2018年12月7日 更新

スズキ スペーシアの新グレード「ギア」は大注目!

スズキの人気スーパーハイトワゴン・スペーシアに新グレードの「ギア」が追加されます。ワクワクするような楽しいSUVデザインは大人気間違いなし!情報が少ない中ですが、まずは速報をお知らせします。

スズキ スペーシアの新グレード「ギア」は大注目!

新グレード登場

新グレード登場

新グレード登場

スズキ自動車は2018年12月1日、人気のスーパーハイトワゴン・スペーシアに新グレードとなる「ギア」を追加すると発表しました。発売は12月中とのことで、既に各販売店では順次予約を受け付けています。

その名称の通り、スペーシアの追加仕様ということで、現在販売中のスペーシアにはノーマル仕様と、ワイルド顔仕様のカスタムがありますが、これに加えてアウトドア仕様の「ギア」が追加されるというわけです。

スペーシアの特徴と言えば、両側パワースライドドアであること、広大な室内スペースがあること、そして防泥仕様のシートバックなどもあって使い勝手がいいことが挙げられますが、このベースをしっかり利用しながら、新設定の「ギア」では、更にアウトドアシーンにピッタリくるようなワイルドな専用のデザインを施してあります。

言ってみればハスラーのスライドドア版ということにもなるかもしれませんが、ユーザーの冒険心をくすぐるSUVデザインとして上手くアレンジされているのではないでしょうか。ベース車種がスペース系の軽ワゴンですから、ハスラーよりもキャンプ道具、大きな荷物も積めるスペースがあり、この点は大きなアピールができるでしょう。従来型スペーシアにもある機能ですが、座席をフルフラットにすれば車中泊もできます。

エクステリア

エクステリア

エクステリア

エクステリア

エクステリア

エクステリアでまず目がいくのは、ヘッドライトとウインカー、フォグランプが丸型のものになっている点でしょう。これは同社の人気車であるジムニーやハスラーを彷彿とさせ、現在大人気のスズキのSUVらしい外観ということで納得できます。

前後バンパーのデザインはプロテクションパッド風な形状の新デザインになっており、サイドアンダー部分も突起を意識的に設けたパーツが追加装備されています。細かい点になりますが、ドアノブ、ドアミラー、そして専用のホイール等はガンメタ塗色で全て統一され、イメージチェンジに貢献しています。

ルーフレールがついているのはこのクルマとしては極めて当然ということになるでしょう。特にルーフがガンメタリックになる2トーンカラーの設定があり、十分にSUVの雰囲気が出ていると思います。

インテリア

インテリア 一部

インテリア 一部

速報ですので詳しい写真がまだ無いのが残念ですが、エクステリアに加え、インテリア(内装)についても「ギア」には独特のアウトドア風の要素が盛り込まれています。

まず、助手席正面の収納スペース部アウターパネルが、ガソリン携行缶のようなデザインに変更されています。もうすぐ詳細な写真も出てくると思います。そして、スピードメーターの外周、中央のエアコン吹き出し口はオレンジメッキになっており、ちょうどダイバーズウォッチのようなイメージだと思ってください。

シートは前後ともに撥水加工が施されているブラックの布地で、これにオレンジステッチによるアクセントが加わります。右前席シートの背面にテーブル、左側に大容量ポケットが追加してあるということで、これもにくい演出です。

また、ラゲッジルームフロア、リアシートの背面は防汚仕様になっており、アウトドア的な使い方にピッタリです。つまり、イメージ的にも機能的にも工夫が凝らされているのです。

諸機能

グレードは「ハイブリッドXZターボ」、「ハイブリッドXZ」という2タイプです。FFと4WDの駆動方式が選択可能でトランスミッションはCVTです。HYBRID XZターボなら、パドルシフトを使った7速マニュアルモードのシフトチェンジも楽しむことができます。

また、クルーズコントロールシステム(設定速度を自動でキープする機能)を搭載しており、高速走行時やロングドライブでの負担も軽減してくれます。

もちろん先進安全装備となるスズキセーフティサポートは標準装備であり、前方ブレーキ補助に加え後進時ブレーキ補助も機能します。

誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ハイビームアシスト、先行車発進お知らせ機能といった予防安全技術も搭載し、安全機能は万全です。

また、全グレードにエアコンルーバーを装備。これは、エアコンの風を拡散させて直接顔に風が当たらないように調節できる機能や、車内の空気を循環させて、前席&後席の温度を均一化させるスリムサーキュレーターも装備しています。

ボディカラーはガンメタリックルーフを持つ2トーンタイプもラインナップされます。

もうすぐ発売!

スペーシア・ギア

スペーシア・ギア

まだ価格は未発表となっていますが、おそらくノーマル仕様より若干高く設定されるでしょう。ただ、大幅アップということはないようで、それなら買い得感があるはずです。

そういえば5年前の2013年12月に発表、翌年1月から発売したハスラーも大ヒットしたのですが、タイミングがそれに似ています。年末年始に新型車のCMを打ち、ディーラーの初売り期間に発売するというのは効果的な販売手法なのかもしれません。

現行のスペーシアもかなり売れていますが、ハスラー、クロスビー、ジムニーで実績のあるSUV仕様を更に追加するスズキ。この作戦でホンダN-BOXを激しく追撃するのでしょうか。

スペーシア・ギア、もうすぐ、より詳細な情報がどんどん出てくると思いますので、お楽しみに!
15 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

bsr-kansai bsr-kansai