2018年4月27日 更新

トヨタ プリウスが2018年12月にビッグマイナーチェンジ?! デザイン・スペック・発売時期・ライバル等を先取り予想!

現在4代目となるプリウス。2015年から発売開始された4代目プリウスは、小規模なマイナーチェンジを行ってきましたが、2018年12月に大規模なマイナーチェンジを行いそうです。マイナーチェンジの概要をデザイン・内装・パワートレイン・ライバル・発売時期ごとに考察していきます。

トヨタ プリウスが2018年12月にビッグマイナーチェンジ?! デザイン・スペック・発売時期・ライバル等を先取り予想!

トヨタプリウスってどんなクルマ?

 (28342)

1997年に登場した初代プリウス。キャッチコピーは、「21世紀にまにあいました」。そして筆者の記憶によると価格設定も215万円(21世紀にゴー)であったと記憶しております。
 (28343)

2代目は、大きくデザインを変えて2003年に登場。2代目以降5ドアハッチバックスタイルがプリウスのデザインとなってもいます。

筆者は、この2代目プリウスに営業車として乗っていました。
年間25000㎞強の走行距離でした。とにかく他のガソリンエンジンよりも給油の回数が半分というのが魅力。

3代目プリウスは、2代目の熟成バージョンという形で2009年から販売がスタート。実は非常に売れたモデルでもあります。この頃になると他のメーカーもハイブリッドモデルの投入が行われたりしましたが、プリウスの売れ行きは好調と言えたでしょう!

4代目は、各メーカーがハイブリッドやディーゼル、そしてEVというモデルを投入している中登場しました。当然ですが、トヨタ自身でもハイブリッドのラインアップを増やしていました。

そんな中、現行型プリウスの独特なデザインには賛否両論があるようです。トヨタとしては、今回大幅なマイナーチェンジを実施するべく動いているように思います。
 (28603)

新型トヨタプリウスはマイナーチェンジでどんな風に変わる?

先ほども少し触れましたが、現行型のプリウスのデザインは、賛否両論があるようです。
今回のマイナーチェンジでトヨタとしては、大幅なデザイン的改良を行ってくるとの予想があります。

まずは、エクステリアデザインの刷新が行われるでしょう!特にフロントフェイスにリアデザインは、大きく変えてくると予想します。

内装に関しては、どのくらいの変更が行われるのか筆者も想像の範囲でしかないのですが、最近の傾向である大画面モニター等になるのかもしれません。

安全装備に関しては、現行のプリウスのトヨタセーフティセンスPから、アルファードにも搭載された次世代搭載されたにアップデートされるのではないでしょうか?

新型トヨタプリウス マイナーチェンジの予想エクステリア

トヨタ現行プリウス フロント画像

 (28330)

モデルチェンジの際のフロントビューは、2018年にマイナーチェンジしたプリウスPHVのフロントフェイスに似たようなデザインしてくるのではないでしょうか?

新型ハリアー等でも採用した3連LEDヘッドライトにデザインを替えて、刷新するとともに豪華に!そしてトヨタのシグネーチャーデザインであるキーンルックを新型カムリ等のよりワイドなフォルムへとしていくと予想。

トヨタ現行プリウスPHV フロント画像

https://www.netcarshow.com/ (28334)

via https://www.netcarshow.com/

トヨタ現行プリウス サイド画像

 (28331)

フロントバンパー形状やリアバンパー形状をデザインしなおすことで、サイドビューでもボリュームアップした雰囲気に変更してくるのではないかと予想。

現行型のサイドビューをみていくと前後ともに凹凸間がはっきりしているように見えます。デザイン変更を行い、もう少し落ち着いたデザインへとなるのではないでしょうか?

トヨタ現行プリウスPHV サイド画像

https://www.netcarshow.com/ (28335)

via https://www.netcarshow.com/

トヨタ現行プリウス リア画像

 (28332)

フロント同様に特徴的なリアビュー。こちらもプリウスPHVのように横のラインへと変更されて登場すると筆者は予想します。

もともとトヨタでは、プリウスとプリウスPHVとを明確に分けるためにデザインを分けたとも言われております。しかし4代目販売開始当初からデザインに賛否両論がおき、トヨタとしてもよりよいデザインにアップデートを行ってくるでしょう

トヨタ現行プリウスPHV リア画像

https://www.netcarshow.com/ (28336)

via https://www.netcarshow.com/

新型トヨタプリウスのヘッドライトとテールライトの予想

https://www.netcarshow.com/ (28337)

via https://www.netcarshow.com/
プリウスPHVは、ヘッドライトが4連ですがこれをこのまま採用というの少し物足りないと考えます(その方法もあるかもしれませんが)。
筆者としては、ハリアータイプの3連というのが濃厚では?と予想します。
 (28433)

 (28434)

テールデザインは、現行型の縦型ではなく、横型タイプになると予想しています。こちらもPHVをそのままということでなく、ハリアーのようなスッキリしたタイプになってくるのではないでしょうか?
https://www.netcarshow.com/ (28338)

via https://www.netcarshow.com/

新型トヨタプリウスの予想内装

トヨタ現行プリウス画像

 (28333)

プリウスもプリウスPHVも基本的なコンポーネントは共通化されているのが、上下の写真でわかりますね。最大の違いは、センターに鎮座しているモニターサイズ。

マイナーチェンジでは、プリウスPHVで採用されているモニターサイズが、インストールされるのではと筆者は予想。

内装に関しては、現段階で余り想像がついていないのですが現行プリウスは、グレードによってホワイト基調の内装とブラック基調の内装となっています。

ホワイト基調のデザインをもう少し、ダークグレーまたは、ブラウン系の内装色にして落ち着いた雰囲気を求めてくるのではないでしょうか?

トヨタ現行プリウスPHV画像

https://www.netcarshow.com/ (28339)

via https://www.netcarshow.com/

新型トヨタプリウス マイナーチェンジの予想パワートレインは

 (28353)

すでに熟成されつつある現行型のハイブリッドシステム。
エンジンの熱効率やトランスミッションの伝達効率を向上させて、かつパワートレーンシステム全体で燃費は約25%、動力性能は約15%以上向上。

小型化されたTHSⅡハイブリッドシステムでは、駆動ユニットの配置向上やモーター・インバーター・バッテリーの省スペース化、高効率化を図ることで燃費の15%以上向上も狙っています。

上記のような積み重ねで、グレードEにおいてJC08モード走行燃費40.8km/Lの低燃費を実現しています。そして他のグレードにおいてもFFでは、JC08モード37.2km/L。E-Four4WD車は、JC08モード34.0km/Lの低燃費。

最大熱効率40%を実現した改良型直列4気筒DOHC 1.8L エンジン「2ZR-FXE」を搭載 。システム全体で約20%の低損失化を達成もしてます。

熟成した感のあるシステムと先ほど筆者は書きましたが、トヨタとしては、今回のマイナーチェンジにて更なる燃費効率をも視野に入れて改良していることでしょう。もしかすると42㎞/Lというような燃費改善が行われるやもしれませんね。
 (28354)

新型トヨタプリウス マイナーチェンジの予想安全装備は?

プリウスが、マイナーチェンジする際に行われる改良点として安全装備の拡充があると考えます。

現在装備しているトヨタセーフティセンスPの第二世代バージョンの搭載。

現行型の安全装備

①衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ
②レーンディパーチャーアラート
③オートマチックハイビーム
④歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ
⑤レーダークルーズコントロール



これにアップデートして第二世代では、下記が追加搭載。

①プリクラッシュセーフティに夜間の歩行者と昼間の自転車運転者にも対応
②アダプティブハイビームアシスト
③レーントレーシングアシスト
④ロードサインアシスト
⑤先行者発進告知

これ以外にもアドバンスドセーフティとして

インテリジェントパーキングアシスト
インテリジェントクリアランスソナー
ドライブスタートコントロール
緊急ブレーキシグナル
デジタルインナーミラー
ブラインドスポットモニター

など多数が付属しています。
ブラインドスポットモニターやインテリジェントクリアランスソナーなど一部は現行型のプリウスでも採用されていますが、デジタルインナーミラーなどアップデートされる装備もあるでしょう。

安全装備に関しては、トヨタでも2018年から第二世代のセーフティセンス搭載を推し進めていくと公表しております。ということは、プリウスがマイナーチェンジした場合は、搭載されるのではないでしょうか。

新型トヨタプリウス マイナーチェンジの予想価格は?

現行型のプリウスでは、2,429,108円から4,044,400円という幅の広いラインアップになっております。筆者が予想するには、今回のマイナーチェンジで大幅なデザインの変更等を行ったとしても、下位グレードの価格アップは、最小限になるのではないでしょうか?

下位グレードでは、商用ビジネスカーとしての利用も多く、価格が上がってしまうことによる販売数量ダウンも考えられるからです。

上位グレードに関しては、10万円ほどのアップの可能性もあると考えます。下位グレードと違い、ユーザーの嗜好性が多くの購買意欲を占めるからです。
 (28443)

新型トヨタプリウス マイナーチェンジの予想発売時期は?

プリウスのマイナーチェンジの時期はいつごろ?と筆者もいろいろ調べてみました。大方の予想では、12月付近ということになっているようですね。

筆者もこのラインが妥当ではないかと考えます。
thinkstock (28605)

新型トヨタプリウスの予想ライバルは?

実は、プリウスの場合はトヨタ内でのライバルが多いと考えます。プリウス発売当初では、ハイブリッド車種も無く販売がスタートしました。次第にトヨタでの車種ラインアップも増え、他メーカーでもハイブリッドやその他のシステムが構築されてもいます。

今では、トヨタの多くの車種にてハイブリッドモデルがラインアップされております。ということは、トヨタ車の中でもプリウスだけではないモデルを選べるということです。
プリウスのライバルは、同メーカー内のアクア・C-HR・ハリアーなどでも競合しそうです。

他メーカーでは、ホンダヴェゼル・ホンダアコードハイブリッド・日産リーフ等がライバルとなってくるのではないでしょうか?

現在では、小型車・SUV・クロスカントリー・軽自動車とありとあらゆるジャンルでもハイブリッドやその他のシステムにての燃費向上モデルが販売されています。

プリウスのライバルは、非常に多いと言えるでしょう。

まとめ

まだ、予想の範囲が多くなってしまっているプリウスのビックマイナーチェンジ。もう少ししたら詳細が見えてくるかもしれません。

ベールに包まれたエクステリアに内装デザイン、プリウスがけん引役となってハイブリッド市場を広げてきたトヨタ。このプリウスの販売数量をより伸ばしていくために、ビッグマイナーチェンジをする際には、かなり刷新されてくるのではないかと期待してみます!
56 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me