2017年6月26日 更新

「C-HR、ヴェゼル、CX-3、XV、一台くれるとしたら、どれがほしい?」アンケート集計結果!

chibica公式Twitterで、「一台くれるとしたら、どれがほしい?」というアンケートを行っていました。 「C-HR」?、「ヴェゼル」?、「CX-3」?、「スバルXV」?一台もらえるとしたら欲しいのはこの中でどれ? 結果は以下の通り!

「C-HR、ヴェゼル、CX-3、XV、一台くれるとしたら、どれがほしい?」アンケート集計結果!

「1台くれるとしたら、どれがほしい?」

chibica公式Twitter上で行ったアンケートでは、以下のような結果となりました↓

過去最多となった参加人数となった今回のアンケート、282名の皆様、ご協力ありがとうございました!

1位はマツダCX-3!

 (10317)

1位はなんとマツダのCX-3!

販売台数的には、この中では下位にあたるはずなのに、chibicaフォロワーさんの車好きの方からはCX-3が支持されている模様です!
たしかにエクステリアの美しさでは群を抜いて色っぽいと思います。
ディーゼルという特異性と経済性も見落とせません。

デミオ同様の狭めの室内と、やや高めの価格が仇となったか、販売では苦戦していますが、2017年7月にはガソリンモデルも追加されて、この美しいエクステリアが安価で買えるようになるのもニュースです。
これから人気が再燃する可能性もありますね。

夏以降のCX-3の動向に注目です!

2位はスバルXV!

 (10320)

昨年のカー・オブ・ザ・イヤーを獲得したスバルのインプレッサをベースにしたハイライダーのスバル新型XVが2位となりました。

もはや説明不要なくらい、安全装備の代名詞になりつつあるスバルのステレオカメラを使った自動運転&セーフティの「アイサイト」が装備され、安全面でも抜かりのない新型XVですが、走りも新型プラットフォームのおかげで進化しているとのこと。

私も一台もらえるとしたら、XVを選ぶかもしれませんねぇ^^

3位はトヨタC-HR!

 (10325)

3位はXVと僅差で敗れた、トヨタの新型SUV「C-HR」。
昨年12月に発売されて以来、販売は好調のようで4ヶ月連続でSUV販売台数No.1とテレビCMしていますね。

ハイブリッドとターボというパワートレイン構成で、ハイブリッドのほうが人気のようです。
電動パーキングブレーキやブレーキホールド、全車速対応レーダークルーズコントロール、流れるウインカーなど、最近話題の装備はだいたいついているという商品力の高さが支持されています。

室内空間はヴェゼルには一歩劣りますが、必要十分の実用性も備えたコンパクトSUVとして支持されている模様です。
C-HRは世の中では人気ですが、chibicaアンケートではCX-3のほうが人気とは、面白い結果になりました。

4位はホンダヴェゼル!

 (10326)

4位に落ち着いてしまったのはホンダのヴェゼル。
2016年まで、2年連続SUV販売No.1を謳っていただけに、売れているのは今でも間違いないのですが、それだけ世の中に走りすぎているということもあってか、「もらえる」と言っても他の車を選んだ方が多かった結果となりました。

とは言え、ヴェゼルはセンタータンクレイアウトを活かした広い室内と、電動パーキングブレーキ+ブレーキホールドなど、先進の装備も備えた車。
ホンダ車の中でも電動パーキングブレーキ+ブレーキホールドが付いている車はほとんどありません。
それだけ気合の入ったモデルになっていることは間違いありません。

そんなホンダのヴェゼルですが、発売後3年程度となる2017年末にかけて、マイナーチェンジが行われる模様です。
マイナーチェンジでどんなアップデートが行われるか、期待がかかりますね!


chibica公式Twitterでは定期的にこうしたアンケートを行っています。
思わず答えたくなるユニークなアンケートも実施しますので、よろしければchibica公式Twitterもフォローをお願いいたします^^
16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部