2018年9月7日 更新

Ferrari 488 PistaにSpiderを新設定!720psの最高出力になって、風を感じて走れるモデル!!!

ペブルビーチ・コンクール・デレガンス2018で公開したフェラーリ488 Pista Spider。最高出力も720psとなりV8エンジンの最高峰であると言える同車。このモデルを検証してみます!!!

Ferrari 488 PistaにSpiderを新設定!720psの最高出力になって、風を感じて走れるモデル!!!

フェラーリ 488ピスタスパイダーって???

フェラーリは8月25日、米国で開催の「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス2018」にて、488ピスタスパイダー(Ferrari 488 Pista Spider)を初公開しています。

フェラーリ488ピスタスパイダーは、ペランシングホースから数えて、50番目のドロップトップモデルとなっており、1950年代以来、北米ユーザーは、常に高性能コンバーチブルの熱心な愛好家が多く要ることを考慮すると、米国での初お披露目は当然の選択でもありますね。

元々488ピスタは、フェラーリ至上最もパワフルなV8エンジンを搭載するモデルであり、サーキットで培った技術を惜しみなくつぎ込んだ車両でも有ります。

ピスタとは、イタリア語でサーキットを意味する言葉で、その言葉が名称になってもいます。このモデルにスパイダーが登場すると言うことです。
 (41290)

Ferrari 488 pista Spiderのデザイン等

Ferrari 488 Pista Spiderは、クーペ・バージョンのデザインの自然なアップデートを形作ってますね。フェラーリデザイナーの主な目的は、空力効率、フォームの純度、レーシングスピリットの完璧な結びつきを変えずに表現したかった様です。

コンセプトの中心は、スポイラーの隣にあるリアウィングの先端で終わる、リアの方に向かって拡大する事。更に車の全長を走る特徴的な中央ラインによって強調されていますね。ストライプのこの継続的なラインは、気流の動きを思い出し、車のラインを強めています。
 (41990)

エンジニアリングとしては、フェラーリ488ピスタスパイダーは、488 Pistaから直接派生したもので、488 Challengeと488 GTEでの世界サーキットで集められたすべてのレース経験を集約してパッケージに。

結果として、新しいスパイダーは、サーキットから道路法的なドロップトップカーへの技術移転の最高レベルを提供できるモデルに。

ダイヤモンド仕上げの20インチ新型合金ホイールもFerrari 488 Pista Spider の特徴のひとつです。フェラーリの伝統的なミドシップ・ベルリネッタ・スタイルリムを進化させて、更には星型ホイールを想起させる斬新なデザインの10本スポークホイール。

標準仕様の鍛造合金製よりも 20% 軽量化したワンピースのカーボンファイバーホイールもオプションで設定。
 (41991)

特別シリーズ8気筒のコンバーチブルは、鋭い加速、制動効率、軽快なギアシフト、精密ステアリング、グリップ、安定性、そして優れたハンドリングをシームレスに組み合わせることが可能との事。

完全に魅惑的でかつ前例のない運転へ誘うピスタ。新型の横ダイナミクス制御システムであるフェラーリ・ダイナミック・エンハンサーのおかげで実現されているようです。これにより、オン・ザ・リミットの駆動がより直観的で制御可能で予測も可能に。
 (41992)

Ferrari 488 pista Spiderの内装等

ボディーワーク材料で妥協のないチョイスを行う哲学は、軽量で控えめな部品の使用によって節約されるインテリアソリューションにもフィードバック。

カーボンファイバーとAlcantaraRを多く使用するだけでなく、カーペットはパターン化されたアルミフットプレートで置き換えられており、ドライバーのサイドドアハンドルもシンプルなストラップになりました。
 (40832)

 (41993)

車輌の特性に合わせるように、妥協のない素材を採用したエクスエリア。それだけでなくインテリアも軽量素材パーツの導入とコンポーネントのスリム化が積極的に採用されているとの事。
 (40833)

Ferrari 488 pista Spiderのパワートレイン

エンジン
タイプ:V8 - 90°ツインターボ
エンジン排気量:3902cc
マックス出力:8000rpmで530kW(720cv)
マックストルク:第7速で3000rpmで770Nm

寸法と重量
長さ:4605 mm
幅:1975 mm
高さ:1206 mm
乾燥重量:1380 kg
パフォーマンス 0-100 km / h:2.85s
最高速度:340 km / h

運動性能は、すばやい加速と制動能力、素早いギアシフトを可能新するシステム、正確無比なハンドリング、グリップ、安定性、優れた操舵性といった数々の特性をシームレスに組み合わせることを総合的に行えるモデル。

完全に搭乗者の心を魅了し続ける、これまでに例のないドライビングエクスペリエンスを体感できる模様。これには新ラテラル・ダイナミック・コントロール・システムが、抜群に威力を発揮。フェラーリ・ダイナミック・エンハンサーによって限界域でのドライビング性能をアップグレード。

まとめ

Ferrari 488 pista から待望のスパイダーモデルが登場したと言えるでしょう!米国でのオープンの要望の大きさからしてもペブルビーチ・コンクール・デレガンス2018で初雄披露目したことに納得も出来ますね。

日本のホームページでもど同モデルの公式発表がありました。随時日本へも導入されていくことでしょう。登場が楽しみですね!
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me