2017年4月27日 更新

ガソリン価格が1年半ぶりに高値更新!レギュラーガソリン134円に

資源エネルギー庁の発表によると、4月17日時点でのレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均価格は、前週の調査から0.1円値上がりし134.0円となり、1年半ぶりの134円台となりました。価格はこのまま上がり続けるの?

ガソリン価格が1年半ぶりに高値更新!レギュラーガソリン134円に
gettyimages (6788)

1年半ぶりの高値更新!レギュラーガソリン134円台

過去一年間のレギュラーガソリン価格推移
燃費ランキング・ガソリン価格・車種情報の共有コミュニティ - e燃費 (6781)

資源エネルギー庁が発表した石油製品の店頭小売価格週次調査によりますと、4月17日時点でのレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均価格は134.0円となり、2015年10月5日の調査以来、1年半ぶりの134円台となったとのこと。

上記の図はe燃費のサイトでの過去一年間のレギュラーガソリン価格の推移です。
たしかにひたすら上り調子が続いています…

上記グラフは資源エネルギー庁が発表した134円より安くなっていますが、上記グラフはe燃費サイト60万人の会員が入力した「購入」価格の平均です。
資源エネルギー庁が発表している店頭小売価格は高い店も含まれているので、少しでも安い店でガソリン入れたいユーザーも含めるe燃費のサイトは価格が安めに統計が取られます。

上記のグラフだとひたすら上り続けているように見えますが、過去5年間の推移グラフを見るとそれほど高値圏というわけではありません。
過去五年間のレギュラーガソリン価格推移
燃費ランキング・ガソリン価格・車種情報の共有コミュニティ - e燃費 (6780)

過去5年間の推移で見るとまだ上昇の余地が残っているように見えますね…

5年間での最高は2014年夏頃ですが、レギュラーガソリンで164円まで上昇しています。
逆に最低は、2016年冬で107円くらいまで下がっています。

今はその中間くらいなので、どちらに行ってもおかしくはないですが…

今後はガソリン価格はどうなる?

istockphoto (6785)

円相場や北朝鮮の問題など、世界情勢的に不安定になっているので先行きが見通せない部分はありますが、横ばいもしくは緩やかに上昇するのではとの見方もあるようです。

特に、これから行楽シーズンが始まる4月末から5月中旬にかけてはガソリン価格は上昇するとの見通しだそうです。

車を使うユーザーとしては、ガソリン価格は安いに越したことはないです。
ゴールデンウィークに遠出をする予定がある方は、早めにガソリンを入れておいたほうが良いかもしれませんね!

※あくまで予想と見通しなので当たらない場合もありますので予めご了承ください。
gettyimages (6787)

12 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部