2018年4月22日 更新

アルファード・ヴェルファイア30系 マイナーチェンジ情報 どこがアップグレードするのか?

トヨタのフラッグシップミニバンが、アルファード・ヴェルファイアです。大空間高級サルーンとして開発され続けております。この2車種が、2017年中にマイナーチェンジすることが予想されます。マイナーチェンジ情報をお伝えしたいと思います。

アルファード・ヴェルファイア30系 マイナーチェンジ情報 どこがアップグレードするのか?

今回のマイナーチェンジで次世代トヨタセーフティセンスの搭載予定

現在トヨタでは、一部車種(共同開発車)を除く、全車種にセーフティセンスを2017年度末までに搭載することを掲げております。
今回のアルファード・ヴェルファイアが、マイナーチェンジをした際には、このセーフティーセンスの搭載は確実となっております。
昨年2016年にアリオン・マークX・エスティマ等のマイナーチェンジ等でも搭載されました。

今回のアルファード・ヴェルファイアからトヨタセーフティセンスPの更に進化版が搭載される模様です。
トヨタ トヨタの最新技術 | 安全技術 | Toyota Safety Sense P | トヨタ自動車WEBサイト (10686)

トヨタセーフティセンスにはPとCとがあります! 違いは・・・

まずは、セーフティセンスC
①プリクラッシュセーフティシステム→警報、ブレーキアシスト、自動ブレーキで衝突回避、軽減をする機能。
②レーンディパーチャーアラート→車線逸脱時にブザーで知らせる機能。
③オートマチックハイビーム→夜間の暗さの状況で自動的にロービーム・ハイビームが切り替わる機能。

主にコンパクトカー向けに搭載されるセーフティセンスC

今回のアルファード・ヴェルファイアの次世代セーフティセンスは?

上級車向けに搭載されているセーフティセンスP
PとCとの大きな違いは、レーダークルーズコントロールと歩行者検知システムが付いているかついていないかということになります。

今回アルファード・ヴェルファイアにはセーフティセンスPをベースにさらに進化した次世代型トヨタセーフティセンスが搭載になる予定です。

セーフティセンスPの機能は…

①プリクラッシュセーフティシステム→警報、ブレーキアシスト、自動ブレーキで衝突回避、軽減をする機能。
②レーンディパーチャーアラート→車線逸脱時にブザーで知らせる機能。
③オートマチックハイビーム→夜間の暗さの状況で自動的にロービーム・ハイビームが切り替わる機能。
上記のセーフティセンスCの機能に加えて
④レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)→レーダーからの情報で先行車認識し設定した車速内で車速に応じた適切な車間距離を保ちながら追従走行ができます。
⑤プリクラッシュセーフティシステムに歩行者検知機能が追加装備

ですが、それに加えて標識認識システムやアダプティブハイビームシステムも搭載される模様。
レクサス顔負けの機能になります。
トヨタ ランドクルーザー | 安全装備 | Toyota Safety Sense P | トヨタ自動車WEBサイト (10694)

外装やインテリアは、どの位変わるのでしょうか???(予想)

まず、外装。
バンパーやグリルの意匠変更は、行われると考えます。
大きな注目点としては、先日販売されたC-HRで採用された流れるウィンカー(シーケンシャルウィンカー)が、搭載されるのではないかと考えます。

内装の変更点。
スイッチ類やインパネの位置変更は、より使いやすい位置に変更になるでしょう。
内装の大きな点は、エスティマで採用された3列目のシートが、ボタン1つで格納する機能が追加されるのではないかと考えます。
トヨタ C-HR | 札幌トヨペットWEBサイト (10703)

C-HR流れるウィンカー動画

ここで、歴代のアルファード・ヴェルファイアを思い出して見ましょう!

平成14年5月にアルファードG・Vが、初めて登場しました。トヨタの本格的フラッグシップミニバンとしてのがスタートした時です。
その後、平成15年にハイブリットの販売もスタートしました。これが初代アルファード10系となります。
平成20年5月に2代目アルファード・初代ヴェルファイアが、販売開始されました。いわゆる20系です。
勿論ハイブリッドの設定もございました。
平成27年1月に3代目となるアルファード・ヴェルファイアが、販売開始されました。30系と呼ばれる現行車です。
当然ハイブリッドの設定はございます。
トヨタのフラッグシップ・高級ミニバンでしたので1世代辺りの販売期間が6年前後と長くなっております。
10系、20系ともにこの期間の間に色々なオプション・特別仕様車も設定されました。
今後、30系アルファード・ヴェルファイアもそのような軌跡をたどることが考えられます。
トヨタ・アルファード - Wikipedia (10707)

トヨタ・ヴェルファイア - Wikipedia (10708)

今回のマイナーチェンジでは、トヨタが早急に推し進めている安全装備のアップグレードと外観・内装の変更が主なものになると考えられます。
価格もこのアップグレードの関係で15万前後の上昇となる予想です。安全装備の追加や外装・内装の追加が標準装備となっていたとしたらそんなに高い設定ではないと考えます。
トヨタの高級ミニバンが、今回のマイナーチェンジでどれくらいアップグレードするのか楽しみです!!!
25 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me