2017年4月12日 更新

ホンダN-BOX人気の秘密に迫る!【3】後席は広々!センタータンクレイアウトが効いてる!

どうしてそんなに売れるのか!?2015-2016年の軽自動車販売ランキング第一位となったホンダのN-BOX。 2011年末のデビューから6年目に突入していますが、未だに人気モデルとなっている理由はどこにあるのでしょうか?第3回目は後席の広さの秘密に迫ります!

ホンダN-BOX人気の秘密に迫る!【3】後席は広々!センタータンクレイアウトが効いてる!
 (6144)

ホンダのN-BOXの人気の秘密に迫るシリーズ第三弾!
前回までの記事はこちら↓

ホンダN-BOXカスタムの内装を引き続きチェック!

 (6114)

前回は運転席周りを見てみたので、その続きとして助手席の方を見てみましょう。
 (6116)

助手席側の前も広々しています。
ダッシュボードの上部はトレーになっていて、ちょっとした小物を置いておくのに便利。

固定式のカップホルダーもあります。
 (6117)

グローブボックスを開けるとこんな感じです。
結構深くて使い勝手は良さそうです。
ティッシュボックスなどもいくつも入りそうですね。
 (6118)

続いて、ホンダN-BOXカスタムのオーバーヘッドコンソールを見てみましょう。
ココにはサングラスホルダーなどは備わらないみたいです。
それにしても天井が高くて広々!
バイザーも大型です。
 (6120)

ホンダのN-BOXの優れたところとして、助手席側のAピラー付け根に、補助のミラーが付いています。
合わせ鏡のようになっていて、左側足元を見ることができます。
駐車時に幅寄せする際などには便利ですね!


続いて、ホンダN-BOXカスタムの後席も見てみましょう。
 (6119)

N-BOXの後席ドアは両側スライドドアです。
開口部も広くて、フロアも低いから乗り込みやすいですね。

ホンダは、フィットで培ったセンタータンクレイアウトをこのN-BOXにも採用することによって、フロアの低床化やシートアレンジの多様性を実現しています。
 (6121)

ベースグレード以外では助手席側パワースライドドアは標準装備となっています。
また、運転席側はN-BOXカスタムターボLパッケージ以外にオプションで用意されています。

それにしても後席足元空間は広いですねぇ!!
本当に軽自動車のハイトワゴンって、普通車よりも確実に後席は使い勝手いいですね。
 (6122)

実際に足が組めるかやってみたところ、大人の男性でも余裕で足が組めます。
N-BOXは昨年行ったマイナーチェンジで、後席シートのスライド機能が備わって(オプション)、なお使い勝手が向上しています。
 (6123)

N-BOXの前席シートバックには格納式のトレーが備わっていました。
こちらはスライドリアシートとセットのオプションのようです。
あると便利なので付けておきたいところですね。
 (6124)

ホンダN-BOXカスタムの後席の居住空間はこんな感じです。

後席スライドドアにもピアノブラック調のオーナメントが付けられていたり、質感もいいですよね。
スピーカーも後席にも装備されているし、広さと合間あってかなり快適です。
 (6125)

シートバックテーブルが無くても、後席にもドリンクホルダーは備わっています。
ユーティリティに関してはホンダは文句なしの収納数です。
 (6126)

こちらの展示車には、後席ウインドウにサンシェードも付いていました。
こちらもオプションです。
後席に乗る人の日差しカットと、車内の温度上昇を抑える面でも役に立ちます。
防犯的にもいいですね。
 (6127)

ホンダN-BOXの後席シートにはアームレストまで完備されています。
こちらは全グレード標準装備かな。
後席でも快適に過ごせそうですね。
 (6128)

後席から前席を見てみるとこんなふうに見えます。
天井の高さが本当にすごい!
こりゃ快適に過ごせそうですよね^^

と言った感じでホンダのN-BOXカスタムの後席を見てみましたが、人気の秘密はこの後席のゆとりの空間にあると言っても過言ではないくらい、広々としていてくつろげました。
しかし、人気の秘密はこれだけには留まりません。

次回ではラゲッジスペースとシートアレンジの秘密に迫ります!!

35 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部