2018年10月19日 更新

日産「セレナ」の特徴とは!?購入前に見ておきたいポイントなどは?

今や先進技術が進み、自動運転技術を採用しているメーカーが増えてきています。 どのメーカーも様々な最新技術を採用していることから、いかに個性的で優れた魅力を出せるかが人気を生み出す鍵となってくると思います。例えばホンダの「シビック タイプR」の新型などは、未来的なデザインを醸し出しつつ、スタイリッシュで嗜好性の高いデザインにもなっています。 そして、日産の先進技術「日産・インテリジェントモビリティ」の搭載された、今や代表的なミニバンの印象が強いのは「セレナ」であると思います。 今回はそのセレナについて、購入前の参考となるような魅力を紹介していきたいと思います。

日産「セレナ」の特徴とは!?購入前に見ておきたいポイントなどは?

日産「セレナ」の歴史を紹介します。

セレナ 初代モデル(1991年〜1999年)

セレナ 初代モデル(1991年〜1999年)

日産セレナは、1991年から販売されているミニバンです。初代モデルは現行型のセレナのイメージとは思えないほど、小ぶりなボンネットを持つセミキャブオーバーの外観だったことが分かります。
日産・バネット 4代目後期型

日産・バネット 4代目後期型

かつて日産自動車から発売されていた、フルキャブオーバータイプの自動車「バネット」のワゴン&トラック版の「コーチ」というモデルのフルモデルチェンジ版が「バネットセレナ」として販売開始されるようになったのです。
セレナ 3代目モデル

セレナ 3代目モデル

そして、2005年に販売されたセレナ3代目の登場から現行型のセレナに外観が近づいてきたと言えます。

新型セレナの特徴や走行性能は??

日産:セレナ [ SERENA ] ミニバン/ワゴン | 外観・内装 (48049)

一度は乗ってみたいと思わせるほどにダイナミックで力強そうなデザイン、そして誰からも親しまれそうな代表的なミニバンの存在である印象を持たせてくれます。

ボディの特徴と13色のカラー

セレナには2トーンのボディカラーを選択することができ、ブルー、ベージュ、アズライトブルー、レッド、シルバー、ホワイト、ミントホワイト、レッド/ブラック、ホワイト/ブラック、ブラック/シルバー、カシミヤグレージュ、インペリアルアンバー、ブラックの13色が存在しています。
価格.com - セレナ 2016年モデル の製品画像 (48053)

ボディの塗装はスクラッチシールドにより、洗車時についた小さい傷も、時間の経過とともに修復してくれるのです。ですので、車は大切に使うことで、長い期間でも新車のような輝きを魅せることができるのかと思います。

先進技術の搭載された「セレナ」の走行性能はいかに!?

セレナの特徴の一つとして、「e- power」が搭載されています。100%モータードライブによってなめらかな走りと力強い加速を実感できます。
日産:セレナ [ SERENA ] ミニバン/ワゴン | 走行性能 (48057)

また、アクセルペダルだけで加減速を行うことができる「e-POWER Drive」も搭載されています。

そして、この機能には日常で走行するのに最適な「Normalモード」、カーブの連続する道や右左折の多い交差点などで、レスポンスの良い走りが欲しい時の「Sモード」、渋滞中に優しい運転をしたい時の「ECOモード」、深夜の住宅街などでエンジン音を消して走りたい時の「マナーモード/チャージモード」があるのです。

また、雪道や坂道でもアクセルペダルだけで加減速を行い、安心できる走行を実現させています。

また、S-HYBRID車は17.2km/L、e-Powerは26.2km/Lという数値を出しています。

セレナの「プロパイロット」

価格.com - セレナ 2016年モデル の製品画像 (48060)

これらの技術は車種によって搭載されている機能が異なっていることもあるのですが、一つ一つの特徴が、走行技術にとても大きな影響を持たらす仕組みとなっております。

環境を汚染したり、気候を混乱させる廃棄物を排出しないエンジン、モーター、仕組みに取り組むゼロ・エミッション(zero emission)と事故と不幸を減らす目的のゼロフェイタリティを進める内容のことを言います。

その中の「プロパイロット」がセレナには搭載されています。

高速道路での先行車に自動で追従するシステムや、加速減やステアリング操作を自動で行うことにより、ストレスの無い快適な走行を実感しやすくなったのです。

まとめ

セレナには基本性能だけでなく、雪道や交差点の多い街中、カーブの多い山道などでも安定して走行できる走行性能も魅力的です。

また、アイドリングストップ機能が付いていたり、室内の長さと幅がミニバンクラスでNo.1を誇るゆとりある室内空間で過ごすことができるので、安全性や利便性、快適性を大きく感じることができる車であると思います。

また、4WD仕様のグレードなどもあるので、楽しみ方を選ぶことができるミニバンであるとも思います。
23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan