2017年3月27日 更新

トヨタ新型プリウスPHV発売!納期がヤバイことに…ソーラーは半年待ち?!

発売が延期に次ぐ延期となっていた新型プリウスPHVですが、2017年2月15日についに正式発売日を迎えました! 先代プリウスPHVより格段に魅力を増した新型プリウスPHVには注目が集まっています! 今回はそんな新型プリウスPHVの価格情報やグレードごとの裝備を詳しく見てみたいと思います。

トヨタ新型プリウスPHV発売!納期がヤバイことに…ソーラーは半年待ち?!

新型プリウスPHVの価格は3,261,600円〜

まずは、トヨタ新型プリウスPHVのグレード展開と価格からご紹介します。

ベースグレードとなる新型プリウスPHV「S」が3,261,600円からとなります。

新型プリウスPHVのSグレードが326.1万円という価格は、素のプリウスのSグレードの247.9万円から約78万円ほどの値上がり幅となります。

これを高いと取るか、妥当と取るかですが、新型プリウスPHVには、大容量化されたリチウムイオンバッテリー、プラグインシステム、CFRP素材のリアハッチを含む専用のエクステリア、LEDヘッドライト(アダプティブハイビーム付き)、トヨタセーフティセンスPなどが最初から含まれるので、それらを考慮すると高すぎる値上げ幅ではないと思います。

新型プリウスPHV「S」の主な装備は以下の通り↓

・トヨタセーフティセンスP
・LEDヘッドランプ
・アダプティブハイビーム
・リアスタビライザー
・グリルシャッター
・リアLEDナンバー灯
・ドアロック連動ドアミラー
・スマートエントリー(全ドア)
・ヒートポンプ式オートエアコン
・リチウムイオンバッテリー

などとなります。

ベースグレードとは言え、トヨタセーフティセンスPが標準装備となります!
また、LEDヘッドランプも標準装備。
さらにアダプティブハイビームシステムも標準で備わり、対向車を認識し、そこだけ遮光してくれるものになります。
プリウスにはもちろん、C-HRにも用意がない裝備となり、それらがベースグレードのSに標準装備というのはスゴイですね!
TOYOTA、プリウスPHVをフルモデルチェンジ | トヨタグローバルニュースルーム (3122)

先代プリウスPHVは素のプリウスと全く同じ見た目だったが、今回の新型プリウスPHVは素のプリウスとはシルエットこそ同じだが、フロントもリアも全く違うデザインとしてデビュー。
どう見ても、こちらのほうがカッコイイので、トヨタとしては新型プリウスPHVのほうを売りたいのかもしれない。
TOYOTA、プリウスPHVをフルモデルチェンジ | トヨタグローバルニュースルーム (3123)

バックドアには、個性ある造形と軽量化を可能にしたTOYOTAブランド初となるCFRP素材のダブルバブルウインドゥが採用されているが、一説によるとこのパーツのおかげで発売が延期になったとか…
TOYOTA、プリウスPHVをフルモデルチェンジ | トヨタグローバルニュースルーム (3124)

今回の新型プリウスPHVの一番の魅力は、評判の悪かったプリウスのデザインと差別化したエクステリアにあるかもしれない…。
TOYOTA、ニューヨーク国際オートショーにフルモデルチェンジ予定のプリウスPHVを出展 | トヨタグローバルニュースルーム (3045)

新型プリウスPHVに採用されたアダプティブLEDヘッドライトは、トヨタ車の中ではまだ珍しい。
クラウンやアルファードにもまだ導入されていない。

「Sナビパッケージ」は3,666,600円~

ベースグレードのSには、今回の目玉となる11.6インチ縦画面の大型ナビが含まれていません。
それを装備するには、

「Sナビパッケージ」3,666,600円にする必要があります。
Sナビパッケージには、

・11.6インチT-CONNECTナビ(DCM付き)
・急速充電口
・LEDフォグランプ
・ドアミラーヒーター
・内装サテンメッキ
・バックカメラ
・USB、AUX端子

が含まれ、素のSグレードから40.5万円の値上がりとなります。
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/11435955/ (3091)

今回の新型プリウスPHVの目玉となる11.6インチT-CONNECTナビは、DCM(車載の通信端末)が内蔵されており、レクサスのG-Link同様のサービスが最初から受けられる。
24時間365日通話可能な有人オペレーターサービス、地図のリアルタイム更新など、レクサスではお馴染みのサービスを享受することが出来る。
しかも嬉しいことに、他のT-CONNECTナビの1年無料とは違い、新型プリウスPHVでは3年間無料だ!!
via http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/11435955/

ソーラー充電システムは「S」にだけオプション装着可能!

TOYOTA、プリウスPHVをフルモデルチェンジ | トヨタグローバルニュースルーム (3121)

ソーラー充電システムは、ベースグレード「S」にのみのオプション設定となります。

上位グレードの「A」や「Aプレミアム」にはソーラー充電システムは装着不可となるのでご注意を。

こちらのソーラー充電システムのオプション価格は280,800円と高価ながら、日光が当たっていれば半日のソーラー充電で3kmほどのEV走行が可能になるとのこと!

