2018年4月16日 更新

レクサスが次期新型LXを開発スタート?! 新型エンジンやプラットフォームは?エクステリアはどうなる?

LX570はレクサスが生み出すSUVのフラッグシップカーとして君臨。 世界の人々を魅了するLX570のフルモデルチェンジが2021年に行われると噂されています。 今回、LX570がどのようにフルモデルチェンジするか、予想します。

レクサスが次期新型LXを開発スタート?! 新型エンジンやプラットフォームは?エクステリアはどうなる?

現行のLX570はどんな自動車?

 (25998)

レクサスにおいて、SUVのフラッグシップカーらしくパワフルかつ研ぎ澄まされたエクステリアが印象的なLX570。
過酷な路面であっても、いとも簡単に走破してしまう実力も兼ね備わったレクサスの自信作です。
最新鋭のドライビングサポートテクノロジーを搭載し、世界の広い地域で過酷なミッションをクリア。

全長5080㎜、全幅1980㎜、全高1910の堂々たるボディ、最低地上高225㎜は他車と比較して余裕のロードクリアランスを誇ります。

このボディに搭載されるエンジンは、3UR-FE。
このエンジンは5662ccV型8気筒で、最高出力は277kw (377PS) / 5,600rpm、最大トルクは534Nm (54.5kgfm) / 3,200rpmを叩き出しています。
このエンジンに組み合わされるトランスミッションは、8 Super ECT (スーパーインテリジェント8速オートマチック)。

フロントサスペンションにダブルウイッシュボーン (スタビライザー付) 、リヤサスペンションにトレーリングリンク (スタビライザー付)を採用しています。

次期LX570のプラットフォームは?搭載されるエンジンはどうなる?

 (25999)

次期新型LXのプラットフォームは、LSでも採用されているGA-Lプラットフォームだという噂が流れています。
このプラットフォームはアルミを広範囲に使い、エンジンやミッションなどを車体のなるべく中心に搭載されています。
また、優れたねじり剛性を誇り、操縦安定性などにも配慮された究極のプラットフォーム。

このプラットフォームに搭載予定の3500ccのエンジンは、ターボ化されたものとハイブリッド化されたものが用意されます。
パワフルなエンジンと低燃費なエンジンという色分けをし、ユーザーのニーズに応える模様。

「Lexus LF-1 Limitless」が次期新型LXになる!?

 (26000)

デトロイトモーターショーで登場したコンセプトカー「Lexus LF-1 Limitless」はまだ記憶に新しいですが、この自動車が次期L570に抜擢されることが濃厚だと噂されています。
このコンセプトカーのパワーユニットには、プラグインハイブリッド(PHV)、電気(EV)、燃料電池(FCV)が採用されると想定されており、もしかすると次期新型LXに、ハイブリッドやガソリンエンジン以外にもPHVやEV、FMCも搭載されるかもしれませんね。

全長は5014㎜、全幅は1986㎜、全高は1605㎜となっていますので、現行LX570と比較して、全長は-66mm、全幅は+6mm、全高で-305㎜となります。
いわゆるロングノーズ、ショートデッキといったイメージのボディで、大きく膨らんだフェンダーが印象的で、次期LX570も大径のタイヤになることが予想されます。

レクサスならではのスピンドルグリルはより幅広く立体的になり、力強く仕上がっています。
リヤコンビネーションランプは、リヤ周りに巻き付くように配置され、存在感があります。

近未来的なデザインを施したSUVといったイメージで、このコンセプトカーが次期新型LXとなっても不思議ではありませんね。

まとめ

 (26002)

このように次期新型レクサスLXについて、予想してきましたが、パワーユニットはターボ化やハイブリッド化され、更にPHVやEV、FMCも搭載されることが予想されます。

コンセプトカーから導かれるボディは現行のLX570に比べ、よりスポーティーになることが濃厚ですね。

この記事がお役に立てば幸いです。
12 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

dreamber123123 dreamber123123