2018年1月24日 更新

コンパクトSUV ダイハツDN TRECが2018年発売か?ビーゴの後継とも噂されています!

軽自動車や小型自動車を得意とするダイハツから、今までにないサイズのSUVが登場しそうです。オートサロンやモーターショーでもお披露目されて2018年にも発売開始との声があがっています。

コンパクトSUV ダイハツDN TRECが2018年発売か?ビーゴの後継とも噂されています!
 (22062)

ダイハツDN TREC 東京モーターショー2017でもお披露目されています。

2016年にビーゴの販売が終了しました。ビーゴは、縦置きエンジンのFR駆動または4WDという最近のモデルでは珍しいレイアウトをもっており、SUVの特徴満載でもありました。

ダイハツでは、2017年から新たに小さいサイズのSUVとしてDN TRECをオートサロンやモーターショーで展示してきています。ビーゴのサイズに近く、後継モデルでないかとの噂もあります。

今回、このDN TRECが2018年にも販売されるのではないかとのお話も浮上してきました。新提案のミニマムSUVを先取りで解説してみます!

ダイハツDN TRECのエクステリアデザイン

 (21981)

フロントデザインは、やはりビーゴの後継モデルではないかと思うほどスタイルが似ているのではないでしょうか?
そこに今回末広がりのグリルがドーンと鎮座していることが伺えます。要所要所にレッドアクセントが施されており、アクティブな印象を受けますね。

そして、フロントエンブレムのメッキラインが、ヘッドライト下部に伸びていることで一体感を強調しているといえるでしょう!

ダイハツレッドを思わせるアクセントは、フロント部分ではグリル内とフォグランプべゼル、そしてバンパーアンダー部分に施されています。

 (22095)

サイドデザインにもレッドラインが、配色されていることが伺えますね。ドアモール部分は、先進的と感じます。またサイドシルにもレッドステッチが施されており、18インチと大きいホイールにもレッドカラーが施されています。

ヨーロッパ車を思わせるフェンダーアーチやサイドステップが、SUVであることを主張しているポイントでも有ります。小さめのウインドーデザインが、キリッとリアに向けて細くなっており若干レーシーな感じにも見えますね!
 (22094)

リア部分では、安定感のあるデザインになっていると感じます。リア部分にも細かくレッドラインが施されています。リアのメッキガーニッシュラインも、フロント同様にテールランプまで延びていることで一体感を前後で生み出していますし、このテールランプとの一体構造がポピュラーになりつつあると感じます。

フロント・サイド・リアともにアンダー部分が、グレーコートとなっている点が、SUVを強調していると感じますし、引き締まったボディを感じられる部分であるといえます!

ダイハツDN TRECのインテリアに関して!

インテリア部分でもレッドステッチがあしらわれており、エクステリアとの一体感を生み出していると考えます。特にドアトリム、シート、インパネ、ステアリングのレッドラインは、今回ダイハツでもこだわっている部分であるともいえます。

インパネの液晶は、エアコンやオーディオと一体とすることによって、デザイン形状を統一させているように感じます。そして、ここでダイハツの新しいデザインを提案しているともいえますね!
 (21984)

ダイハツDN TRECのパワートレーンは?

1200㏄+ハイブリッドの設定と1000㏄ターボの設定が、ダイハツではアナウンスされています。

1200㏄ハイブリッドは、どうやらタイで販売されているヤリス(ヴィッツ)のハイブリッドエンジンを改良して搭載するのではないかと筆者は考えます。1000㏄ターボは、現在トールに搭載されているエンジンを使用してくると考えます。

筆者が予想するDN TRECのサイズは、全長×全幅×全高(㎜)=3.900×1.695×1.590(㎜)位になるのではと考えます。ビーゴより一回りスモールサイズにしてくると予想します。
ダイハツ工業株式会社|軽自動車・エコカー・低燃費車【ダイハツ】 (22028)

まとめ

ダイハツとしては、今までにない感じで、日本の道路事情にもジャストなサイズの提案を考えていると思います。タウンユースでのSUVをいかに楽しく乗りこなすかということにもポイントを置いていると感じます。なので、最近のヨーロッパ車等でも人気のルーフのブラック化も取り入れられています。

とにかくスタイリッシュで、日常のオンオフを簡単に切り替えられるようなモデルをDN TRECで提案しているのだろうと考えます。

筆者は、180万円から250万円くらいの価格構成でラインアップしてくるのでは?と予想します。2018年にも販売されるのではないかと噂されているDN TRECに期待したいと思います。
 (22096)

20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me