2018年9月20日 更新

ついに2020年始動か?!アウディe-tronのエクステリアに内装があらわになってきました!!!

今まで、アウディe-tronのエクステリア等もスパイショット等で記事にされてきました。遂に全体デザインや内装デザイン等も公開されましたね。このモデルを調査していきます!!!

ついに2020年始動か?!アウディe-tronのエクステリアに内装があらわになってきました!!!

アウディe-tronのエクステリアデザイン等

フロントビュー

アウディe-tronは、アウディデザインの基本的なイディオムを継承して誕生していそうです。新しく洗練された空気力学的な要素は、EV時代に併せて細部をアップデートもしているとの事。SUVモデルの1つとして、アウディe-tronは、垂直ラインを備えた八角形デザインのシングルフレームグリルを装備。

グリルの密閉された部分は、プラチナグレーでカラーリングされていますね。LEDヘッドライトの下端には、充電ステータスインジケータをも想起させる4本の水平ライトニングが、ランニングライトとして発光しEVを強調。Eモデルとして初めて装備されているデザインでもありますね!

 (43566)

サイドビュー

一直線に伸びたショルダーラインが最大のポイント。ヘッドライトから、サイドに沿って、リアライトにまで及んで、アウディe-tron存在感を強固なものに。

下側のグレーのアプローチラインは、バッテリーの位置、ひいてはアウディe-tronのエネルギーセンターを視覚化している模様。
 (43567)

リアビュー

長いルーフスポイラーと広いディフューザーがスポーティな印象へ昇華。e-tronでも、Audi A7、A8、Q8などのブランドのDセグメントモデル同様、LEDリアテールランプ左右を結合するライトストリップデザインとなっていますね。

テールランプでも水平方向に強調されたデザインで、バッテリのフル充電量をグラフィック表示したフロントランニングライトにシンクロ。ディフューザーの4つのクロスラインは、テールパイプの無いことを強調しているとの事。

 (43568)

効率と統合のために設計されたe-tronは、SAE J1772と複合充電システム(CCS)規格をクリアし、ACとDCの両方の充電用両方が可能となっている様です。e-tronは、高速公共充電ステーションで最大150kWのDC高速充電機能を可能に。この能力は、約30分で最大80%の充電を実現。

お客様の居住用充電ニーズには、標準9.6kW ACカプセル充電器(レベル2,240ボルト/ 40アンペア)が用意され、一晩充電を可能にしているようです。この充電器には、標準の120ボルト家庭用コンセント(1.2kW)と高速の240VNEMA 14-50コンセント(9.6kW)の両方を使用できるプラグが用意。(日本では、100V/200Vとなるでしょう)
 (43569)

アウディe-tronの内装デザイン等

アウディe-tronの内部では、パフォーマンス、インテリジェンス、明度を表現してデザインしているとの事。細かい弧(ラップアラウンドダッシュ)は、階段状のダッシュボードをドアがはみ出すほど遠くに包み込む形状に。

キャビン全体は、強力なドライバーオリエンテーションの性質を拡大し、スリムで視覚的に自立したディスプレイを備えた中央のアウディバーチャルコックピットに、2つのMMIタッチレスポンスディスプレイを装備。モニターはドライバーに向かって角度が付けられていますね。

収納部、カップホルダー、インダクティブスマートフォン充電用の標準のアウディ電話ボックスが組み込まれてることで使いやすさをも向上して搭載。軽さと機能性を兼ね備えてたギヤセレクタを組み込んだハンドレストは、コンソールの上に浮くように設置。ドライバーは、親指と人差し指の動きでワンタッチ動作で対応可能に。
 (43570)

まったく新しいAudiのCおよびDセグメントポートフォリオを担うe-tronは、MMIタッチレスポンスオペレーティングシステムを特徴としているようです。その大型高解像度ディスプレイは、対角線が10.1インチ、下側が8.6インチの2つの大型ディスプレイが、ほぼすべての従来のスイッチとコントロールの役目に。

上部ディスプレイでは、ドライバがインフォテインメント、電話、ナビゲーション、および特別なe-tron設定を制御できるように。これにより、充電タイマーの起動や希望する画面タイプの指定などが可能になるとの事。

画面下部のテキスト入力では、快適機能の選択とHVACはすべて、サポートが統合されたギアセレクターレバーで手首を快適に握って管理できるように。メニュー構造は、自由に設定可能なお気に入りや開始画面を含む、スマートフォンのように直感的に不らと使用できるようです。

さらに、ドライバは言語認識を使用して幅広い機能を起動することが出来る模様。目的地やメディアに関する情報は、その場で入手することも、LTE速度でクラウドから通信することもできる設計に。システムは音声コマンドを理解。対話マネージャは、必要に応じて質問し、訂正を許可、選択肢を提供できる状態に。

AlexaはMMIシステムに完全に統合されており、自宅や他のAlexa対応デバイスを使用してアウディe-tronの多くの機能やサービスにアクセスすることができるシステムに。

Audible、Amazon Music、TuneInを使用して、ニュース、天気、スポーツのスコア確認をしたり、食料品を注文したり、予定リストに物を追加したり、音楽やオーディオブックをストリーミングしたりすることも可能に。

スマートなホームコントロールでは、ドアをロックしたり、ライトを消したり、ガレージのドアを車両から直接閉じることもAlexaで可能。
 (43571)

インテリア空間は、風通しの良いデザインだけでなく、十分なスペースを確保して開発しているとの事。アウディe-tronは、優れたインテリアパッケージを装備。内装の長さ、2列目のレッグルーム、ヘッドルームのフロントとリアは、大人5名にも快適な空間を保持。
 (43572)

アウディe-tronのパアワーユニット関連

EVであるアウディe-tronは、バッテリーをフロア下に装備し、全長2280㎜×全幅1630㎜×全高340㎜という広大な空間に36個のセルモジュールで格納されているようです。これにより前後の重量配分も50対50とバランスよくもなっている様ですね!

バッテリーは、396ボルトで作動し、95KWHを持続できるように設定。航続距離は、400㎞を可能としたようです。

まとめ

欧州諸国では、ディーゼルモデルからの脱却を行っていくように思想が動いていますね。各メーカーもEVモデルを続々と開発してくることが予想されます。併せてインフラのシステムも進むことでしょう!こうした中、早めに有用なモデルをメーカーが出してくることになっていくのではないでしょうか?

23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me