2018年9月6日 更新

「アウディA8」8年ぶりにフルモデルチェンジして発売

5日、アウディジャパンは、「アウディA8」を8年ぶりにフルモデルチェンジし、10月15日より販売することを発表しました。常にアウディの技術的ショーケースとしての役割を担ってきた「A8」は、新型によってどのような進化を遂げたのでしょうか?

「アウディA8」8年ぶりにフルモデルチェンジして発売

新型「アウディA8」の概要

新型Audi A8を発売 | Audi Japan Press Center - アウディ (41841)

新型Audi A8を発売 | Audi Japan Press Center - アウディ (41846)

「アウディA8」は初代から常に、技術の最先端を歩み続けてきたフラッグシップセダンです。

革新的なボディ設計技術、高効率直噴エンジン、アダプティブエアサスペンション、クワトロ(フルタイム4WD)、フルLEDヘッドライト、最先端のドライバーアシスタンスシステム、そして最新世代のMMIインフォテイメントを採用するなど、「A8」はアウディの技術的ショーケースとしての役割を受け持ってきました。

そして第4世代としてフルモデルチェンジを果たした新型「アウディA8」は、すべての要素を大幅にアップデートしました。

なお、新型「アウディA8」の価格は、1140~1640万円となっています。

レーザースキャナーによる先進のドライバーアシスタンス

新型Audi A8を発売 | Audi Japan Press Center - アウディ (41842)

Audi A8 > A8 > アウディジャパン (41844)

デザインやパワーユニットよりもまず最初に運転支援システムを紹介することになるのが、新世代「A8」の特徴といえるでしょう。

新型「アウディA8」は、量産車として世界初の搭載事例となるレーザースキャナーを始め、ミリ波レーダー、カメラセンサー、超音波センサーを合わせて最大23ものセンサーを搭載し、これらセンサーからの膨大な情報を統合的に分析して高度な周辺環境モデルを構築する、セントラル ドライバーアシスタンス コントローラーを採用。

これにより人間の感覚に近い、遅れの少ない自然な制御を実現しています。

また、新たに追加された機能としては、フロントクロストラフィックアシストや、プレセンス360、アダプティブドライブアシスト(ADA)などがあります。

HDマトリクスLEDは、車両前方を監視するセンサーからの情報を用いて、32個のLEDを個別に点灯制御することにより、前走車および対向車のドライバーを眩惑することなく、最大限の照射範囲を実現します。

さらに一般的なハイビームの2倍の照射距離を持つ「アウディ・レーザーライト」が装備されます。

マイルドハイブリッドドライブシステムを採用した高効率エンジン

走行性能 > Audi A8 | 車両情報 > Audi A8 > A8 > アウディジャパン (41843)

新型「アウディA8」には250kW/340ps の3.0ℓV型6気筒直噴ターボと、338kW/460ps の4.0ℓV型8気筒直噴ツインターボの2種類のガソリンエンジンが用意され、トランスミッションはともに8速ティプトロニックで、クワトロ(フルタイム4WD)が標準装備されます。そして、3ℓで先代比+22kW/60Nm、4ℓが18kW/60Nmの強化を果たしながらも、燃費は55TFSI クワトロで10.5km/ℓ、60 TFSIクワトロで8.7km/ℓとなっています。
エンジンの技術的ハイライトとして、欧州車のプレミアムクラスで主流となりつつあるマイルドハイブリッドドライブシステム(MHEV)を搭載しています。

これは、48Vという電圧を背景として、最大12kWという高いエネルギー回収効率が特徴です。減速時には22km/h以下でのアイドルストップ&スタートを、また55~160kmhの範囲でスロットルペダル オフにすると、エンジンを停止してのコースティング(惰性)走行を可能にするなど大きなメリットがあります。

最新コネクティブも充実

Audi A8 > A8 > アウディジャパン (41845)

新型「アウディA8」は常時LTEネットワークに接続されて、アウディコネクトによって目的地のオンライン検索を行なったり、ニュースや天気予報といった情報取得に加えて、最寄のガソリンスタンドや駐車場検索なども可能になります。また、スマートフォンと接続でき、車両状況をチェックや、ドアのロック/ロック解除、そしてナビゲーションに目的地情報を送ることもできます。

また、新型「アウディA8」のボディサイズは全長5170mm、全幅1945mm、全高1470mm、そしてホイールベースは3000mm。トランク容量は505ℓ(VDA法)となっています。

アウディA8 車両本体価格

アウディA8 55 TFSIクワトロ
3.0ℓV6直噴ターボ340PS/500Nm:1140万円
アウディA8 60 TFSIクワトロ
4.0ℓV8直噴ツインターボ460PS/660Nm:1510万円
アウディA8 L 60 TFSIクワトロ
4.0ℓV8直噴ツインターボ460PS/660Nm:1640万円

まとめ

新型もプレミアムセダンのベンチマークとなる「アウディA8」。全長が5mを超えるビッグサイズのセダンでありながらも、最新テクノロジーによるパフォーマンスは健在です。

小さなアウディやSUVも魅力的なアウディですが、新型「アウディA8」を見ると、やはりプレミアムセダンこそアウディだと感じられます。
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン