2017年4月10日 更新

スズキ新型ワゴンRスティングレイ試乗しました!ラゲッジや後席の評価は?

2017年2月にフルモデルチェンジを行った、スズキの軽自動車ワゴンRのターボモデル、ワゴンRスティングレイに試乗しました!その模様をレポートします!3回目の今回はラゲッジや後席の実用性をチェック!

スズキ新型ワゴンRスティングレイ試乗しました!ラゲッジや後席の評価は?

収納はスズキの他の軽自動車同様、小ワザが効いてる

前回記事では新型ワゴンRスティングレイの運転席周りをお届けしたのでその続きとして、後席やラゲッジスペースを見てみましょう。

前回記事はこちら↓
前回はインパネ周りをお届けしましたが、その続きとしてインパネ下部にはシガーソケットと運転席シートヒーターのスイッチが付いていました。
 (5523)

シートヒーターのスイッチはちょっと下すぎる気もしますが。


続いて、運転席のアームレストを見てみましょう。
 (5524)

こちらは収納になっています。
 (5525)

ちょっとした収納ですが、有るとありがたいですよね。
下位グレードには収納なしのアームレストになります。

可動式のアームレストなので、細かいものなどを入れると中で散乱してしまうので注意です。


続いて、新型ワゴンRスティングレイの助手席のほうを見てみましょう。
 (5526)

直線基調でカッコイイインテリアデザインだと思います。
男性的なデザインですね。

ダッシュボード上部はティッシュボックスくらい置けそうなトレーになっていて、ドリンクホルダーも備わります。
 (5527)

グローブボックスはこんな感じです。
収納力は意外とありますね。


続いて、助手席のシートを持ち上げると、シートアンダーには取っ手付きのトレーが存在します。
 (5528)

こちらは取り外し可能で、靴などの汚れ物を置いておくにも便利そうです。
デッドスペースの有効活用ですね。

続いて、新型ワゴンRスティングレイの後席も見てみましょう。
 (5529)

一見するとスライドドアのように見えますが、普通のヒンジドアです。
 (5530)

後席ドアを開けると、そこには今までの軽自動車にはないアイデア収納が!!
 (5531)

置き場に困る傘をスマートに収納できるスタンドが、軽自動車初(普通車でも初?)裝備されています!
これは便利だ…
すべての車に導入してほしいくらいです(笑)
 (5532)

濡れたままでも雨滴が下に落ちるようになっているので、車を濡らさなくて済むのは良いですね。

そして、新型ワゴンRスティングレイは後席ドアの内側も質感を担保していました。
 (5533)

ウインドウスイッチ台座もピアノブラック調のパネルが付いていて、下手な普通車よりいい感じです。


続いて、新型ワゴンRスティングレイの後席シートも見てみましょう。
 (5534)

いや~、まさかこんなに広いとは!
コンパクトな外観からは想像もできないくらい、足元空間が広いです!
 (5535)

実際に座ってみましたが、膝前には拳3つ以上の余裕があり、足も組めるほどです。
下手な普通車よりも全然広いですね!
こりゃ軽自動車が売れるわけだ。
 (5536)

新型ワゴンRスティングレイの後席シートは、リクライニングも多少できます。
この多少の角度が意外と重要だったりします。
シートバックも短すぎず、後部座席でも快適に座れそうです。



続いて、新型ワゴンRスティングレイのラゲッジスペースも見てみましょう。
 (5537)

新型ワゴンRのバックドアは、大きすぎず開閉も楽ちん。
バックドアがやたら大きな車もありますからね。
後席シートを後端までスライドしているときのラゲッジスペースはほとんどありませんが、これはどの軽自動車でも同じですね。
 (5538)

ラゲッジアンダーにはちょっとした空間があり、そこには発泡スチロールで作られた収納スペースになっています。
無塗装発泡スチロールというのはかなり割り切ってますね。
滅多に開けないからそれでも良いと言えばいいですが、汚れも目立つのでせめて黒っぽい色なら良いのに。とも思います。
 (5539)

後席シートをダイブダウンさせて収納すると、ラゲッジスペースは低くて広い空間に早変わり。
足を伸ばして寝れるほど広くはありませんが、ちょっとした荷物の収納などには十分すぎるほどの空間があります。
軽自動車って本当に便利だなぁと関心しきり。

まとめ:実用性は十分!質感もイイ!あとは価格だけか…

と言った感じで、新型ワゴンRスティングレイのエクステリアと内装を3回に渡ってお届けしましたが、いかがでしたか?

最新の軽自動車なだけあって、ヘッドアップディスプレイなどの先進裝備や安全装備、そして質感面でもとても高く、今の軽って本当にすごいな…と感心しきりでした。

なにより後席が広い!
かんたんなシートアレンジで荷室も広い!
そして燃費も取り回しも良ければ、そりゃ売れるわけだよと。

ただ、新型ワゴンRも最新の販売ランキングではモデルチェンジ直後にも関わらず、爆発的に売れているわけではないようです。
上記記事でも書いてありますが、新型ワゴンRはモデルチェンジ直後にも関わらず、先月からランクダウンしていました。
意外と売れてないのかしら…?

そんな新型ワゴンRスティングレイですが、次回以降では試乗ドライブフィールのレポートをしたいと思います!

お楽しみにー^^

45 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部