2019年9月11日 更新

プジョー 308(SW)に特別仕様となるBlack Packが登場!

プジョーから、エクステリアに専用ブラックパーツをあしらえた、308(SW) GT Line Black Packが9/3から販売開始になりました。スポーティな仕上がりで、パワフルなディーゼルエンジンを搭載しています。同モデルをご紹介します。

プジョー 308(SW)に特別仕様となるBlack Packが登場!

プジョー 308(SW) GT Line Black Packの概要等

プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社(本社 東京都目黒区、社長 クリストフ・プレヴォ)は、9月3 日(火)からプジョーブランドのハッチバック308の特別仕様車となる308/308 SW GT Line Black Packを発売開始しました。

308モデルは、優れたハンドリング、乗り心地、ガソリンエンジンおよびディーゼルエンジンの環境性能と燃費性能、ハッチバックとステーションワゴンのユーティリティなどで欧州を代表するハッチバックに仕上がっていますね。

308(SW)は、日本のマーケットでもプジョーモデル販売の一角を担う重要なモデルとなっていて、2018年実績でプジョーブランドの国内販売比率の約24%を占める人気モデルに成長しています。
 (65961)

プジョー 308(SW) GT Line Black Packのラインアップ等

特別仕様車308 GT LineBlack Packは、308の持つ魅力はそのままに、さらにスポーティーネスをアップさせて、精悍さを強調した特別仕様車です。新開発の1500㏄クリーンディーゼル(DV5エンジン)を搭載して、人気の上級グレード308 GT Lineをベースモデルとし、ブラック基調の各エクステリアパーツとブラック18インチアロイホイールを装備したモデルです。

ボディカラーは、パールホワイト、マグネティックブルー、ペルラネラブラック、そしてハリケーングレーの4カラーが用意されています。

ラインアップ
・308 GT Line BlueHDiBlack Pack 5ドアHB 1500㏄直列4気筒ターボディーゼル 130ps EAT8 3,380,000円
・308 SW GT Line BlueHDiBlack Pack 4ドアSW 1500㏄直列4気筒ターボディーゼル 130ps EAT8 3,628,000円
 (65962)

プジョー 308(SW) GT Line Black Packの特別装備等

 (65963)

特別仕様装備内容
・ダーククロームライオンエンブレム/ブラックフロントグリル
・ブラックドアミラー&ブラックサイドウィンドウモール
・ブラックルーフレール(SW)
・18インチブラックアロイホイール(SAPHIR)

安全装備などは308 GT Lineと同一で装備しています。
・アクティブクルーズコントロール
・アクティブセーフティブレーキ
・アクティブブラインドスポットモニターシステム
・パークアシスト
・LEDヘッドライト
などになっています。ベースモデルの販売価格が、3,299,000円・3,547,000円(SW)となっています。上記のような特別装備内容で、このアップ価格はお買い得とも言えますね。
 (65964)

プジョー 308(SW) GT Line Black Packのパワートレイン等

従来の1600㏄BlueHDiに代わって、プジョー先進のデジタル技術により設計・開発された最新鋭のクリーンディーゼルが搭載されています。

DOHC16バルブ化を始め、ル・マン24時間耐久レースの覇者プジョー908から受け継いだ画期的な燃焼システム、200以上にも及ぶ特許技術の採用を行い、80%以上のパーツが新設計となるなど、まったく新しいエンジンとして生まれ変わっています。

最高出力130ps/3,750rpmのこのユニットは、特に高回転域でのパワフルさとレスポンスの良さは、ガソリンエンジンに近いドライブフィールを可能にしたディーゼルエンジンです。燃焼システムの効率化やフリクションロスの低減によって燃費を向上させて、クリーンテクノロジーに関しても確実に進化をしていそうです。

 (65970)

プジョー 308(SW) GT Line Black Packの安全装備等

①アクティブクルーズコントロール
フロントバンパーのレーダーが前方車両の速度と距離を検知し、車間距離を一定に保つシステムです。アクセル、ブレーキ、エンジンブレーキの自動制御によって設定された車間距離を保ち、前方車両が停止した場合には車間距離を保ちながら自動停車してくれます。このシステムは、約30~180km/hの速度域で作動します。

②レーンキープアシスト
走行中に車載カメラが車線を検知し、ウインカー操作をせずに車線からはみ出しそうになると、自動的にステアリングに反力を生じさせ、もとの車線へと戻してくれるシステムです。

③アクティブブラインドスポットモニターシステム
斜め後方のブラインドスポット(死角)に存在する後続車両を超音波センサーが感知して、ドアミラー内にオレンジ色の警告灯を点灯させます。さらに後続車両の進路に入ろうとした場合には、ステアリングの反力によって車線変更を抑制してくれます。
 (65975)

まとめ

プジョーが、308・308 SWに特別仕様ブラックパックを9/3から販売開始しました。今回ベースになっているモデルは、上級グレードのGTモデルで、且つディーゼルエンジン搭載車であることがポイントです。専用パーツでスポーティに仕上がった同モデルがお気になる方は、店頭に見に行っては如何でしょうか。
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me