2017年7月6日 更新

ダイハツタントはナゼ売れてる?試乗インプレ【3】後席・ラゲッジ編

軽自動車販売ランキングでも常に上位をキープするダイハツのハイトワゴン「タント」。 その人気の秘密に迫りました!今回は前回のエクステリア編・内装編に続いて、後席・ラゲッジ編をお届けします。

ダイハツタントはナゼ売れてる?試乗インプレ【3】後席・ラゲッジ編
 (9683)

前回までの記事はコチラ↓

タントの後席を見てみましょう

今回試乗させていただいたのは、タントのNAモデル、X "SA Ⅲ”というモデルです。
車両本体価格はFFで1,420,200円となっています。

タントは、ベースグレードのLが1,220,400円となっているので、もっと安い価格からエントリーできるのが嬉しいですね。
 (9651)

タントは両側スライドドアのハイトワゴンなので、運転席側のスライドドアはこのように開きます。
試乗車のXには助手席側のスライドドアはパワースライドドアになっていますが、運転席側のスライドドアは手動です。
 (9652)

後席足元はこの広さ!
助手席を前にスライドさせればA型ベビーカーが畳まずに置けるとのことですが、さすがに広々としていますね。

余裕で足を組むこともできます。
 (9653)

下手の普通車よりもよっぽど広々していますね。

運転席のシートバックにはポケットがたくさんついていました。
 (9663)

スマホなどをヒョイと入れておくには便利ですね。

後席窓にはサンシェードもついていました。
日差しを遮るには重宝しますね。
 (9654)

サンシェードは標準装備だとか。
女性には嬉しいですね!

タントの助手席シートは、前に倒すとテーブルとして使うことができます。
 (9655)

後部座席側からでも倒すことができるのでとっても便利。
タントが営業車だったら、後部座席でお弁当食べれますね(笑)

そして忘れてはならないのが、タントには他の車にはないスペシャルな魅力「ミラクルオープンドア」があります!
 (9656)

助手席側のドアと後席スライドドアの間のピラーが無く、すべて開放することができるのです!
これはすごいですよね。

助手席を畳んで、前にスライドさせればA型ベビーカーを畳まずに積めるそうです。
 (9672)

助手席を前に最大限スライドできるように、インパネ下部がくり抜かれたようなデザインになっていたのですね。
 (9657)

ミラクルオープンドアを外から見るとこんな感じの大開口部となっています!
こんな車、タント以外に存在しませんよね!
日本の軽自動車すごいなぁ。ダイハツさんスゴイなぁ。
 (9658)

ベビーカーを折りたたまずに乗せられたり、傘を指したまま車に乗り込めたりと、まさにミラクルなドアです。

助手席ドアも90度まで開くので乗降しやすいですね。
 (9659)

タントは、シートアレンジも多彩です。
後席をダイブダウンするとフラットな荷室になります。
 (9660)

助手席も前に倒れるので、長尺物を載せることもできますね。
これだけ魅力満載なのだから、売れるのも納得です。
 (9661)

後席使用時のラゲッジスペースはさすがに狭いです。
 (9662)

ラゲッジアンダーボックスには、工具やちょっとした収納スペースになっています。

まとめ:ライバルにないミラクルオープンドアと助手席の使い勝手が便利!

やはりタントの魅力はミラクルオープンドアと助手席の使い勝手が抜群でした。
私も噂には聞いていたのですが、ちゃんと見たのは今回が初めてで。
これほどまでに使い勝手の良いシートアレンジだとは思っていませんでした。
感動モノですね。

先代タントからさらに進化して、両側スライドドアになり、使い勝手も向上している3代目タント、では走りの実力はどうなんでしょうか?

次回は、ドライブフィールをインプレッションしたいと思います。
お楽しみに!

ダイハツタントが気になっている方は、お近くのダイハツディーラーに足を運んでみてはいかがでしょうか?
37 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部