2018年4月10日 更新

レクサス 国内で累計50万台販売達成を記念して特別仕様のLCを販売!仕様内容・カラー等を紹介

レクサスが販売台数で累計50万台を突破しました(国内)。これを記念して非常に綺麗なブルーの特別仕様車を4/5から発売開始。特にLCにて特別仕様車を販売するのには、レクサスの想いもあるようです。特別仕様車の詳細を追いかけます!

レクサス 国内で累計50万台販売達成を記念して特別仕様のLCを販売!仕様内容・カラー等を紹介

レクサスLCってどんなクルマ?

レクサスにおいて初めてとなるFセグメントのクーペスタイルモデル。クーペスタイルとしては、RCについで2作品目とですが、Fセグメントである点が大きな違いでもあります。

レクサスならではの先進なデザインと「TAKUMI」と呼ばれる職人技の利いた内装へのアプローチが、LCにもふんだんに使われています。

もともとレクサスではクーペスタイルよりもセダンやSUVスタイルの方が販売数量を伸ばしていましたが、LCの登場にて、クーペスタイルの販売も好評となっていますね!

LC500とLC500hのにモデル二種類を主軸として販売されています。

LC500は、V8型5000㏄エンジン 13,000,000円から
LC500hは、V6型3500㏄エンジン+ハイブリッド 13,500,000円からとなっています。

LEXUS LC TVCM “Awakening” 30sec.

レクサスLC(特別仕様車)にはどんな想いが込められてる?

レクサスとしては、新時代を切り開くモデルとして登場させたLC。そもそもラグジュアリーを目的として、さらに最上級を目指しているレクサス。
セダンやSUVでの達成度は、ラインアップを見てもお分かりの通り十二分に成果を上げています。

ことクーペスタイルに関しては、先に登場のRC及びSCと、キレのあるデザインでありましたが、販売数量は他のレクサスに比べると遅れを取っていたようです。

LCの開発・販売にて、デザイン性及び時代性、そしてラグジュアリークーペという特別感が加わり、新たなユーザー層の獲得と販売数量も伸ばしています。

ですからレクサスとしては、ずっとユーザーに驚きと感動を与え続けるメーカーとあり続けるために、このLCの存在が大きいとも言えます。
いろいろなモデルへの挑戦と変革に取り組んでいる姿勢が、レクサスの先進性への想いであるとも言えますね。
 (27741)

レクサスLC特別仕様車のエクステリア

 (27742)

特別感・変革という思いを込めたLCモデルに特別仕様車が登場。

その名もLC500/500h“Structural Blue”
ベース車両は、LC500h/LC500 “L package”。自然界に存在する美しいカラーリング(蝶)からインスピレーションを受けたとのこと。

LEXUSの独自の技術により開発したストラクチュラルブルーと、2種類の内装色を用意しています。ラグジュアリークーペとしての魅力的なデザインを一層引き立たせ、奥深い世界観をも表現。

南米に生息するモルフォ蝶の羽から開発ヒントを得た「構造発色」という原理を活用したLEXUS独自のボディカラー、それがストラクチュラルブルー。

人間の目は、光の反射作用にて色の認識をしています。この原理を利用して有る特定の波長のみが強調されることでブルーカラーを認識できるように、レクサスで顔料等を新開発したようです。

これによって奥行きのある味わい深いブルーカラーへと昇華していますね。
 (27744)

レクサスLC特別仕様車の内装

 (27745)

内装色は、このエクステリアカラーに合わせて特別仕様車専用ブルーモーメントと、ブリージーブルーの2種類を用意しているとのこと。

自然現象の光や影をもたくみに利用したグラデーション効果をお楽しみいただけるようです。
 (27746)

特別仕様車専用のスカッフプレートは、カーボンファイバー製となっており、レーシーな部分と色のグラデーション効果を高めていますね!

このほか
LC500h/LC500 特別仕様車の特別装備
①フロント245/40RF21+リヤ275/35RF21ランフラットタイヤ&鍛造アルミホイール(ポリッシュ仕上げ+ブラック塗装)
② 特別仕様車専用スカッフプレート(CFRP)
③マークレビンソンリファレンスサラウンドサウンドシステム
④カラーヘッドアップディスプレイ
⑤ステアリングヒーター
⑥寒冷地仕様
が装備されているようです。
 (27743)

レクサスLC特別仕様車のパワートレインは?

LC500特別仕様車“Structural Blue”

エンジンは2UR-GSE(5000ccV型8気筒)エンジン
ミッションは、Direct Shift-10AT
FR駆動  
価格は14,750,000円(消費税込み)


LC500h特別仕様車“Structural Blue”

エンジンは、8GR-FXS(3500ccℓV型6気筒)
ミッションは、マルチステージハイブリッドトランスミッション
FR駆動 
価格は15,250,000円(消費税込み)


通常モデルよりもオプションが加えられているとは言え、100万円以上も高い価格となっています。
それだけこのストラクチュラルブルーの塗装に費用がかかっているということ。
その特別な青を手に入れられるのは、また特別なオーナーだけとなるのでしょう。

生産台数も限られているそうですので、気になる方はお早めにディーラーに問い合わせてみてはいかがでしょうか。

まとめ

22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me