2017年5月17日 更新

Twitterアンケート【今もう一度、リバイバルで出してほしい往年の名車は?】

chibica公式Twitterで、「今もう一度、リバイバルで出してほしい往年の名車は?」というアンケートを行っていました。 スズキ カプチーノ、マツダ AZ-1、ダイハツ ミラジーノ、スバル R-1、この4台の中なら貴方ならどれが復活してほしいですか?

今もう一度、リバイバルで出してほしい往年の名車は?

2017年5月15日にchibica公式Twitter上で行ったアンケートでは、以下のような結果となりました↓

参加してくれた47名の皆様、ありがとうございました!

1位はマツダAZ-1!

 (8184)

1位はマツダのガルウィングが特徴だったAZ-1となりました!

1990年台、軽スポーツカーと言えば、マツダ オートザム AZ-1、ホンダのビート、スズキのカプチーノがあり、これらの頭文字をとってABCトリオなどと呼ばれていた時代がありました。

その3台の中で一番知られていないのが、マツダオートザムのAZ-1ではないでしょうか。
それもそのはず、発売時期は1992年10月から1995年に生産終了。総生産台数もOEM車を合わせて5,000台しかなかったそうです。
現在ではその希少性と美しいエクステリアから、コアなファンも多く、中古市場でも高値で取引されています。

2位はスズキカプチーノ!

 (8186)

2位はスズキカプチーノとなりました!

AZ-1のほうがアンケートでは上位に来たのは意外でしたが、カプチーノの90年台に人気を博した軽スポーツカーでした。
頭文字Dでも登場していたので知っている方も多いはずです。
現在のスズキがカプチーノを作ったら、面白いことになりそうですよね!
ホンダS660や、ダイハツコペンが出ている中、軽自動車メーカーとしてはスズキもカプチーノをリバイバルしてほしいところです。

3位はスバルR-1!

 (8189)

3位はスバルのR1!
R1は2005年に発売された、スバル360のコンセプトを受け継いだ軽コンパクトクーペ。
ただでさえ制限のある軽自動車の規格の中でさらに全長を短くするなど、徹底的にコンパクトにこだわったモデル。
姉妹車としてR2がありますが、あちらは5ドアとなります。

シティコミューターとして、コンパクトさにこだわったモデルは私も欲しいところです。

4位はダイハツミラジーノ!

 (8192)

4位となったのはダイハツのミラジーノ。
2世代作られ、MINIのデザインを完全に意識したエクステリアは、女性を中心に人気を博しました。
ただ、今見るとMINIにあまりにも似すぎているので、さすがに現在こうしたコンセプトでデザインを踏襲するのは難しいと思いますが、フューチャーレトロなデザインでミラジーノブランドを復活する声は有るみたいですね。

実質的にはキャストStyleが後継モデルになるのではないでしょうか。
chibicaでは、平日の12時台に「昼の日替わりアンケート」を取っていますので、ぜひ参加してみてくださいね^^

よかったらフォローお願いいたします♪
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部