2017年6月12日 更新

マツダ・CX-3のガソリンモデルがついに発表!価格はどうなる?

以前から噂されていたCX-3のガソリンモデルですが、先日マツダが公式発表を行いました。新鮮味はありませんが、純粋にガソリンモデルが追加されるのは嬉しいことです。今回は、CX-3とそのガソリンモデルの価格についてお伝えしたいと思います!

マツダ・CX-3のガソリンモデルがついに発表!価格はどうなる?

マツダ・CX-3とは?

 (9574)

CX-3はマツダが製造・販売を行う小型のクロスオーバーSUVです。

マツダの新世代技術である「スカイアクティブ・テクノロジー」と、デザインテーマ「魂動デザイン」を全面採用した新世代車種になります。

上記のふたつを全面採用した車種は、CX-3の他にCX-5、アテンザ、アクセラ、デミオ、ロードスターがあります。

販売当初のCX-3は、搭載されるエンジンがクリーンディーゼルのみとなっていましたが、CX-3の販売が伸び悩んだことが原因か、ガソリンエンジン搭載モデルを追加してテコ入れすることになりました。

搭載されているディーゼルエンジンは現行デミオに搭載されている「SKYACTIV-D 1.5」です。(例外あり)

最大出力は105馬力と、ターボエンジンの割には控えめな数値となっていますが、急な坂道でも力強いトルクが発生するのはディーゼルエンジンならではでしょう。燃費性能も優秀で、特に高速走行中はカタログ燃費以上の数値が期待できます。

グレードは「XD」、「XD プロアクティブ」、「XD プロアクティブ Lパッケージ」の3グレードが設定されており、どのグレードもATかMTの選択、2WDか4WDの選択が可能です。

安全装備も充実していますし、何よりエクステリアのデザインはコンパクトSUVの中でもトップクラスです。

それだけに内装がデミオと共通である点、ボディサイズの割に室内やラゲッジルームの狭さが目立つなど、改善すべき点は多々あります。

また、デミオからの流用が多いのにも関わらず、ディーゼルエンジン搭載による価格の高さも販売不振に繋がっているのでしょう。

良くできている車だとは感じますが、それでも他車のコンパクトSUVと比べると一歩劣っていると言わざるを得ません。

使い勝手はともかく、デザインと走行性能の点では評価されているので、今回のガソリンモデルの追加で実質的な値下げを行い、販売台数の増加に期待したいところです。

CX-3に待望のガソリンモデル追加

 (9575)

今回追加されるCX-3のガソリンモデルですが、搭載されるエンジンは「SKYACTIV-G 2.0」とのことです。

やはりCX-3のディーゼルターボエンジン特有の力強い走りは魅力です。「SKYACTIV-G 1.5」ではパワー不足だと判断したのでしょう。

どの車種の搭載されていたものなのかは未だ不明ですが、最大出力は150~165馬力に収まると思われます。

CX-3の車両重量は1,300kg前後なので、それほどストレスを感じることなく走行できますね。

CX-3のガソリンモデルのグレード展開ですが、「20S」、「20S プロアクティブ」、「20S Lパッケージ」と、クリーンディーゼルモデル同様の3グレード展開になることが予想されます。

価格はどうなる?

次に、CX-3のガソリンモデルの価格設定をお伝えしたいと思います。

正式発表はまだですので、今回はホンダ・ヴェゼルや日産・ジュークなど、他社のコンパクトSUVの価格設定と、グレード展開が似るであろうCX-5のガソリンモデルとクリーンディーゼルモデルの価格差を参考にしてお伝えしたいと思います。

まず、ホンダ・ヴェゼルの価格設定は192万円~288万円です。
 (9576)

 (9577)

次に日産・ジュークの価格設定は197万円から280万円です。

どちらもオプションなどの追加料金は考慮していません。また、ジュークはNISMOはカウントしていません。

現在のCX-3、クリーンディーゼルモデルは237万円~303万円といった価格設定になっていますが、ヴェゼルやジュークと比べると、ベースグレードの価格が約40万円も高いです。

ディーゼルターボエンジンなので、仕方のない部分はありますが、一般のドライバーは第一に価格が考慮されます。

CX-5のガソリンモデルとクリーンディーゼルモデルの価格差を見てみましょう。ガソリンモデルの中間グレード「25S プロアクティブ」が約291万円に対し、クリーンディーゼルモデルの中間グレード「XD プロアクティブ」が約322万円です。

比較のためどちらも4WDの価格ですが、価格差は約30万円。

競合車の価格に、ガソリンモデルとクリーンディーゼルモデルの価格差を考慮すると、CX-3のガソリンモデルの価格は下が200万円~220万円、上が270万円~290万円ほどになるのではないでしょうか。

夏以降に始まるマツダの反撃

CX-3のガソリンモデルの販売開始時期は夏ごろだと言われています。

シェアNo.1のホンダ・ヴェゼルやジュークはフルモデルチェンジの時期が近づいています。発売されたばかりのC-HRは現在大ヒット中です。

コンパクトSUVのシェア争いでは蚊帳の外だったCX-3ですが、ガソリンモデルの追加によって攻勢に転じることができるのか。今から楽しみですね。

15 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

LMC LMC