2018年9月19日 更新

軽並みの運転しやすさが魅力!トヨタのパッソの魅力を紹介します。

運転しやすい普通車と言えばコンパクトカーになりますが、その中でもトヨタのパッソは軽自動車並みの運転しやすさを売りにしています。今回はそんなトヨタのパッソの魅力を紹介します。

軽並みの運転しやすさが魅力!トヨタのパッソの魅力を紹介します。

パッソってどんな車?

トヨタ パッソ | トヨタ自動車WEBサイト (43418)

パッソはダイハツが開発・生産し、トヨタが販売しているハッチバック型コンパクトカーです。ダイハツでは「ブーン」として販売されています。

初代のモデルは2004年から販売されており、初代と2代目のモデルはダイハツとトヨタの共同開発でした。
現行モデルは3代目のモデルであり、2016年から販売されています。現行モデルよりOEM車として販売されています。

軽じゃないKという意味は、Kに快適・かわいい・カッコいいの意味が込められています。

パッソの外観

トヨタ パッソ | 価格・グレード | トヨタ自動車WEBサイト (43417)

パッソの外観は、まるで軽自動車かなと思うほどコンパクトな外観になっています。

全長:3650mm(MODAシリーズ:3660mm)、全幅:1665mm、全高:1525mmとなっており、コンパクトカーの中でもさらにコンパクトな大きさになっています。

パッソは、通常のパッソとパッソMODAの2種類のスタイルを選択でき、ボディーカラーも通常のパッソで全12色、パッソMODAでは何と全18色から選択できます。

丸みがあってキュートな外観なので、女性からの支持も高く、誰にでも運転しやすい車として魅力的です。運転初心者の方にも大変オススメの車です。

パッソの内装

トヨタ パッソ | 室内・インテリア | 室内空間・シート表皮 | トヨタ自動車WEBサイト (43421)

外観はコンパクトで小さく感じますが、室内は広々空間で狭さを感じさせない室内になっています。

前席は軽自動車でよく採用されているベンチシートを採用しており、運転席と助手席を遮るものがないので、乗り降りがどちら側からも出来て非常に便利です。そのためシフトレバーもインパネ式になっており、サイドブレーキも足踏み式になります。限られたスペースを有効に使って車体が大きくならないように工夫が施されていますね。

後席を倒すと小型の自転車なら収納できるスペースもあるので、収納スペースもコンパクトカーでは十分なスペースを誇っています。買い物で大きな物を買った時にでも楽に積み込むことが出来ます。
トヨタ パッソ | 室内・インテリア | 室内空間・シート表皮 | トヨタ自動車WEBサイト (43423)

パッソの走行性能

トヨタ パッソ | 燃費・走行性能 | 走行性能 | トヨタ自動車WEBサイト (43425)

パッソは燃費性能も魅力的です。JC08モードで最大28.0km/Lとなっているので、ガソリン車としては燃費性能は素晴らしいものです。アイドリングストップ機能・車体の軽量化・ボディー形状の空力性能の進化により、この数値を実現しました。

そして何よりこのコンパクト性を生かした小回りの利きが最大の魅力です。最小回転半径は4.6mとなっており、狭い駐車場でもパッソなら難なく入ることが出来ます。高さも横幅も十分コンパクトなので、立体駐車場でもラクラクです。
トヨタ パッソ | 燃費・走行性能 | 運転のしやすさ | トヨタ自動車WEBサイト (43427)

パッソの価格

パッソの価格は通常のパッソのグレードで、1,150,200円(X)~1,447,200円(X"G package")になります。
パッソMODAグレードでは、1,431,000円(MODA)~1,657,800円(MODA "G package")になります。

価格が全て100万円台なのでかなりお買い得な価格と思われます。上位グレードにオプションなどを色々つけても200万円台で収まります。燃費も良いですし、燃費の良いガソリン車のコンパクトカーを探している方には最適な車です。

まとめ

今回はトヨタのコンパクトカーであるパッソを紹介してきました。

パッソは外観は可愛らしくもあり、カッコ良くもありでどんな人にもマッチングするコンパクトカーになっています。軽自動車並みの小回りの利きによる運転しやすさは最大の魅力ですし、軽自動車では運転が物足りない方には、普通車で軽スペックで運転出来るこの車は良いとこ取りですね。

価格も安いですし、セカンドカーに購入しても損はしないと思います。気になられた方は、一度パッソを試乗しにお店に行ってみて下さい。
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

kannburi kannburi