2019年5月18日 更新

最新版のトヨタ・RAV4です!先進技術満載、車格もアップしてのSUVの大本命か!?

一時期は日本での販売が途絶えていたRAV4ですが世界では大変売れていました!そして待望の日本復帰です!

最新版のトヨタ・RAV4です!先進技術満載、車格もアップしてのSUVの大本命か!?

待望のRAV4復帰

トヨタ・RAV4

トヨタ・RAV4

1994年5月に初代が登場したトヨタ・RAV4ですが、2代目、3代目と人気が次第に低迷して4代目はとうとう日本での販売が見送られてしまいました。しかし、世界的マーケットでの売上は相当好調で、2016年、2017年と世界のSUV販売台数1位となったそうです。

これほど売れたRAV4ですから、日本でも何とかしたいと考えるのは当然でしょう。2018年3月のニューヨーク国際自動車ショーで、5代目RAV4が世界初披露され、日本でも2019年春頃の発売を予定と発表されたのです。

開発コンセプトは「Robust Accurate Vehicle With 4 Wheel Drive」、SUVらしい力強さ、きめ細かい使用性への配慮を兼ね備えた4WD、という意味です。やや期間を空けての日本再登場ですから、まさにきめ細かい設計がなされたクルマです。

カムリと同様のトヨタ最新となる「GA-Kプラットフォーム」を採用、トヨタSUVとしては初のことです。キャラクターもワイルド感を強め、オールシーズンタイヤを装着したアドベンチャーグレードがメインです。

ラインアップ

トヨタ・RAV4

トヨタ・RAV4

基本的なラインアップは、2L直列4気筒直噴エンジン搭載の「X」、「G」、「G Zパッケージ」、「アドベンチャー」、そして2.5Lダイナミックフォースハイブリッドエンジン搭載の「ハイブリッドX」、「ハイブリッドG」となります。

特にハイブリッドの4WDは最新ハイブリッド技術の新型E‐Fourを採用しています。
2L直噴エンジン

2L直噴エンジン

2L直噴エンジンは「2.0Lダイナミックフォースエンジン」と呼ばれ、マルチホールの直噴インジェク、ロングストローク化などで燃焼を高速化させています。また、吸気バルブの開閉タイミングを最適に制御するVVT-iEも採用され、レスポンスが改善されています。

ミッションはDirect Shift-CVTと呼ばれる「ギヤ機構付自動無段変速機+10速シーケンシャルシフトマチック」です。従来のCVTに発進用ギヤが追加されているので、発進時から高速域までダイレクトで力強い走りを実現、しかも低燃費です。

マニュアル感覚のシフトチェンジが可能な10速シーケンシャルシフトマチックは魅力的で、SPORTモードなどで更にスポーティな走りも楽しむことができます。

最高出力:126kW(171PS)/6,600r.p.m. 最大トルク:207N・m(21.1kgf・)/4,800r.p.m.
ハイブリッド

ハイブリッド

ハイブリッドは「2.5Lダイナミックフォースエンジン」と呼ばれる高い燃焼効率と高出力を両立したエンジンに、小型・軽量・高効率化された最新のハイブリッドシステムを組み合わせ、優れた動力性能と圧倒的な低燃費を実現しています。

システム最高出力[E-Four]:163kW(222PS)、[2WD]:160kW(218PS)

ハイブリッド車の電気式AWDシステムである「E-Four」は、電気で駆動する後輪の全体トルクが4代目の1.3倍に向上しています。また、走行状態に応じて後輪に適切なトルク配分をする新制御も採用されています。

ミッションは、マニュアル感覚のシフトチェンジが可能な「電気式無段変速機+6速シーケンシャルシフトマチック」です。

デザイン・スタイル

デザイン・スタイル

デザイン・スタイル

トヨタはCH-RでデザインコンシャスなSUVをつくり、非常に人気を博していますが、RAV4はそれをやや大人にしたようなイメージのデザインとなっています。

「Adventure & Refined」というエクステリアのデザインコンセプトに基づいたアクティブな力強さと都会にも似合う洗練さを併せ持たせた新しい感覚の造形です。

もちろん、SUVらしいリフトアップ感のある19インチホイールにサイズアップしています。
インパネ

インパネ

インテリアは、運転席からの視界を低くすることですっきりと圧迫感のないインストルメントパネルになっており、ワイパーも室内から見えないような設計です。ボンネットは低くすることで視認エリアを拡大、交差点や縦列駐車時の安心感を高めます。
ラゲッジ

ラゲッジ

リヤシートを使用した状態でも、ラゲージ容量580Lというクラストップレベルの広さです。6:4分割可倒式リヤシート、ラゲージ床面の高さを2段階調節できる2段デッキボードも採用。使い勝手のいいラゲージスペースになっています。

安全性能

セーフティ・サポートカーS<ワイド>

セーフティ・サポートカーS<ワイド>

RAV4は「セーフティ・サポートカーS<ワイド>、セーフティ・サポートカー」であり、安全性能は万全です。

自動(被害軽減)ブレーキやペダル踏み間違い時加速抑制装置などの安全運転を支援する装置をしっかり搭載、すべてのドライバーの安全を強力にサポートします。
レーントレーシングアシスト

レーントレーシングアシスト

高速道路でのクルージング(レーントレーシングアシスト)や全車追随(レーダークルーズコントロール)ももちろんOK。夜間の見やすさもオートマチックハイビームで向上。

標識の見逃し防止は、単眼カメラで道路標識を認識しマルチインフォメーションディスプレイに表示するロードサインアシストがあるなど、まさに盛りだくさんです

オールマイティなRAV4

RAV4

RAV4

海外では大人気のRAV4です。満を持しての日本発売となった5代目は、スタイル、性能、安全機能などをレベル高くまとめた魅力的な最新型のクルマとなっています。

是非、実車を確認してみてもらいたいと思います。そのオールマイティさに驚くことでしょう。ホンダCR-V、スバル・フォレスター、日産エクストレイルなどとしっかり比較してみてください!
25 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

bsr-kansai bsr-kansai