2018年1月15日 更新

車名別販売台数発表、2017年12月度、2017年間ともに「N-BOX」の圧勝

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は11日、2017年12月および2017年の車名別販売台数を発表しました。ともにトップはホンダの「N-BOX」、2位はトヨタの「プリウス」で、その差はあまりに大きいものでした。

車名別販売台数発表、2017年12月度、2017年間ともに「N-BOX」の圧勝

12月度ランキング N-BOXは4か月連続でトップを快走

ホンダN-BOX

ホンダN-BOX

12月度のランキングでは、フルモデルチェンジされたホンダの「N-BOX」が、前年比23.3%増の18,458台で4か月連続トップ、2017年で8回目という独走状態をキープしています。

2位は登録車トップのトヨタ「プリウス」の12,175台で、トップとの差は6283台と大きく、3位には11,660台の同じくトヨタの「アクア」、4位から8位までは軽自動車が占めました。そして10位には検査員問題で失速した日産から「ノート」がランクインしましたが、前年比39.7%減 と、その影響がまだ続いているようです。

2017年12月度の車名別新車販売台数ランキングトップ10(前年同月比)

トヨタプリウスPHV

トヨタプリウスPHV

1位:ホンダ N-BOX 18,458台(123.3%)
2位:トヨタ  プリウス 12,175台(95.3%)
3位:トヨタ  アクア 11,660台(101.8%)
4位:ダイハツ  ムーヴ 10,073台(86.1%)
5位:日産  デイズ 9,288台(81.3%)
6位:スズキ  スペーシア 8,757台(145.5%)
7位:ダイハツ  タント 8,741台(84.9%)
8位:スズキ  ワゴンR 8,284台(157.0%)
9位:トヨタ  ヴォクシー 7,545台(106.3%)
10位:日産  ノート7475台(60.3%)

2017年累計 N-BOXが初の首位を獲得、ホンダ車では15年振りの快挙

ホンダ N-BOX

ホンダ N-BOX

年間ランキングでも、ホンダ「N-BOX」が前年比17.2%増の218,478台で、ホンダ車としては2002年の「フィット」以来15年ぶり、N-BOXとしては初の首位を獲得しました。ある程度予測はしたものの、2位以下を大差で突き放す圧勝と言えます。

2位は前年トップのトヨタ「プリウス」で160,912台。しかし、首位N-BOXとの差は5万台以上と大きく引き離され、さらに前年比35.2%減となっており、不調はかなり深刻。そして、3位には前年比38.0%増の141,373台の販売したダイハツ「ムーヴ」が入り、トップ10の内軽自動車は昨年の倍の6車種が入っています。

さらに、上位に入ったのは「プリウス」のみで、「ノート」は5位、「アクア」「C-HR」が7位8位と、登録乗用車の不振が目立ちます。

2017年の車名別新車販売台数ランキングトップ10(前年比)

ダイハツムーヴ

ダイハツムーヴ

1位:ホンダ N-BOX 218,478台(117.2%)
2位:トヨタ プリウス 160,912台(64.8 %)
3位:ダイハツ  ムーヴ141,373台(138.0%)
4位:ダイハツ  タント 141,312台(90.6%)
5位:日産 ノート 138,905台(135.6%)
6位:日産  デイズ 137,514台(130.1%)
7位:トヨタ アクア 131,615台(78.2%)
8位:トヨタ C-HR 117,299台
9位:スズキ ワゴンR 114,711台(141.4%)
10位:スズキ スペーシア104,763台(128.9%)

まとめ

「N-BOX」一色に染まった感のある2017年。その要因はフルモデルチェンジされた「N-BOX」の優れた内容はもとより、誰もが耳を疑った検査員不正問題による日産の出荷停止とブランドの失墜につきます。順調なら、年間トップは「ノート」が、そして「セレナ」もトップ10入りしたはず。その結果、トヨタ車の中からか、軽自動車の中からランク外になった車種もいたことでしょう。また、これほどまで、「N-BOX」に受注が集中することもなかったはずです。

2018年は、できればワクワクする新型車のニュースだけ聞きたいと思います。
14 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン