2019年8月22日 更新

近未来感タップリなBMW Vision M Next Concept!

BMWから近未来コンセプトモデルが公開されました。フロントキドニーグリルのシグナイチャーを進化させ、ガルウィングドアを装備した設計となっています。近未来感タップリな同モデルの特徴等をご紹介します。

近未来感タップリなBMW Vision M Next Concept!

BMW Vision M Next Conceptのエクステリア等

表現力豊かなフロントデザインは、古典的なBMWのアイコンと近未来的な要素をミックスしています。特徴的なBMWキドニーグリルの両サイドには、スリリングオレンジの三角形が並んでいます。キドニーグリル下の刃ディテールをしたエア導入口と結合して最先端のレーシングフォルムを生み出していますね。

キドニーグリルの開口部外側の柔らかい曲線は、タービンの導入口を連想させ、2つのキドニーグリル要素の内側に使用されている色のグラデーションが深みのある感覚を生み出しています。非常に洗練されたディテールが、同モデルをさらに強調しています。

BMW Vision M NEXTヘッドライトは、フロントエンドの両サイドにインストールされています。キドニーグリルよりも高い位置にあり、ライトは上下に配置されたデザインです。ヘッドライトは、初めてレーザーワイヤライト技術を使用しています。

超スリムで非常に精密な形のヘッドライトは、コーティングされたガラス繊維素材で、非常に精密な形のヘッドライトに仕上がっています。Vision M Next Concepが、未来への指向性を付けるモデルですね。
https://www.netcarshow.com/ (62971)

via https://www.netcarshow.com/
BMW Vision M NEXTの全体ディテールは、吊り下げられたくさび形のスポーツカーのシルエットとなっています。サイドラインの高さ、そして対照的なカラーとなるオレンジの斜めカットラインは、静止していても動的な雰囲気をかもし出しています。

ウィンドウ表面からテールに向かって後退するにつれて狭くなり、開口部によって分割されて、同モデルの外観をより細長く見せていますね。リアタイヤの直前に位置するこの開口部は、空気力学をさらに向上させるように、侵入する空気を後端部に向かって効率的に導風するように設計されています。

ホイールは、立体的なマルチスポークデザインとなっていて、軽量、最大の剛性、そして抗力の減少をもたらし、道路へのパワーの伝達を最適化した仕様です。スポークの開いた三次元構造は、フロントでは大きいブレーキディスクの冷却を最大にし、インサートは後部で空力効率を最適化します。BMW Vision M NEXTのリアホイールは、22インチです。前輪(21インチ)よりも1インチ大きくなり、特徴的なディテールとなってもいます。

https://www.netcarshow.com/ (62972)

via https://www.netcarshow.com/
リアエンドは、幅広、そしてダイナミックにディテールされています。スポーティーなカラートーンで表現されていますね。配色は、車のリアディテールを2つのセクションに分けています。スリリングオレンジは、上セクションとなっていて、両端のデザインによって視覚的なリンクをもたらし、幅広な印象を与えています。

下の領域は、リサイクルされたカーボン繊維で作られていて、空気力学的に最適化されたエアダクトを組み込んでいます。後部ウィンドウデザインは、BMW M1をモチーフに設計されています。スリーピースルーバーは、ガラスでできていて、後部に水平方向の印象を与えていますね。

リアライトは、ヘッドライトに使用されているのと同様のレーザーワイヤー技術を採用しています。ガラスレンズは、幅とスポーツ性を強調し、後部を囲むようにディテールされています。
https://www.netcarshow.com/ (62973)

via https://www.netcarshow.com/

BMW Vision M Next Conceptの内装等

最新顔認識技術によって、ドライバーが近づくと自動的に車のロックが解除される仕組みです。ガルウィングドアのタッチセンサーを押すと、ドアが開きドライバーを車内へ誘います。上品でシンプルなインテリアは、スタイル的にも技術的にも、BMWらしくドライバーを中心に展開しています。

車内は、空間が切り取られたように見え、ベントなどの機能要素はほとんど見えなくなっていて統合されたデザインです。ドライバーは、運転だけに注意を払うことが出来るように設計されています。

シートは、流れるようなデザインで形成されています。形自身が、クッション性をもち、身体を最適な効果で支持する形状記憶特性を有しています。ヘッドレストは、シートの上に浮かぶように見え、明るさを与える存在です。座席位置は、非常に快適な位置にあり、運転に集中できるように仕上げられています。
https://www.netcarshow.com/ (62974)

via https://www.netcarshow.com/
インテリア全体がシックで落ち着きのある構成になっています。控えめな感じが、ドライバーを運転に集中できる最大の要素になってもいます。ドライバーの直接視野に入る3つの異なるメーターパネル類は、全ての制御オプションと情報をリンクさせるように設計されています。

運転設定は、ステアリングホイールで変更可能で、回転数、走行速度、エネルギー管理、運転者の心拍数、BOOST +モードが設定可能です。ボタンに触れるだけでBOOST+モードに入り、余分な電力をカットすることもできます。
https://www.netcarshow.com/ (62975)

via https://www.netcarshow.com/

BMW Vision M Next Conceptのパワートレイン等

BMW Vision M NEXTのパワートレインは、Power PHEV駆動システムを採用しています。全電気駆動+ターボチャージャー付き4気筒ガソリンエンジンを搭載しています。電動全輪駆動と後輪駆動が選択できる仕組みです。

600hpのシステム出力は、300km/hの最高速度を生み出し、BMW Vision M NEXTがたった3秒で0から100km/hまで到達することを可能にします。ボタンを押すだけで余分な力をカットするBOOST+モードもあります。全電気モードでの走行時の最大走行距離は100kmです。

まとめ

BMW Vision M Next Conceptが公開されました。BMWの未来を載せたモデルに仕上がっていそうです。また、搭載されるパワートレインもほぼ確定している状況となっていますので、コンセプトカーから市販への道筋も近いのではないでしょうか。今後同モデルが販売スタートするのが楽しみです。
16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me