日常ちょい乗りで使っている人にとっては、ソーラー充電だけでまかなえてしまうかもしれませんね。
ちなみに、ソーラー充電だけで年間1000kmくらい走れる計算だそうで、日々ちょい乗りしかしていない私にとってはこれは相当魅力的です(笑)

ただ、オプション料金28万円分を回収するには何年乗れば良いのかを考えると、元を取るには相当走らなければならずあまり現実的ではありません。

【プリウスPHV】ソーラー充電システム

ソーラー充電システムは、ガソリンの給油回数を減らすメリットと、震災のような非常時になったときに効果を発揮する転ばぬ先の杖的なオプションとも言える。

中間グレード「A」は3,807,000円〜

続いて中間グレード「A」が3,807,000円からとなります。

主な装備は、「Sナビパッケージ」に加えて

・ブラインドスポットモニター
・インテリジェントクリアランスソナー
・インテリジェントパーキングアシスト
・ソフトパッド付きドアトリム
・イルミネーテッドエントリーシステム
・フロント足元ランプ

が加わります。
Aにしておけば、「11.6インチ T-Connect SDナビゲーションシステム」も最初から装備されています。
しかし、400万円近い車両本体価格にも関わらず、シートは手動のままとなります。
パワーシートにするには、「Aレザーパッケージ」を選ぶ必要があります。

「Aレザーパッケージ」は4,066,200円~

「A」から26万円ほどの値上がりとなる「Aレザーパッケージ」には

・本革シート
・運転席パワーシート
・合成皮革巻き後席中央アームレスト

が加わります。
しかし、残念なことにパワーシートは運転席のみとなります。
400万円からの車両本体価格を考えると、助手席もパワーシートになっていて欲しかったですね。
TOYOTA、ニューヨーク国際オートショーにフルモデルチェンジ予定のプリウスPHVを出展 | トヨタグローバルニュースルーム (3094)

シートカラーはクールグレーとブラックの2種類から選べる。

最上級グレードの「Aプレミアム」は4,222,800円〜

新型プリウスPHVで最上級グレードとなる「Aプレミアム」は、「Aレザーパッケージ」に加えて、

・雨滴感知ワイパー
・ヘッドアップディスプレイ
・自動防眩ルームミラー
・AC100Vコンセント&ヴィークルパワーコネクター
・ナノイー

が装備されます。
ここまでくると、価格も含めて高級車のレンジに入ってきますが、雨滴完治ワイパーや自動防眩ミラーがAプレミアムにしか装備されないのは疑問です。
雨滴完治ワイパーなどはコンパクトカーですら装備されていますからね。
トヨタ プリウスPHV | 性能 | 充電・給電 | トヨタ自動車WEBサイト (3096)

付属されるヴィークルパワーコネクターを普通充電インレットに挿し込めば、家庭用とまったく同じ100Vの外部給電用コンセントに早変わり。
合計1500Wまで対応するので、消費電力の大きな家電製品も安心だ。

気になる新型プリウスPHVの納期は半年!?

2017年2月15日に発売された新型プリウスPHVですが、受注は順調のようです。
発売前の予約の段階から、ソーラールーフをオプション裝備したベースグレード「S」にあたっては、納期はすでに半年待ちだそうです。

一方、それ以外のグレードでは、2ヶ月程度で納車可能とのこと。
ソーラールーフは生産にも工数がかかる上、ソーラールーフ装着に人気が集まっているので納期は絶賛伸びまくりだそうです。
今後はさらにその傾向が強くなりそうですね。
TOYOTA、ニューヨーク国際オートショーにフルモデルチェンジ予定のプリウスPHVを出展 | トヨタグローバルニュースルーム (3105)

ソーラー充電システム装着車の納期は半年以上!

一方でそれ以外のグレードならば2ヶ月程度とまだそれほど納期は伸びていない(2017年2月現在)。

新型プリウスPHVの値引きは10万円がいいとこ?

新型プリウスPHVの値引き状況ですが、まだ発売されたばかりなので相当渋いです。
7万~10万円引き出せたら御の字ではないでしょうか。

車両本体価格からの値引きは難しいですが、コーティング無料サービスやディーラーオプションの割引販売などを交渉すると良いでしょう。

延期に次ぐ延期からようやく発売となった新型プリウスPHV、購入をご検討中の方はお近くのトヨタディーラーに足を運んでみてはいかがでしょうか?
新型プリウスPHVの価格は326.1万円から!見積もりました!高いけど納得感はある!値引きや納期は? | ワンダー速報 (3104)

ベースグレード「S」なら、コミコミ価格でもギリギリ400万円以内に収まる。

素のプリウスでも上位グレードは400万円近い価格になるので、そこまで出すなら新型プリウスPHVを検討しても良いのではないだろうか。

【プリウスPHV】試乗インプレッション(EV走行 性能篇)

【プリウスPHV】試乗インプレッション(EV走行 モード篇)

【プリウスPHV】太陽光篇 90秒

【プリウスPHV】特別先行試乗会 体験者の声 スペシャルムービー

31 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部