2018年4月14日 更新

国内での累計販売台数50万台!LC「特別仕様車・Structural Blue」登場

レクサスは国内での累計販売台数が50万台を達成しました。 これを記念してLC「特別仕様車・Structural Blue」を発売しましたので、ご紹介します。

国内での累計販売台数50万台!LC「特別仕様車・Structural Blue」登場

LC「特別仕様車・Structural Blue」はどんな自動車?

 (27909)

LEXUSは国内販売をスタートさせ、これまで11車種を展開し累計で販売台数が50万台となりました。
これを記念して、LC500h/LC500“L package”をベースにした「特別仕様 Structural Blue」が登場しました。
この自動車には、ボディカラーにストラクチュラルブルー、インテリアカラー2種類が採用されました。

ストラクチュラルブルーとはどんなカラーなの?

 (27905)

ストラクチュラルブルーはレクサスが独自に開発したもので、モルフォ蝶からヒントを得た構造発色という原理を応用したカラーです。
無色で透明な羽をもつモルフォ蝶は、光の中の特定の波長のみが反射したり、協調したりする構造なので、人の目には青く映ります。
レクサスは、長い開発期間を経て、自動車のための構造発色性顔料を誕生させました。
光の反射を利用して、鮮やかに輝き、奥行きがある陰影が出現し、ボディの抑揚を美しく協調します。

とても美しいカラーに仕上がり、存在感も抜群で、人々を魅了しそうですね。

2種類のインテリアカラーとは?

 (27906)

 (27907)

インテリアカラーは、夕暮れ時や早朝に出現する幻想的な空をイメージし、ストラクチュラルブルーと融合するブルーモーメントと、ブリージーブルーの2種類を用意しました。
自然がおりなす様々なグラデーションの瞬間を切り取った美しい室内に仕上がっています。

LC500h/LC500「特別仕様 Structural Blue」の装備について

 (27908)

LC500h/LC500「特別仕様 Structural Blue」の装備について紹介します。

・フロント245/40RF21+リヤ275/35RF21ランフラットタイヤ&鍛造アルミホイール(ポリッシュ仕上げ+ブラック塗装)

・特別仕様車専用スカッフプレート(CFRP)

・“マークレビンソン”リファレンスサラウンドサウンドシステム

・カラーヘッドアップディスプレイ

・ステアリングヒーター

・寒冷地仕様

LC500h/LC500はどんな自動車?

GA-Lプラットフォームをはじめ、マルチステージハイブリッドシステム、Direct Shift-10ATなどを採用し、ハイパフォーマンスを実現。

美と走りを両立したクーペで、運転手の反応にリニアに応答し、優雅さ、幅広さ、奥深さが高い次元で融合しています。
低く伸びたボンネットと極めて小さい3眼フルLEDヘッドランプを組み合わせ、エレガンスなデザインに仕上がってします。

アウトサイドドアハンドルはドアにビルトイン、アクティブリヤウイングによってダウンフォースが高められています。
ベストなドライビングポジションはボディとの一体感を演出し、性能重視のフロントシート、手になじむステアリングホイール、熟練の技が感じられるシフトノブを採用。
エンジンは迫力のあるサウンドを奏で、テンポがよい変速によって素晴らしいドライビングフィールが感じられます。
ハイブリッドとは思えないダイレクトな加速感が感じられます。

まとめ

LC「特別仕様車・Structural Blue」についてまとめてきましたが、ストラクチュラルブルーというカラーを身にまとい、美しさの極みといったところです。

インテリアカラーは、自然の美を活かし、乗る人を癒してくれそうで、ストラクチュラルブルーとベストマッチですね。

装備も充実しており、レクサスのフラッグシップクーペにふさわしい内容となっています。

LC「特別仕様車・Structural Blue」の購入を検討している人のお役に立てば幸いです。

18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

dreamber123123 dreamber123123