2019年9月20日 更新

三菱のミッドサイズSUV「アウトランダー」が一部改良されて発売!

以前の記事で、「アウトランダーPHEV」の一部改良について紹介させていただきましたが、「アウトランダー」も同時に一部改良を行いました。「アウトランダーPHEV」とは異なり、走行性能に関しても一部改良が施されたということで、詳細を紹介していきます。

三菱のミッドサイズSUV「アウトランダー」が一部改良されて発売!

「アウトランダー」の概要

エクステリア | アウトランダー | 乗用車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (66314)

「アウトランダー」は、三菱が2005年から製造・販売するミッドサイズのSUVです。現行モデルは2代目のモデルであり、2012年から販売されています。
今では国産車でまだ3車種しか無いプラグインハイブリッド車である「アウトランダーPHEV」の方が有名になっており、通常版のこの「アウトランダー」はやや影が薄い印象があります。しかし、初代モデルから「3列シートSUV」として販売され、時代を先駆けした重要なモデルでもあるのです。
今回は「アウトランダーPHEV」とともに9月12日に一部改良を行いましたが、「アウトランダーPHEV」とは異なり、走行性能にも一部改良が行われており、SUVとしての優れた操縦性と高い走破性を実現しました。今回はその詳細を以下に紹介していきます。

「アウトランダー」の一部改良内容

走行性能

エクステリア | アウトランダー | 乗用車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (66320)

今回の「アウトランダー」の一部改良により、4WD車全車に、車両運動統合制御システム「S-AWC」を標準装備しました。「電子制御4WD」をベースに、「アクティブヨーコントロール[AYC]」、ASC、ABSを統合制御し、車両の走行安定性を高め、クルマを意のままにコントロールすることを可能とし、様々な路面状況において安心で快適な運転を支えます。

「S-AWC」の特徴

 S-AWCドライブモードセレクター

S-AWCドライブモードセレクター

「S-AWC」の特徴として、特徴旋回時はラインが外に膨らまず、イメージする走行ラインをそのままにトレース可能になっています。また高速直進時やレーンチェンジでも、車体が振られることなく、安定した走行を実現しています。さらに雪道の発進や悪路走行でも、スリップ量が小さく、安全で力強い走行を実現します。

また4つのドライブモードが用意されており、状況によって選択することが可能です。
「AWC ECO」モードは、燃費の優れた2WDで走行します。滑りやすい路面状況になると、4WDで安定走行してくれます。
「NORMAL」モードは、乾燥舗装路、濡れた路面などで、低燃費で軽快な走りを実現します。
「SNOW」モードは、主に雪道などの滑りやすい路面において、安定性の高い走りを実現します。
「GRAVEL」モードは、悪路走行や雪道、登坂路など、滑りやすい路面において、優れた走破性を発揮します。

特別仕様車「BLACK Edition」での一部改良内容

エクステリア

OUTLANDER BLACK Edition | BLACK Edition スペシャルサイト | 乗用車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (66324)

特別仕様車「BLACK Edition」では、ダーククロムのフロントファンネルガーニッシュとリヤゲートガーニッシュ、ブラック塗装の18インチアルミホイールを採用し、ブラック系でコーディネートされています。ボディカラーは、ルーフをブラックマイカとし、ブラックマイカ/レッドダイヤモンド、ブラックマイカ/ホワイトパール、ブラックマイカ/チタニウムグレーメタリックの2トーンカラーを新たに設定し、モノトーンのブラックマイカと併せ、全4色展開になっています。

インテリア

OUTLANDER BLACK Edition | BLACK Edition スペシャルサイト | 乗用車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (66328)

特別仕様車「BLACK Edition」では、撥水機能付きのシート生地を新たに採用しています。室内天井に合わせすべてのピラーをブラックで統一し、ステアリングホイール、シフトノブ、シートなどにアクセントとしてレッドステッチを施すとともに、ブラックカーボン調のオーナメントパネル(インストルメントパネル、ドアトリム)を採用することで、上質な室内空間になっています。

「アウトランダー」の価格

「アウトランダー」の価格は、
2WDモデルで、2,676,240円(20M)~3,086,640円(20G Plus Package)
4WDモデルで、2,948,400円(24M)~3,358,800円(24G Plus Package)
になっています。
特別仕様車「BLACK Edition」の価格は、
2,946,240円(2WD)、3,216,240円(4WD)
になっています。

まとめ

今回は、三菱のミッドサイズSUVである「アウトランダー」の一部改良内容の紹介をしてきました。
今回記載させていただいた内容は「アウトランダー」のみの一部改良内容となっており、「アウトランダーPHEV」の一部改良内容と同様の改良内容が、この「アウトランダー」にも適用されていますので、興味を持たれた方は、「アウトランダーPHEV」の一部改良内容記事を参考にして頂けると幸いです。
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi