2019年9月10日 更新

ジープ コンパスから特別限定トレイルホークが登場!

ジープは、数々の試験をクリアしたモデルだけに与えられるコンパス トレイルホークを、特別限定モデルとして9/7から販売開始しました。Trail Ratedバッジを付けた同モデルの特徴等をご紹介します。

ジープ コンパスから特別限定トレイルホークが登場!

ジープ コンパス「トライホーク」の概要等

FCAジャパンは、ジープのコンパクトSUVであるコンパスに、アーバンからオフロード走行までこなすオールラウンド限定車として「コンパス トレイルホーク」を設定し、2019年9月7日より152台限定で発売開始しました。価格は4,136,400円(消費税込み)です。

コンパストレイルホークは、高いオフロード性能を誇るジープの中でも、さらに過酷なトレイルで一定の性能試験をパスしたモデルのみに与えられる「Trail Rated」バッジを付けた、コンパスでは唯一のモデルとなっています。

Trail Rated®とは、Jeep®の中でも特に優れた4×4性能をもつモデルに与えられるバッジです。地球上で最も険しいトレイルでの過酷なオフロード性能試験に合格した証でもあります。トラクション・渡河性能・機動性・アーティキュレーション・地上高の5つの試験項目があります。

性能試験を実施する理由は、「どこへでも行ける。何でもできる。」という Jeep®に息づく未知なる体験への飽くなき情熱を追いかけ、さらに自由と冒険を愛するJeep®のDNAを体現して、本物の車両開発のために行われています。
 (65749)

ジープ コンパス「トライホーク」の諸元等

過酷なオフロード性能試験に合格した証である、Trail Rated®を獲得しました。未知への飽くなき冒険心に力強く応えるコンパクトSUVの特別限定車と言えますね。

主要緒元等
・右ハンドル
・全長4,410mm×全幅1,810mm×全高1,665mm
・乗車定員 5名
・エンジン 直列4気筒マルチエア16バルブ
・総排気量 2,359cc
・駆動 4輪駆動(オンデマンド方式)
・ミッション 電子制御式9速AT
・燃料 無鉛レギュラーガソリン

エクステリアカラーは、ブリリアントブラッククリスタル72台に、モハベサンド80台が用意されています。コンパクトSUVでありながら、Trail Rated®の称号を得たモデルの発売ですね。
 (65750)

ジープ コンパス「トライホーク」の特別装備等

特別装備内容等
・ダークグレードアミラー
・Jeep®アクティブドライブロー
・フューエルタンク用スキッドプレート
・フロントサスペンション用スキッドプレート
・トランスミッション用スキッドプレート
・トランスファーケース用スキッドプレート
・17インチアルミホイール(Trailhawk専用ホイール)
・225/60R17 オールシーズンタイヤ
・フルサイズ スペアタイヤ
・リバーシブルカーゴフロア
・ラバーフロアマット
・ブラックフロントグリル(ダークグレーアクセント付)
・ダークグレーフォグランプベゼル
・ダークグレーウインドウモールディング
・ダークグレールーフレール
・マットブラックボンネットデカール
・Trail Ratedバッジ
・ヒルディセントコントロール

ベースモデルは、元々4WDを採用しているリミテッドモデルとなっています。このモデルにTrail Rated®となるように改良・追加装備を施していますね。
 (65751)

ジープ コンパス「トライホーク」の安全装備等

・アダプティブクルーズコントロール(STOP&GO機能付)
・LaneSense™車線逸脱警報プラス
・前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付)
・ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション
・ParkSense フロント・リアパークアシスト
・ParkSense縦列/並列パークアシスト
・ParkviewTM リアバックアップカメラ

安全装備だけでなく走行環境アップのバイキセノンランプの採用なども行われて、険しい道から都会まで幅広く対応したモデルに仕上がっていると言えますね。
 (65752)

ジープ コンパスってどんな車?

初代ジープ コンパスは、2006年に登場し、2017年まで製造・販売されています。日本へは、2012年に導入され、2000ccのFFモデルのリミテッドだけが販売されていました。2017年から現行型のジープコンパスが販売され、同年に日本へも導入されています。

現行型ジープ コンパスの特徴等
受け継いだのは、フラッグシップモデルのDNAです。コンパスは、Jeep®のフラッグシップモデルGrand Cherokeeからインスピレーション得たことで、 パワフルな印象に、ルーフラインをアグレッシブに、全体をシャープにアレンジしたことで、Jeep®ラインアップの中でも新たな個性をまとったモデルになっています。

エアロダイナミクスを採用したルーフラインが生み出す独自のディテールは、 流麗かつダイナミックで、唯一無二の存在感となっています。75年を超えるヒストリーである伝統の7スロットグリルをモダンにアレンジして搭載しています。

コンパスは、モダンでダイナミックな印象を与えるディテールに、LEDシグニチャーランプを備えたバイキセノンヘッドライトとデイタイムランニングランプが採用され、 夜間など視界の悪いシーンでの視認性を確保してくれます。

コンパスは、どんなスタイルにも調和する上質を追求して生まれたモデルです。内装では、ピアノブラックやクロームの美しい輝きをアクセントに添えたエレガントなインストルメントパネルに、車両やエンターテイメント情報を操作するボタン類を直感的に使えるよう整然と配置されています。

洗練されたモデルにトライホークを追加したことは、コンパスが、どんな道でも走行できるオールラウンダーのモデルに昇華したといえるでしょう。

 (65757)

まとめ

ジープは、コンパス「トライホーク」を9月7日に発売開始しました。洗練されたコンパクトSUVモデルに、数々の試験にクリアして与えられたTrail Rated®のバッジを獲得したモデルです。このコンパスに乗って、色々な道を楽しくトライするのも良いのではないでしょうか。
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me