2018年4月23日 更新

トヨタがカローラスポーツを発表!デザイン、パワートレーン等はいかに!?オーリスとの違いは?

トヨタが、カローラスポーツを発表しました。かねてから車種統合の可能性も噂されていましたが、実際の所はどうでしょうか?検証してみます。オーリスとの違いも調査してみます。さらにGRスポーツ仕様も出るのでは!!!

トヨタがカローラスポーツを発表!デザイン、パワートレーン等はいかに!?オーリスとの違いは?

トヨタ カローラスポーツのエクステリア

https://www.netcarshow.com/ (26360)

via https://www.netcarshow.com/
フロントビューはどうでしょうか
画像上が、カローラハッチバック改めカローラスポーツ。下が、先日発表されたオーリス。

フロントビューでは、現在欧米で販売のカローラiMと比べても大きく進化しているポイントがありそうです。

まずは、トヨタおなじみのキーンルックは、カローラスポーツでは、かなり大型化されており、ひと目でトヨタとわかる存在へ進化していますね。

ヘッドライトも最新のトヨタ車のデザインへと生まれ変わり、更に存在感をアピールしている部分。

先日発表された欧州向けオーリスとの違いはあるのでしょうか?全体的なデザインは、上下の写真を見ていて大きく違う部分は、見当たりませんね。

1つだけまったく印象の変わっている部分を筆者は見つけました。それは、ヘッドライトの内部構造。カローラスポーツとオーリスハイブリッドの違いは、ヘッドライトの内部デザインの違い!
https://www.netcarshow.com/ (26366)

via https://www.netcarshow.com/
オーリスハイブリッドでは、ヘッドライトの内部構造が大きく二つのセクションといった印象に対して、カローラスポーツでは、三つのセクションに仕切られているのがわかります。

オーリスとオーリスハイブリッドでデザインを変えている場合は、カローラスポーツとカローラスポーツハイブリッドという違いになるかもしれませんね。
https://www.netcarshow.com/ (26368)

via https://www.netcarshow.com/
サイドニューはどうでしょうか
筆者は、スポーツハッチバックという印象が最初に飛び込んできました。トヨタGRスポーツでも専用チューニングを施していくことになるのではないでしょうか?

そして現行型よりも3cmほど幅広で4cmほど長くなり、高さは2.5cmほど低フォルムとなっているとの事。長くなった分ホイールベースも長くなっても居るようです。

オーリスとの違いは、サイドビューからは感じられないので、やはり欧州ではオーリス、北米等では、カローラハッチバックという名称となっているようですね。
https://www.netcarshow.com/ (26361)

via https://www.netcarshow.com/
https://www.netcarshow.com/ (26362)

via https://www.netcarshow.com/
リアビューはどうでしょうか
画像上が、カローラスポーツ。下が、先日発表されたオーリス。

欧州仕様のオーリスは、発表のときからルーフがブラック仕様となっています。カローラスポーツもその設定があるかは、お楽しみです。

全体的なリアのデザインも、欧州と北米の登録基準の違いによる細部(特に灯火類)の差異といった印象。

オーリス・カローラスポーツで、ホイールも統一されています。トヨタでは、馴染みのある車名をその地域で使っていくという雰囲気が全面に出ているのではないでしょうか。
https://www.netcarshow.com/ (26367)

via https://www.netcarshow.com/

トヨタ カローラスポーツの内装

新しいカローラスポーツのコンセプトは、シンプル・暖かさ・招待感・情熱的なということをポイントにしてデザインされているようです。特に視覚に訴える部分を強調。

筆者も真ん中にドーンと鎮座するモニターにまず目が行きました!そしてブラック主体のインテリアやシートはシンプルという文字が良く似合いますね!

標準の高解像度8インチマルチメディアタッチスクリーンは、車両の設定、オーディオコントロール、ナビゲーション、スマートフォン、Entune 3.0アプリにアクセスでき、一極集中管理というのを取り入れているモニター。
https://www.netcarshow.com/ (26363)

via https://www.netcarshow.com/
欧米の大柄な人でも安心して乗れるよう、シート形状やデザインを工夫して、最新のデザイン・テクニカルを加えているとの事。そしてシートもスッキリシンプルなブラック基調となっていますね。
https://www.netcarshow.com/ (26364)

via https://www.netcarshow.com/

トヨタ カローラスポーツのパワートレーン

パワートレーンはどうでしょうか

トヨタのTNGAプラットフォームに、新しい2000ccの直噴4気筒M20A‐FKSが搭載。これは、従来の1800ccエンジンよりも軽量且つ重心を下げることが出来たエンジン。

これに組み合わされるミッションは、新設計ダイナミックシフトCVTまたは6速マニュアルミッション。このCVTは、10スピードのオートステップモードとなっており、パドルシフターもコミットされているようです。

カローラスポーツには、さらに第2世代のToyota Safety SenseのTSS2.0が標準装備されています。

まとめ

日本でもカローラスポーツとして販売される予定のモデルとなっています。
車種統合の1つとして、そしてトヨタのグローバルデザインとして、その両方をクリアしての登場となりそうです。

日本では、北米ほどの排気量が要らないという可能性が高いので、エンジンに関しては排気量を下げての発売、小排気量ハイブリッドの設定となってくることも予想されます。

もしくは、まったく変更を行わず世界基準としてそのまま販売ということもあるでしょう!

カローラスポーツの日本での販売価格は、250万円前後となってくると筆者は予想します。そしてGRスポーツ仕様のホットハッチの販売も行われると期待しています。
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me