2017年9月25日 更新

ダイハツムーヴキャンバス試乗しました!内装インプレッション

2016年秋に発売された、ダイハツのルーフの高さを抑えたスライドドアのムーヴキャンバスが売れています。 ムーヴと言えばダイハツの軽自動車の代名詞とも言えるロングランモデルですが、最近ではムーヴの販売台数の多くをこのキャンバスが占める状況だそうです。その人気の秘密に迫ります。前回はエクステリア編をお届けしたので、今回はムーヴキャンバスの内装編をお届けします。

ダイハツムーヴキャンバス試乗しました!内装インプレッション
 (8894)

前回のエクステリア編からの続きで、今回はムーヴキャンバスの内装を見てみたいと思います。

内装もキュートなムーヴキャンバス

今回試乗させていただいたのは、ベースグレードとなるL "SAⅡ"です。
価格はFFで1,252,800円となります。
 (8864)

運転席に乗り込んでみましょう。
まずドアの内側ですが、すべてハード樹脂製のトリムになっています。
 (8865)

インナードアハンドルなども、メッキ処理されていません。

上位グレードのGとXに用意されている「MAKE UP」というパッケージにすると、内外装にメッキパーツが増えるなど質感が向上します。

ベージュの内装になっているので、室内は明るいですね。
 (8866)

ムーヴキャンバスL "SAⅡ"のフロントシートはこんな見晴らしです。
ベースグレードでもベージュのツートンの内装になっているので、とてもおしゃれです。
 (8868)

ムーヴキャンバスのステアリングはこんな感じです。
他のダイハツ車とデザインは同じですが、ベージュなので明るい感じですね。
 (8869)

メーターは半円タイプでクラシカルなデザインですね。
同じくクラシカルなエクステリアに似合っているデザインです。
 (8872)

ステアリングの右側には格納式のカップホルダーがあります。

ステアリング奥のダッシュボードは収納になっています。
ちょっとしたものを入れておくには便利ですね。
 (8873)

続いて、インパネを見てみましょう。

ナビはオプションですので、こちらの試乗車には付いていませんが、ディーラーオプションとして選択することが出来ます。
 (8867)

上位グレードだとエアコンはオートエアコンになり、パネルも液晶がついて立派になりますが、ベースグレードだとマニュアルエアコンになります。

続いて、助手席側を見てみましょう。
 (8870)

助手席側にも格納式のドリンクホルダーがあります。
ダッシュボードはトレー状になっていて、スマホなどを置いておけるようになっています。
 (8871)

グローブボックスも完備。
広さはそれほどでもありませんね。
 (8874)

ムーヴキャンバスにはベースグレードでも運転席助手席の間にアームレストコンソールがあります。
ベンチシートなので使わないときには格納しておけるのも便利です。

まとめ ベースグレードでもベージュのツートン内装がおしゃれ!

ムーヴキャンバスのベースグレードとなるL "SAⅡ"の運転席周りを見てみましたが、ベースグレードでも十分におしゃれで可愛い質感になっていると思いました。

通常、軽自動車のベースグレードなどは、プラスチッキーでそっけない質感のものも多いですが、このムーヴキャンバスはベージュのツートン内装になっていて、室内がとても明るいです。
そしてデザインもセンターメーターを中心に水平基調のレイアウトになっていて、レトロ感もありながら細かい収納なども完備されていて使い勝手も良いです。

ハイトワゴンよりもルーフが低く抑えられていますが、室内空間は十分広々していて、逆に高すぎない室内高は落ち着ける感じもしました。
これは人気が出るのも納得です。

ベースグレードでも十分な質感ですが、さらに上位グレードのMAKE UPというパッケージを付けると、メッキパーツが増えるなど質感もさらに高まり、おしゃれな女性が拘って乗るには最適。

さて、次回では、そんなムーヴキャンバスの後席やラゲッジスペースを特集いたします。
お楽しみに!

30 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部