2017年10月31日 更新

【東京モーターショー2017】日産ブースインプレッション コンセプトカー「NISSAN IMx」発表など

10月28日(土)より一般公開が始まっている東京モーターショー2017(場所:東京ビッグサイト)、本記事では「ニッサン インテリジェント モビリティ」を具現化したゼロエミッション クロスオーバーコンセプトカー「NISSAN IMx」、LEAF NISMO Conceptや新型セレナe-POWER、そしてフォーミュラEに参戦など、発表が目白押しだった日産ブースに絞ってご紹介します。

【東京モーターショー2017】日産ブースインプレッション コンセプトカー「NISSAN IMx」発表など

東京モーターショー2017 開催概要

第45回東京モーターショー2017

開催期間
2017年10月27日(金)~11月5日(日)

一般公開日
2017年10月28日(土)~11月5日(日)

会場
東京ビッグサイト

プレスデー1日目、真っ先に日産ブースへ!筆者の目的は・・・?

chibica (チビカ) | 新車情報・車選び・維持費・税金などをまとめた自動車の総合サイト (17160)

東京モーターショー2017、プレスデー1日目は生憎の天気。
10時頃に入場。10時45分より日産ブースにてプレスカンファレンスがスタートしました。

筆者の目的は「新型フェアレディZ」。
前モデルのZ34から約9年、新型の噂も出てき始めただけに、楽しみにしていました!
chibica でも噂のZ35についてまとめています。

日産 プレスカンファレンス

プレスカンファレンス自体は終始英語で行われましたが、希望者には同時翻訳を聞くことができる端末が貸出されていました。

ダニエレ スキラッチ副社長による謝罪からスタート

chibica (チビカ) | 新車情報・車選び・維持費・税金などをまとめた自動車の総合サイト (17171)

ステージに登壇したのはダニエレ スキラッチ副社長。
簡単な自己紹介後の数分間、謝罪に徹していました。
先日、日産での無資格者による検査が発覚し、大量リコール問題が起こったためでしょう。
調査チームを発足し、原因究明にあたると語りました。

日産が掲げる「ニッサン インテリジェント モビリティ」

クルマを未来へと導く

Nissan Intelligent Mobilityとは? | 日産|技術開発の取り組み (17184)

同社が掲げている「ニッサン インテリジェント モビリティ」、
『クルマを単なる移動の道具から、乗り手をワクワクさせるような存在に進化し、クルマを未来へと導く』というコンセプトの取り組みです。
今回の東京モーターショー2017でも、自動運転や電気自動車(EV)に力を入れているところが多かったという印象です。

新型リーフのNISMOバージョンも展示されていました

chibica (チビカ) | 新車情報・車選び・維持費・税金などをまとめた自動車の総合サイト (17178)

コンセプトEV「NISSAN IMx」を世界初公開!

chibica (チビカ) | 新車情報・車選び・維持費・税金などをまとめた自動車の総合サイト (17191)

chibica (チビカ) | 新車情報・車選び・維持費・税金などをまとめた自動車の総合サイト (17204)

ステージ暗転後、ムービーが再生されました。
その後ステージ奥から「NISSAN IMx」が登場しました。

「NISSAN IMx」は、将来の「ニッサン インテリジェント モビリティ」を具現化したゼロエミッション クロスオーバーのコンセプトEVとして発表されました。
最新運転技術である「プロパイロット」をさらに改良し進化。
ドライバーが一切運転しない完全な自動運転が実現するといいます。

2018~2019年シーズンからフォーミュラE参戦へ

Global Newsroom (17212)

日系自動車メーカーとしては初となる、電気自動車フォーミュラカーレース「FISAフォーミュラE選手権」に参戦を発表

「力強い加速や高い操縦性など電気自動車ならではの運転する楽しさを究極の形で伝えるため、日産は世界初のEVレースであるフォーミュラE選手権に参戦します。長いモータースポーツの歴史を持つ日産が日系自動車メーカーとして初めて、同選手権に参加することは、『ニッサン インテリジェント モビリティ』を次世代のレースファンに伝えるグローバルプラットフォームを得たということです。」とダニエレ スキラッチ副社長は述べました。

今後は日産のフォーミュラEでの活躍にも注目です!

日産ブースインプレッション 編集後記

chibica (チビカ) | 新車情報・車選び・維持費・税金などをまとめた自動車の総合サイト (17229)

先日発覚した無資格検査問題の直後であったために、プレスや関係者の視線にも厳しいものを感じました。
今後の調査等で明らかになるとは思いますが、日産にはぜひ頑張ってもらいたいですね。

「新型フェアレディZ」は発表されず・・・

筆者の個人的な目的でもあった「新型フェアレディZ」は発表されず・・・。
年内発表との噂もあるので、楽しみに待ちたいと思います。

ひっそりと「新型日産セレナe-power」が展示されていました

 (17259)

本来なら2017年には発売が予定されていたセレナのe-powerが2018年春先頃まで発売が延期されている模様です。

形はすでに出来上がっているようで、東京モーターショーの日産ブースでもひっそりと展示されていました。

スペックなどの詳細情報も待たれますね。

おまけ

日産のブースで配布されていたポストカードですが、実はARになっていました!
東京モーターショーへ行かれる方はぜひゲットしてみてください!
45 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部