2019年4月1日 更新

三菱の新型「eKワゴン」と「eKクロス」は「デイズ」を越えられるのか

三菱自動車は、軽自動車「eK ワゴン」を約6年ぶりにフルモデルチェンジ、同時に新しいSUVテイストの「eKクロス」を設定し、3月28日から販売を開始します。同時発売の兄弟車「日産デイズ」とはまったく異なる戦略の「eKクロス」とは?

三菱の新型「eKワゴン」と「eKクロス」は「デイズ」を越えられるのか

デイズを超える人気車種になるか「eKクロス」

ニュースリリース | MITSUBISHI MOTORS (58044)

新型「eKワゴン」と「eKクロス」は、従来車からホイールベースを65mm延長し、後席のニールームも70mm拡大したことで、後席の足元は出っ張りのないフラットな足元空間を実現しています。さらに、リヤシートは、テールゲート側から片手でスライドレバーを持ち上げながら前後に動かすことで、簡単にスライド操作ができます。
ニュースリリース | MITSUBISHI MOTORS (58027)

先代の「eKカスタム」に代わって新設定された「eKクロス」のデザインコンセプトは「キュート・ビースト」。日産デイズのハイウェイスターのスポーツテイストとはまったく異なる、三菱自動車ならではのSUVテイストのクロスオーバーモデルとなっています。

特にフロントフェイスは、SUVらしい力強さを表現し、「ダイナミックシールド」を採用。垂直に通したメッキバーと水平基調のグリルを組み合わせ、ポジションランプをボンネットフード下に配置。そして縦型の3灯式LEDヘッドライトを配置することで、まるで同社の「デリカ:D5」を彷彿とするデザインになります。
ニュースリリース | MITSUBISHI MOTORS (58030)

対する標準モデルのデザインコンセプトは「キュート・シック」。前モデル同様に、軽ハイトワゴンのスタンダードモデルとして、クロムメッキ処理を施した水平基調のフロントフェイスは、グリルがヘッドライトへと連続するデザインとし、ワイド感を表現。誰にも好まれる可愛らしく上質なデザインとなっています。

「マイパイロット」と新たな機能を追加した「e-Assist」

eKクロス | 軽自動車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (58023)

ニュースリリース | MITSUBISHI MOTORS (58042)

新型「eKワゴン」では、三菱自動車初となる、高速道路同一車線運転支援技術「マイパイロット」を採用。これは兄弟車種の日産デイズが採用する「プロパイロット」のことで、高速道路において車両側がアクセル、ブレーキ、ステアリング操作を支援することで、ドライバーのストレスや疲労を軽減し、ロングドライブをサポートする軽自動車では初めて採用されるシステムです。
「マイパイロット」装着車は一部グレードに限られますが、衝突被害軽減ブレーキシステム、踏み間違い衝突防止アシスト、車線逸脱警報システム、オートマチックハイビームに加え、新たに車線逸脱防止支援機能を設定し、全車「サポカーSワイド」に該当させてています。さらに、運転席&助手席のSRSエアバッグに加え、前席サイドエアバッグ、カーテンエアバッグも全車に標準装備して、全車種の安全性能が向上しています。

さらに機能性と視認性を高めた質感を向上させたインテリア

 (58032)

ニュースリリース | MITSUBISHI MOTORS (58033)

インテリアは、細部にわたっておしゃれさと実用性を追求し、前モデルでも評価の高かった機能性と質感に、さらにこだわりを造り込んでいます。インストルメントパネルに、水平基調の「ホリゾンタルアクシス」というデザインコンセプトに基づき、すっきりとした形状で良好な前方視界を確保。

オートエアコンパネルは、上質な質感と高い視認性を実現したタッチパネル式を採用し、風量調節スイッチと表示部をコンパクトに一体化することで、操作性を向上させるとともにシンプルでスマートなデザインとなっています。
環境性能 | 性能・特長 | eKクロス | 軽自動車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (58041)

また、インストルメントパネルは、透明パーツによる立体的なメーターリングを採用する等、質感を重要視し、随所に収納スペースを設けるなど、ユーティリティにこだわった機能的なデザインとなっています。

さらに、マルチインフォメーションディスプレイは、アクセルペダルの踏み加減を表示する「エコペダルガイド」や、駐車時の前進/後退を繰り返す際にタイヤの向きや角度を表示する「タイヤアングルガイド」など、多様な情報をカラフルに表示することが出来ます。

ハイブリッドの燃費は29.8㎞/L

環境性能 | 性能・特長 | eKクロス | 軽自動車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (58040)

新型「eKワゴン」のパワートレインは、新開発のエンジン及びCVTにより、JC08モード29.8㎞/Lという低燃費でありながら全域で軽快な加速性能、そして加速時の高い静粛性を実現しました。また、「eKクロス」には新しくハイブリッドシステムを採用し、加速時はバッテリーに蓄えた電力を利用し、40N・mのトルクもモーターが駆動力をアシスト。減速時には電気エネルギーをリチウムイオンバッテリーへ効率的に充電します。

メーカー希望小売価格は「eKワゴン」が1,296,000~1,506,600円、「eKクロス」が1,414,800~1,765,800円となっています。

まとめ

これまで同じ車種んでありながら、日産デイズに遠く及ばない販売台数だった三菱の「eK」。販売力の差だけではなく、「同じ車なら三菱より日産の方が良い」という人が多いという現実があったと思われます。しかし今回の「eKクロス」は日産にはないグレードで、見た目のインパクトは軽自動車とは思えない存在感があります。それは、ロングライフモデルとなっている「デリカD:5」を蘇らせ、人気車種となったデザインにそっくりだ。しかも人気のあるSUVテイストデザインなので、今回は日産デイズに肉薄する人気を得るかもしれません。
23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン