンジンスペック 2GR-FE

3.5リッターV型6気筒ガソリンエンジン
最高出力 280ps/6200回転
最大トルク 35.1kg.m/4700回転
トランスミッション: 6 Super ECT
JC08モード燃費 9.5km/L
車両重量が2,110kg以上の場合 JC08モード燃費 9.3km/L


■2.5リッターエンジンスペック 2AR-FE

2.5リッター直列4気筒ガソリンエンジン
最高出力 182ps/6000回転
最大トルク 24.0kg.m/4100回転
トランスミッション :Super CVT-i
JC08モード燃費 11.4km/L
JC08モード燃費 11.6km/L
JC08モード燃費 12.0km/L
ボディサイズを忘れさせる、新しい扱いやすさと安全性。

ボディサイズを忘れさせる、新しい扱いやすさと安全性。

車両を上から見たような映像をナビ画面に表示するパノラミックビューモニター。運転席からの目視だけでは見にくい、車両周辺の状況をリアルタイムでしっかり確認できます。さらにクルマを透かして外を見るような映像で周辺を確認できるシースルービューや、発進時に側方から現れる人やクルマなどを検知してお知らせする左右確認サポートも採用しています。

[ハイブリッド車:Executive Loungeに標準装備。その他全車にメーカーオプション。ガソリン車:Executive Loungeに標準装備。その他全車にメーカーオプション]

【ALPHARD】機能紹介/ドライバーに最先端のゆとりを。 【技術】

超音波センサーとカメラを使って駐車スペースを検知し、区画線を検出できた時のみ目標駐車位置を自動設定。スイッチを押すだけで、適切な後退開始位置への誘導と後退駐車のためのステアリング操作のみ自動でアシストします。手動による目標駐車位置設定が不要となり、また前進誘導機能が加わったことで使い勝手が向上しました。さらには、切返しを伴う駐車、縦列駐車、縦列出庫などもアシスト。

グレードと価格

特別仕様車 S“Aパッケージ・TYPE BLACK”(...

特別仕様車 S“Aパッケージ・TYPE BLACK”(2WD)

JC08モード 国土交通省審査値燃料消費率
11.6km/L
メーカー希望小売価格(消費税込み)
3,926,291円
HYBRID Executive Lounge

HYBRID Executive Lounge

JC08モード 国土交通省審査値燃料消費率
18.4km/L
メーカー希望小売価格(消費税込み)
7,036,691円
HYBRID G“Fパッケージ”

HYBRID G“Fパッケージ”

JC08モード 国土交通省審査値燃料消費率
18.4km/L
メーカー希望小売価格(消費税込み)
5,356,800円
HYBRID X(7人乗り)

HYBRID X(7人乗り)

JC08モード 国土交通省審査値燃料消費率
18.4km/L
メーカー希望小売価格(消費税込み)
4,155,055円
HYBRID SR“Cパッケージ”

HYBRID SR“Cパッケージ”

JC08モード 国土交通省審査値燃料消費率
18.4km/L
メーカー希望小売価格(消費税込み)
5,501,127円
GF(2WD)

GF(2WD)

JC08モード 国土交通省審査値燃料消費率
9.5km/L
メーカー希望小売価格(消費税込み)
4,842,327円
X(2WD・8人乗り)

X(2WD・8人乗り)

JC08モード 国土交通省審査値燃料消費率
11.6km/L
メーカー希望小売価格(消費税込み)
3,197,782円
S“Cパッケージ”(2WD)

S“Cパッケージ”(2WD)

JC08モード 国土交通省審査値燃料消費率
11.4km/L
メーカー希望小売価格(消費税込み)
4,173,709円
S“Aパッケージ”(2WD)

S“Aパッケージ”(2WD)

JC08モード 国土交通省審査値燃料消費率
11.6km/L
メーカー希望小売価格(消費税込み)
3,754,473円
27 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

zakioka zakioka