2017年3月27日 更新

スズキ、軽乗用車「ハスラー」が JNCAP予防安全性能アセスメントで「ASV++」を獲得

SUZUKI公式サイトで1/10にリリースされているニュースをまとめます

スズキ、軽乗用車「ハスラー」が JNCAP予防安全性能アセスメントで「ASV++」を獲得

スズキ、軽乗用車「ハスラー」が JNCAP予防安全性能アセスメントで「ASV++」を獲得

 (1694)

 (1695)

スズキ株式会社は、ステレオカメラ方式の衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」※1及び「全方位モニター」※2を搭載した軽乗用車「ハスラー」が、2016年度JNCAP※3予防安全性能アセスメントにおいて66.8点を取得し、最高ランクの評価である「ASV※4++(ダブルプラス)」を獲得した。

「ASV++」の獲得は、スズキの軽自動車では「スペーシア」に続き2車種目であり、登録車の「イグニス」、「ソリオ」と合わせて4車種目の認定となる。スズキは今後も安全技術の取り組みを強化し、クルマの安全性を向上させていく。

JNCAP予防安全性能アセスメントは、国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA※5)が自動車の先進安全技術について評価し、結果を公表する制度である。評価対象は「前方車両に対する衝突被害軽減制動制御装置(AEBS※6)」、「車線逸脱警報装置(LDWS※7)」、「後方視界情報提供装置(バックビューモニター)」、「歩行者に対する衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)」の4項目で71点満点の評価点が与えられる。評価点の合計が12点を超える場合は「ASV+」として認定され、さらに46点を超えると「ASV++」に認定される。
※1 デュアルカメラブレーキサポートは、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、エマージェンシーストップシグナル、ESP(R)をセットで標準装備。(「X」、「Xターボ」、特別仕様車「J STYLEⅡ」、「J STYLEⅡターボ」)「Fリミテッド」はメーカーオプション設定。*ESPはDaimler AGの登録商標
※2 全方位モニターは、メモリーナビゲーション、TV用ガラスアンテナ、ハンズフリーマイク、外部端子[USB・AUX]とセットでメーカーオプション設定。(「X」、「Xターボ」、特別仕様車「J STYLEⅡ」、「J STYLEⅡターボ」)
※3 JNCAP:Japan New Car Assessment Program
※4 ASV:Advanced Safety Vehicle
※5 NASVA:National Agency for Automotive Safety and Victim’s Aid
※6 AEBS:Autonomous Emergency Braking System
※7 LDWS:Lane Departure Warning System
7 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yaya yaya