2017年5月22日 更新

フォルクスワーゲン up! high up! 試乗記

4月27日にマイナーチェンジを受けたフォルクスワーゲン up! に試乗してまいりました。軽自動車に黒船来航!と言われてデビューしてから約4年半を経過しマイナーチェンジ受け熟成されたこのクルマの実力とは⁉

フォルクスワーゲン up! high up! 試乗記

エクステリア

フロントスタイル

フロントスタイル

リヤスタイル

リヤスタイル

マイナーチェンジによるエクステリアの変更はフロントバンパーの形状変更やテールランプの変更などわずかにとどまったようです。
このクルマはフォルクスワーゲンが日本に導入しているモデルの中では最も小さなサイズのクルマということもあって他のフォルクスワーゲンのモデルにはないポップな印象がありますね。このポップなデザインながらもディテールまでしっかりとデザインされていることもあって、現行モデルが導入されてから4年半が経過した現在でもデザインが古くなっている印象はありませんでした。

インテリア

ダッシュボード

ダッシュボード

インテリアのクオリティは軽自動車の「普通レベル」のクオリティです。全体的にはプラスチッキーな印象はありますが、デザインとダッシュボード上部の覆うデコレーションパネルの装着によりチープな印象はありません。その他の部分ではドアトリムは一部が鉄板むき出しの「セミトリム」であったり、パワーウインドゥはワンタッチ式ではなかったりと、「走り」や「運転」に関係の薄い部分については割り切りを感じる部分が随所にあります。ですが「走り」や「運転」に関係する部分について、例えば本革ステアリングのクオリティはしっとりとした革を使用していて非常に高く、上級グレードではシートヒーターやクルーズコントロールも装備されています。
室内の広さについては、幅はもちろん軽自動車以上の小型車レベルにありますが、後席については頭上についてはスペースが確保されているものの、足元の広さが大人が座れる程度にとどまることから、ちょうど10年くらい前の軽セダンと同水準といったところですね。

シート

フロントシート

フロントシート

シートの形状については見た感じの印象はヴィッツのハイバック仕様のシートに似ているように見え、ファブリックのクオリティも「普通」に感じるシートですが、さすがフォルクスワーゲンのクルマということもあってサイズがタップリとしていて沈み込みの少ない、長時間しっかりと座れる快適なシートが装着されています。
シートリフターやチルト&テレスコピックステアリングなど調整機構はしっかりと装備されているのでキッチリとドライビングポジションの調整が可能なのはこのクルマの美点ですね。

エンジン・トランスミッション

1000CC 直列3気筒DOHCエンジンと自動変速機構を持つ5速マニュアル ASGの組み合わせになります。
エンジンスペックは最大出力75PS・最大トルク9.7kgmと軽自動車のターボエンジンと最大トルクは同等で最大出力が2割ほど高いエンジンですが、組み合わされるトランスミッションが自動変速機構を持つとはいえマニュアルミッションであるASGということあって、CVTやATよりも発進直後から効率よくエンジンパワーを引き出してくれています。
このクルマは950kgとちょうどN-BOXと同等の重量になりますが、効率よくパワーが引き出されていることもあって体感的には1500CCのクルマの加速感があり、動力性能に不満を持つことはありませんでした。
最後にこのASGですが、マイナーチェンジにより洗練されてはいますがやはり独特の「クセ」はあります。発進時にクリープ現象はありませんし、発進してからもアクセルの踏み加減を上手く調整しないとスムーズな走りはできないですね。90年代末からCVTやハイブリッドシステムにより「アクセルを踏みっぱなし」で運転することに慣れてしまった日本人にとっては最初はとまどうこともあるかもしれません。

サスペンション・乗り心地

装着されているタイヤは185 55R15 コンチネンタル

装着されているタイヤは185 55R15 コンチネンタル

まずはこのクルマ、ボディ剛性が非常に高いです。その高いボディ剛性により操縦安定性を重視した「硬め」のサスペンションが装着されています。その硬さの感じは日産ノートe-POWER車よりも多少硬いといったところですが、ショックアブソーバーが良く動く印象があるので、舗装状態が悪い道路を走行していても「ガツン」と角の立った振動がくることはありません。
また、ホイールベースが2,420mmしかないとは思えないほどの直進安定性とクイック過ぎずスロー過ぎない丁度いい塩梅のステアリングのおかげもあり、まるで2000CCクラスのクルマを運転しているような印象があります。
正直、街乗りに適している軽自動車や日本のコンパクトカーとは一線を画しているクルマであり、そのサスペンションセッティングにより街乗りに向いているクルマではありませんが、この安定感なら300㎞くらいのロングドライブでも平気でこなしてしまうだろうと感じました。

総括

このクルマですが、試乗してみると「走り」の部分では驚くほど実力の高いクルマでした。もし愛車とするならばその装備の「割り切り」がどこまで自分で許せるのか、またASGをスムーズに運転できるのかがカギになってくるかと思います。価格なりの価値はしっかりと体感することができましたので、興味をもたれた方は一度しっかりと試乗することをおススメしたいと思います。
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

やまちゃん@8148 やまちゃん@8148