2017年6月29日 更新

仕事用途だけじゃもったいない軽トラの魅力

作業に使うだけではもったいない、軽トラの魅力

仕事用途だけじゃもったいない軽トラの魅力
 (10963)

定着しすぎた軽トラのイメージ

軽トラック、略して軽トラ。皆さんどのようなイメージをお持ちですか?
農道や漁港が似合いそう、仕事以外には使えなさそう。などのイメージでしょうか?
私も以前はそうでした。
しかし、荷物が積めるだけじゃなく、意外や意外、乗っても楽しいのが軽トラです。
thinkstock (10959)

がんばって積みます。軽トラの積載能力

 (10964)

軽トラといっても、所詮は軽でしょ?荷物はそこまで積めるの?と思われるかしれないですが、意外とたくさん積めるのも軽トラの魅力です。
まず最大積載量は350kgあります。荷台の長さは、車種によっても異なりますが、1900mmくらいまであり、幅は1400mmくらいあります。
今はやりのロードバイクなどの自転車は余裕で積めますので、トランポ代わりに使うのもありだと思います。

積み荷に夢を!使い方はあなた次第

上述したように、自転車のトランポとして使うのも一つの案ですが、それ以外にも、サーフィンや、釣り、キャンプなど、様々な用途に使え、それらの荷物を飲み込んでしまうのが軽トラの魅力です。
特に、汚れていて車内に置きたくない荷物なども、軽トラだとお構いなしです。
でも雨が降った時は?となると思いますが、今は、ホームセンターなどで色々なボックスが売っていたりもするので、それらが役に立つと思います。
thinkstock (10962)

軽トラの走りの魅力

gettyimages (10961)

走り?軽でしょ?と思われるかもしれませんが、実は軽トラ、後輪駆動なのです。
そう、スポーツカーなどでお馴染みの、後輪駆動です。しかもマニュアルトランスミッションの設定ありです。
これで面白くないわけがありません。
もちろん、パワーが無く、乗用車タイプでもないため、高速道路など長距離は、かなり苦手です。それでも、非力な車をマニュアルで楽しむといったことが出来るのも、軽トラの魅力の一つです。
 (10965)

ジャパニーズピックアップトラック

アメリカでは、フルサイズのピックアップトラックが人気だそうです。人気の理由は税金が安いこともあるのでしょうが、もちろんなんでも無造作に積んでしまえるといった理由もあるのでしょう。
大きさは違えど同じような用途に使える、日本の軽トラ。もっともっと流行らせて、クールジャパンの一つとして、盛り上げていきたいですね。

筆者も、子供が独立したら、軽トラでアウトドアデビューしてみようかなと思います。
gettyimages (10960)

17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

木原 充 木原 充