2018年5月30日 更新

ポルシェからノーエミッションで500㎞航続のスポーツカーが来襲!その名もミッションE。未来を切り開くクルマとして登場しそうです。

まったく新しい時代を切り開くべくポルシェからミッションEが2019年に登場しそうです。実に燃料を一滴も使用せずに500㎞の航続が可能となっている様です。この未来の車を追いかけて見ます。

ポルシェからノーエミッションで500㎞航続のスポーツカーが来襲!その名もミッションE。未来を切り開くクルマとして登場しそうです。

新型ポルシェ ミッションEのコンセプト

あくなき探究心から未来を切り開き、他メーカーでは類を見ない走行性能と航続距離を有したモデルを登場させること、、、これが今回のポルシェ ミッションEの最大のコンセプトではないでしょうか?

新たなコンセプト・スタディを具現化することで、純電気駆動システムを搭載する E スポーツのあり方と未来、そしてポルシェの名にふさわしい次世代への方向性を決定するパフォーマンスと効率性、ドライビング・ダイナミクスと日常利便性を高次元でミックスさせた革命的なモデルといえるでしょう。

このポルシェEのデザイン・性能等を筆者的に調べて行きたいと思います。

 (31803)

新型ポルシェ ミッションEのエクステリアデザイン

フロントビュー

デザイン責任者であるミヒャエル・マウアーは、このミッションEを911 のように特別なステイタスを得られるようなデザインに仕上げていくことに注視していたようです。

911同様に斬新でありながらも馴染みのあるデザインに仕上がっていること。全体のフォルムとボディ細部のディテールは、見た瞬間に「すぐにポルシェとわかるデザイン」 と感じさせるように作りこんでないといけない。ツッフェンハウゼン製の歴代スポーツカーが受け継いできた特徴を、兼ね備えて登場させたいという思い。

高出力のミッションEは、バッテリー、電気系統を冷却する必要があり、空力的にも重要な役割を果たすエア・ダクトがフロントスポイラーサイドに設置されているのがポイントでもあります。

中でもフロント部分は、ポルシェの歴代レースカーのディテールを大きく映し出しているように見えます。ポルシェマークの鎮座するボンネットデザイン・サイドのフェンダーが大きく盛り上がっているポルシェの独特なディテールが最大のポイントでもあるでしょう。

 (31720)

サイドビュー

まさにサイドからは、ポルシェの往年のスポーツカー的なフォルムが継承されていると考えます。デザインで難しかったと想像するのは、パワートレイン独特の姿勢、つまりポルシェ特有の前傾姿勢。

911等はそもそもRR構造のため前傾姿勢ですが、今回のミッションEは、システム上は前傾姿勢である必要は無いです。しかしながら、フェンダーデザインやピラー角度等のデザインで上手に前傾姿勢になるよう構成されていますね。
 (31721)

リアビュー

重量感とワイドフォルムを感じさせるテールデザインは、まさにポルシェのデザインとあるといえるでしょう。リアの一本線のテールランプデザインの中にポルシェロゴも配置され、往年のデザインを継承しているとも考えます。

サイドエアダクトが大きく開いていますね!フロントで流入したエアを適量を排出することによってホイールハウジング内に発生する過圧を低減できる仕組み。「形態は機能に従う」 というポルシェの理念に基づいているとの事。
 (31722)

新型ポルシェ ミッションEの内装

4人乗りとなっている車内は、やはりポルシェを彷彿させるデザイン。そして4席全てにほぼ同じデザインを適用することでドライバーと同じプレジャーをもたらすようにも設計されているようです。

未来感を感じさせながらもポルシェの伝統をも引き継いでいるシートデザイン・シートカラー・素材ともなっており、ポルシェが未来を切り開くために苦心したことも伺えますね。
 (31724)

非常に開放的な観音開きの空間を演出。伝統にとらわれずに新しいデザインを採用した部分ではないでしょうか?リバーススウィング・ドアと命名されている観音開きを開けると、そこにはポルシェの伝統ではなく、最新のポルシェをうかがい知ることが出来るとの事。
 (31723)

ドライバーの着座位置に合わせて視差効果を利用しながら表示を自動調整してくれる5連メーターは、アイ・トラッキング・システムと呼ばれており、ドライバーの目線を常時センサーが感知し最適な表示角度・照度となるようです。

ステアリングの位置を気にすることなくメーター表示がされ、ドライバーの機嫌さえも把握・学習していくという優れもの。
 (31725)

新型ポルシェ ミッションEのパワートレイン

総合システムとしての最高出力は驚きの 600 PSを達成。ミッションEが新しいスポーツカーであることを証明している最高出力。

高出力化による高温化にもミッションは、対応しており、新しいターボシステムとも呼べるものを開発。従来のEVやハイブリッド程度の温度上昇に抑えられているとのこと。

下図を参考に
①・②において2 基の電気モーターが、稼動して4WD。③で800V 仕様のリチウムイオン電池をアンダーフロアに装備。④が、充電コネクター部分。

15分の急速充電にて400㎞の航続が可能となり、完全充電で500㎞の航続距離というスポーツモデルでも現代のEVでも高スペックな仕様であると考えます。
 (31726)

まとめ

2015年に一度モーターショーでお目見えした際に、ポルシェでもミッションEの市場投入は2020年までにと示唆していました。

現在、販売スタートを2020年よりも早めていくかどうかは、インフラの整備耐性等も重要となっている様です。モデル自体は、ほぼ完成しているとの情報もありますし、ポルシェホームページでも公開が進んでいます。

早い登場を楽しみにしていたいと筆者は思います!
25 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me