2018年3月20日 更新

ボルボ新型XC60が日本カー オブ ザ イヤーTOP10にノミネート!優れたスペックや価格について解説します!

スウェーデンを代表する自動車メーカーであるボルボの人気SUV「XC60」が日本カー オブ ザ イヤーTOP10にノミネートされています。新モデルへと10月にフルモデルチェンジしたばかりの新型XC60ですが、今回は優れた魅力や価格などを解説していきたいと思います!

ボルボ新型XC60が日本カー オブ ザ イヤーTOP10にノミネート!優れたスペックや価格について解説します!

新型XC60がフルモデルチェンジ!日本カー オブ ザ イヤーTOP10にも!

XC60 | Inscription | ボルボ・カー・ジャパン (18755)

日本で今最も人気があるかもしれないボディー形状といえば、みなさん何を思い浮かべますか?

セレナやヴォクシーなどのミニバンや、アクアやノートなどのコンパクトを思い浮かべる方も多いと思います。

しかし、CH-Rやヴェゼルなどの人気もあってかSUVの存在も忘れられないでしょう。特にSUVにも様々なジャンルがあり、現在最も人気を得ているCH-Rなどを代表するコンパクトSUVから、ラウンドクルーザーなどの本格SUVまで様々です。

今回ご紹介する新型XC60もそんなSUVの中の1台となっているのですが、2017年にモデルチェンジされたこのXC60は日本カー オブ ザ イヤーTOP10にもノミネートされている期待の1台です!
そんなXC60ですが、上記の記事でもわかるように、魅力的なこの1台をまだチビカでは紹介できていませんでした・・・

そこで今回は、日本カー オブ ザ イヤーTOP10にノミネートされた記念も兼ねて、新型XC60の魅力などについてご紹介したいと思います!

新型XC60を購入するメリットは?

XC60 | Inscription | ボルボ・カー・ジャパン (18760)

早速ですが、新型XC60の魅力についてご紹介していきたいと思います!

外車のイメージってどうしても割高だと思うので、少し高いお金を払ってでも新型XC60が買いたくなるほどのメリットをピックアップしてみました!

【新型XC60の魅力1】高い安全性能

オートブレーキをはじめとするボルボの安全技術「インテリセーフ」 | ボルボ・カー・ジャパン (18763)

車両の魅力に安全性を一番に持ってくるってどうなの?

そんな意見が聞こえそうですが、3点シートベルトを世界で初めて開発したボルボらしさとも言える、高い安全性能が全車両の魅力の1つとなっています。(ちなみに3点シートベルトの特許を自動車社会の発展のために、無償で公開したことでも有名です)

もちろん、その安全性は新型XC60にも適応されています!

新型XC60にはステアリングサポート機能が新たに標準装備され、自動ブレーキにて止まれないと判断された際のステアリング操作を自動で行うことで、事故の衝撃軽減を実現しています。

また、対向車との接触を防止する「オンカミング・レーン・ミティゲーション」や高速道路などで急接近する後方車両との衝突を回避するステアリング支援システム「ステアリングアシスト付BLIS」など3つ最新安全機能を標準装備。

他にも日産のプロパイロットのように、ハンドル操作をアシストするパイロット・アシストも搭載されているので、運転支援の面で見ても高いクオリティです。

これらの予防安全技術はIntelliSafe(インテリセーフ)と呼ばれ、全てのグレードに16種類以上の先進安全技術を標準装備しており、ボルボによると搭載車の事故率7割減少との結果も出ているようですので、高い安全性はボルボならではの魅力と言わざるを得ません。

【新型XC60の魅力2】エレガントなエクステリア・インテリア

カー・コンフィギュレーター (18766)

新型XC60の魅力は高い安全性能だけではありません。

一目でボルボらしさを感じられる上品なエクステリアと、室内の美しいインテリアなど、全体を通して作り込まれた作りが魅力的となっています。

特にシートの乗り心地に関しては、忘れてはならない注目ポイントの1つです。特に乗り心地だけでなく、事故時の衝撃を吸収する作りとなっているので、常に高いパフォーマンスであなたを支えてくれることでしょう!

XC60 | オーディオ | ボルボ・カー・ジャパン (18768)

他にも、スマートフォンのように直感的に指先で、しかも手袋を着用したまま操作ができるセンターコンソールの機能や、世界でも有数のオーディオ機器メーカー「Bowers & Wilkins」など、ドライブをより便利で快適にする技術の高さも新型XC60の魅力の1つです!

【新型XC60の魅力3】豊富なパワートレーン

Drive-E | ボルボ・カー・ジャパン (18771)

新型XC60の豊富なパワートレーンも魅力の1つとなっています。

2.0Lの4気筒ターボとなるガソリンエンジン「T5」をベースとし、スーパーチャージャーを備えたツインターボモデルの「T6」、燃費性能とコストのバランスが取れた2.0Lの4気筒ターボディーゼルエンジン「D4」、さらには 2.0L4気筒ツインターボエンジンに電気モーターを組み合わせた「T8」と異なる性質を持つ4つのエンジンラインナップが選択可能となっています!

・T5:リッター12.6キロ
・T6:
・T8:リッター15.7キロ(45.4キロのEV走行が可能)
・D4:

*D4とT6は2018年以降の登場
燃費はこのサイズのSUVとして仕方のない部分がありますが、それ以上にパワフルな走りと高いボディー剛性からくる安定感が魅力の1台です。

新型XC60の価格は?

カー・コンフィギュレーター (18775)

今回は2017年10月にフルモデルチェンジを行い、日本カー オブ ザ イヤーTOP10にノミネートされた新型XC60についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

今回のノミネートに関してまとめるとボルボの誇る高い安全性能を標準にて搭載しながら、ガソリン、ディーザル、ハイブリットと全てのグレードにおいて高いパフォーマンスが感じられるモデル展開が原因ではないでしょうか?

最後に新型XC60の価格についてですが、以下のような価格帯となっています。
プレミアム・ミッドサイズSUV「新型XC60」を発表 | VOLVO CAR JAPAN PRESS SITE (18777)

標準モデルとなる「Momentum」、スポーツラインの「R-DESIGN」、上級モデルの「Inscription」の3つのグレードが用意されており、約600万円からの提供となるようです。

高い安全性能や使い勝手は一見保守的に思えるものの、ブレることなく培われ続けたボルボの魅力は使用すればするほど感じ取ることができるでしょう!

新型XC60が気になる方は、高い質感を体感しに販売店での試乗をオススメします!
25 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

はるあき はるあき