2018年3月12日 更新

トヨタC-HR Hy-Power 2018年初頭に発売か?

2016年12月に発売され、2017年上半期の国内SUV販売No.1になったC-HRですが、ここに来て新たなC-HR Hy-Powerというハイスペックモデルの追加が見えてきました。

トヨタC-HR Hy-Power 2018年初頭に発売か?

C-HR Hy-Powerスペックは?

https://www.netcarshow.com/toyota/2017-c-hr_hy-power_concept/ (14983)

via https://www.netcarshow.com/toyota/2017-c-hr_hy-power_concept/
フランクフルトモーターショーで公開されたトヨタC-HRのハイパフォーマンスモデル「C-HR Hy-Power」ですが、この【Hy】という聞きなれない文字は、「Hybrid」と「High power」をかけたダブルミーニングの造語だそうで、ハイブリッドのハイパワーモデルを意味します。

現在発売されているC-HRのHYBRIDモデルは、プリウスと同じ1.8Lアトキンソンサイクルエンジン+モーターのTHS2のハイブリッドユニットで、システム最高出力は122psに留まります。
実際に運転してみると、たしかに従来のTHS2よりは、モーターのトルクを感じ、街中では力強い加速を感じますが、いざパワーがほしいとアクセルを踏み込んでも、「ブェェェ」というエンジン音は高まるものの、絶対的な加速感には薄いパワートレインでした。

走りをイメージさせるエクステリアに対して、パワートレインは感動に薄いという印象です。

その問題点をトヨタも認識していたのか、発売後1年を前にハイパフォーマンスモデル仕様が初公開されました。
https://www.netcarshow.com/toyota/2017-c-hr_hy-power_concept/ (14986)

via https://www.netcarshow.com/toyota/2017-c-hr_hy-power_concept/

C-HR Hy-Powerのパワートレインやスペックは非公開

勇ましいエクステリアが公開されたものの、肝心なパワートレインやスペックに関しては現時点では非公開となっています。

現行のC-HRのパワートレインをチューニングしても、爆発的なハイパフォーマンスモデルとは言えない出力に留まることが予想されるので、おそらくは別のパワートレインを搭載してくると思われます。

そこで考えられるのが、新型カムリから搭載された新型エンジン+ハイブリッドシステムのDynamic Force ENGINE(ダイナミックフォースエンジン)です。
この新型パワートレインは、新型の2.5L 直4エンジンにハイブリッドユニットを組み合わせることにより、カムリでも最高出力178ps、最大トルク221N・m(kgf・m)と、高出力ながら33.4km/Lの低燃費を両立。

カムリよりボディの軽いC-HRならば、さらなる高出力と低燃費の両立が期待されます。

C-HRのサイズのTNGAのプラットフォームにダイナミックフォースエンジンの組み合わせは、レクサスのコンパクトSUV、「レクサスUX」でも同じ組み合わせになると予想されます。

派手な内外装ながら、さらなる改良も期待

https://www.netcarshow.com/toyota/2017-c-hr_hy-power_concept/ (14992)

via https://www.netcarshow.com/toyota/2017-c-hr_hy-power_concept/
公開されたC-HR Hy-Powerのエクステリアは、ベースとなるC-HR HYBRID Gを元にしながらも、派手なパターンのツートンルーフが特徴的。
https://www.netcarshow.com/toyota/2017-c-hr_hy-power_concept/ (14993)

via https://www.netcarshow.com/toyota/2017-c-hr_hy-power_concept/
これが市販時にも用意されるかは不明ですが、ノーマルグレードとの明確な差別化として、このくらいのわかりやすがあっても良いかもしれません。
https://www.netcarshow.com/toyota/2017-c-hr_hy-power_concept/ (14994)

via https://www.netcarshow.com/toyota/2017-c-hr_hy-power_concept/
また、ルーフだけではなく、ミラーも派手な塗装となっています。

アルミホイールも専用デザイン。
https://www.netcarshow.com/toyota/2017-c-hr_hy-power_concept/ (14997)

via https://www.netcarshow.com/toyota/2017-c-hr_hy-power_concept/
ノーマルのC-HR HYBRID Gも18インチアルミホイールが標準装備でしたが、それよりもエッジの効いたシャープなデザインのホイールとなっています。

さらに、ヘッドライト周りにも専用の塗装が施され、より派手なイメージのエクステリアになっています。
https://www.netcarshow.com/toyota/2017-c-hr_hy-power_concept/ (14998)

via https://www.netcarshow.com/toyota/2017-c-hr_hy-power_concept/
派手になっているのは主に塗装などとなっており、専用のエアロパーツなどがついているわけではなく、色だけの違いとなっています。

ハイスペックモデルならば、例えば専用のマフラーや大型エアロパーツが付くなど、さらなる差別化があっても良いのにとは思います。

C-HR Hy-Powerの内装から見える課題

https://www.netcarshow.com/toyota/2017-c-hr_hy-power_concept/ (14995)

via https://www.netcarshow.com/toyota/2017-c-hr_hy-power_concept/
C-HR Hy-Powerは内装も派手にアレンジされています。
ノーマルグレードではシルバーの塗装になっているインパネ周りがオレンジの派手なカラーになっており、またシートもオレンジのレザーとステッチがかなり目立つ内装カラーになっています。

これが市販モデルでも採用されるかはわかりませんが、鮮烈な印象がありますね。

ただ、こちらの内装写真を見ると、パドルシフトのレバーが見当たりません。
https://www.netcarshow.com/toyota/2017-c-hr_hy-power_concept/ (14996)

via https://www.netcarshow.com/toyota/2017-c-hr_hy-power_concept/
現行のC-HRのハイブリッドモデルには、パドルシフトはおろか、シフトレバーのシーケンシャル操作も出来ません。
CVTのドライブフィールのみとなっているので、走りをもっと楽しみたいと思ったときにパドルシフトが無いのが欠点となっています。

ハイパフォーマンスモデルであるC-HR Hy-Powerには、走りやパワーを意識したモデルならば、パドルシフトくらいは市販時には用意しておいて欲しいと思います。

C-HR Hy-Power、日本発売は2018年初頭か?

噂によると、C-HR Hy-Powerは、2018年の早い時期にも登場するのではと言われています。

C-HRも、発売半年を過ぎて販売も落ち着いてきてしまっているので、ハイパフォーマンスモデルの登場でさらなる需要が喚起できると良いですね。
 (15009)

27 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部