2018年1月19日 更新

【日産】デトロイトモーターショー2018で新型コンセプトモデルとなる「Xmotion(クロスモーション)」を世界初公開!

日産自動車は1月15日に、アメリカで開催されているデトロイトモーターショー2018で新型コンセプトモデルとなる「Xmotion」を世界初公開したことを発表しました!

【日産】デトロイトモーターショー2018で新型コンセプトモデルとなる「Xmotion(クロスモーション)」を世界初公開!

目次

Introducing the Nissan Xmotion concept, design bridging tradition and technology

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)は15日、2018年北米自動車ショーで、コンセプトカー「Xmotion(クロスモーション)」を世界で初めて公開しました。

「Xmotion」は、伝統的な日本の熟練の技と最新のテクノロジーといった異なる価値、時代、次元をつなぐようデザインされた3列シートのSUVで、2020年以降の日産ブランドデザインの方向性の一つを示唆しています。相対する考え方や性質をそれぞれ明確に表現しつつ、うまく共存させることで、同車は静かでありながらダイナミック、穏やかでありながらエモーショナル、洗練されていながらタフなクルマとなっています。

日産自動車は1月15日に、アメリカで開催されているデトロイトモーターショー2018で新型コンセプトモデルとなる「Xmotion」を世界初公開したことを発表しました!

今回発表されたコンセプトモデル「Xmotion」では、技術の日本として世界にも誇る職人による技と、プロパイロットなどの自動運転技術に目覚ましい日産らしい最新テクノロジーを掛け合わされており、ボディー形状は世界で今最も熱いと考えられるSUVの3列シート仕様です。

これまでの日産のように、一目で日産らしさを感じさせるVモーションを取り入れられたフロントフェイスでありながら、ヘッドランプ形状などより力強く、それでいてシャープな印象を与えるものへと昇華されております。

また、インテリアに採用されている木組みの表現など斬新さとまとまりを感じさせるデザインで、日本らしい和と同時に和みを与えてくれる室内空間は一見の価値ありです。

車両を紹介する日産のPVは上記にありますので、まだご覧になっていない方は一度ご覧ください!

今後、このクロスモーションをベースとしたエクステリアやインテリアの車両が登場する可能性がありますが、近場の話をするのであれば、新型ジュークや新型キューブなどの登場に2018年は期待が寄せられています。

毎年登場が期待されながらも、昨年は残念ながら情報があまり上がることのなかったシルビアも日産ファンとしては待ち遠しい1台ではないでしょうか?

今後の、これらの日産車両の情報を取り上げてきますので、日産の次なる朗報をお待ちください!
5 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部