2019年10月31日 更新

メルセデスAMG A35 4マチック セダンが予約受注開始に!

メルセデスが、ハイパフォーマンス コンパクトセダンとなるAMG A35 4マチック セダンの販売を開始して、10/25から受注スタートとなりました。同モデルの納期は、12月以降となりそうです。エクステリアや内装等の特徴をご紹介します。

メルセデスAMG A35 4マチック セダンが予約受注開始に!

メルセデスAMG A35 4マチック セダンの概要等

メルセデス・ベンツ日本株式会社(社長 上野金太郎、本社 東京都品川区)は、「メルセデスAMG A 35 4MATIC セダン」(以下、A 35 4MATIC セダン)を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて、10/25より注文受付を開始ししました。ユーザーへの納車は、本年12月以降を予定しています。
 (68701)

メルセデスAMG A35 4マチック セダンのエクステリア等

エクステリアデザインは、メルセデス・ベンツモデルの AMGモデルをベースに、メルセデスAMGモデルならではの高いパフォーマンスを積極的に取り入れています。フロントでは、新ディテールとなるダイヤモンドグリル、大きなダクトディテールをもつフロントバンパーのダイナミックな存在感が最大の特徴です。

ヘッドライトのシャープなデザインからリアへのサイドラインがエモーショナルに仕上がったセダンフォルムになっています。最新デザインコンセプトによって、スポーティで上品な仕上げにすることで、新世代メルセデスのコンパクトセダンに華やかさを追加していますね。

リアには、小さめのトランクリッドスポイラーが装着され、専用デザインの大型リアディフューザーとクローム仕上げで円形デュアルエグゾーストエンドによって、セダンをスポーティでハイパフォーマンスに変化させるダイナミックなデザインに昇華しています。

車両価格
メルセデス AMGA 35 4MATIC セダン右 2000㏄ L4 直噴ターボ ¥6,380,000円
 (68702)

メルセデスAMG A35 4マチック セダンの内装等

インテリアでは、上質な快適さ、洗練されたスポーティネスをもたらすインテリアに、快適性に優れたゆとりある室内空間をコンセプトに開発されています。シートは、長距離移動でも疲労の少ない人間工学に基づいて設計されています。シンプルで美しいディスプレイ、さらには先進的なデザインのダッシュボードが魅力的ですね。

隅々にまであしらわれた上質な素材は、次世代の快適でスポーティな空間を作るために積極的に採用されています。また内装は、セダン要素としながらもハイパフォーマンスとなるように仕上げられています。コックピットディスプレイは、スーパースポーツを含む3つのAMG専用の表示スタイルが選択でき、ユーザーの高揚感をアップさせますね。

標準のフロントシートは、ヘッドレストとバックレストが一体化したセミバケットタイプのスポーティなデザインとなっていて、AMGパフォーマンスパッケージをチョイスすると、Mercedes-Benz–A Daimler Brandサイドサポートを高くした、メルセデスAMGのトップモデルに採用される「AMGパフォーマンスシート」が装備されます。
 (68703)

メルセデスAMG A35 4マチック セダンのパワートレイン等

パワートレインは、瞬時に溢れ出すパワーと高度な環境性能を両立する2000㏄ 直列4気筒直噴ターボエンジン(エンジン型式 M260)が搭載されています。

このユニットは、瞬時のレスポンスをもたらすツインスクロールターボチャージャー、電子制御ウェイストゲートを採用しています。あふれ出すパワーをドライバーの意のままに操作できるように仕上げられ、街中から高速道路まで、俊敏で力強いドライビングが愉しめる仕様です。

CONICSHAPE®ホーニングが、シリンダーのフリクションを低減させ、吸気側バルブリフトを2段階で可変することでCAMMTRONICが燃料消費の低減と高出力を高次元で成し得ています。

組み合わされるミッションは、AMG スピードシフト DCT 7 速デュアルクラッチトランスミッションです。全速度域でのきわめて自然な加速性能になり、素早いシフトとシフトアップ時の最適なギアのつながりが得られるようにチューニングされ、俊敏、かつダイナミックで気持ちの良い加減速を可能にしています。
 (68704)

フレームでは、フロントセクションのねじれ剛性を強化するために、アルミニウムのプレートをエンジンルーム下部に新設定しています。アンダーボディ前部に追加した2本のブレースも、ねじれ剛性を高める仕様です。 フロントにはマクファーソンストラット式サスペンションが採用され、リアにはマルチリンクサスペンションが搭載されています。

リアのマルチリンクは、サブフレームを介してボディにリジッドマウントされた仕様です。リアホイールには、横方向のアーム3本とトレーリングアーム1本、それに実績がある先代メルセデス AMG A 45 4MATIC のホイールキャリアとベアリングが起用されています。これらの装備で走行安定性を高めています。

オプション装備となる「AMG RIDE CONTROL サスペンション」は、サスペンションを制御する3つのモードをドライバーが選択することが可能です。快適志向からスポーツ性を強調したものまで、それぞれ異なるセッティングが出来ます。

強化ブレーキシステムは、耐フェード性に優れ、制動距離も短縮されるようにセッティングされています。サイズは、実績ある先代 A 45 4MATICのものと同一で、フロントには、新型モノブロック対向4ピストンキャリパーと 350mmディスク、リアには、4ピストンフローティングキャリパーと330mmディスクを搭載しています。
 (68709)

まとめ

メルセデスからAMG A35 4マチック セダンの受注が10/25より開始されました。納期は、12月以降からの予定になっています。走行性能に優れたコンパクトセダンモデルの登場が楽しみですね。
16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me