2018年4月23日 更新

新型BMW Z4が近々登場!?フルモデルチェンジで日本でも復活か?発売日は?

2代目のBMW Z4は2009年のデトロイト北米国際自動車ショーに登場し、同年に日本でデビュー。 Z4は、2016年に日本での販売が終了しましたが、近々、フルモデルチェンジして復活するのではないか、という噂が流れているので調査してみました。

新型BMW Z4が近々登場!?フルモデルチェンジで日本でも復活か?発売日は?
 (27652)

BMW Z4はどんな自動車?

BMW Z4 (E89)

BMW Z4 (E89)

2代目のBMW Z4(E89)はオランダの自動車デザイナー・アドリアン・ファン・ホーイドンクがデザインに携わったといわれています。
2008年に発表されたBMW Z4(E89)はリトラクタブル式ルーフを採用し、「sDrive35i」、「sDrive35is」、「sDrive23i」、「sDrive30i」というグレードが展開されました。
ただ、国内では、「sDrive30i」は発売されませんでした。
2011年に「sDrive20i」が展開されたことにより「sDrive23i」は廃止。

「sDrive23i」は2500㏄の直6 DOHCエンジンを搭載し、最高出力は204PS(150kW)/6,300rpm、最大トルクは25.5kgf·m(250N·m)/3,000rpmを発生させました。
このエンジンに組み合わされるミッションは6速スポーツAT FR。
「sDrive20i」は、2000㏄の直4DOHCターボエンジンを搭載し、最高出力は184PS(135kW)/5,000rpm、最大トルクは27.5kgf·m(270N·m)/4,500rpm。
このエンジンに組み合わされるミッションは8速スポーツAT。
「sDrive35is」のエンジンは3000㏄の直6 DOHCツインターボを搭載し、最高出力は340PS(250kW)/5,900rpm最大トルクは45.9kgf·m(450N·m)/1,500rpmを叩き出しました。
このエンジンに組み合わされたのが7速DCT。
BMW Z 4 (E89)ロードスター

BMW Z 4 (E89)ロードスター

最上位のモデルとなっている「sDrive35is」の装備は次の通りです。

・アダプティブMサスペンション

・マルチファンクションMスポーツ・レザーステアリング(シフトパドル付き)

・BMW Individualアンソラジット・ルーフライニング

・専用18インチMライトアロイホイール

・マットオキサイドシルバー色のドアミラー

更に、Mエアロダイナミクスパッケージは、フロントエアインテークにマットアルミニウムで仕上げたバー、リヤスカートインサートのアッパーがボディと同じ色で、ロアが黒となっています。

新型BMW Z4のプラットフォームは?エンジンやエクステリアはどうなる?

2019 BMW Z4 SPIED TESTING AT THE NÜRBURGRING

新型BMW Z4は、トヨタとBMWの共同開発だという噂は良く知られています。
プラットフォームは、CLARが採用されるらしく、軽量化が目的だそうです。
エクステリアはロングノーズ、ショートデッキのボディで、開閉式のソフトトップとなりそうです。
ここまでで、先代のコンセプトをキープするように感じられますね。
フロントとリヤのライト類はLED化されるといわれています。

駆動方式はFRらしく、搭載されるエンジンは2000㏄で直列4気筒エンジン+ターボで、BMWが開発したものといわれています。
また、6気筒エンジンお搭載するグレードも用意されるらしいです。

新型BMW Z4は、先代のイメージを引き継ぐモデルになりそうです。
 (27653)

東京モーターショーに展示されていた、Z4 Conceptに近いスタイリングになるのではとされています。

気になる新型BMW Z4の発売時期は?

 (27655)

気になる新型BMW Z4の発売時期は、2018年3月という噂が流れていましたが、更に伸びるという憶測が流れています。

新型BMW Z4の発売が待ち遠しですね。

まとめ

このように、新型BMW Z4を調査してきましたが、新型のプラットフォームやエンジンを採用しつつ、エクステリアは先代のイメージをキープした感じに仕上がりそうですね。

この記事がお役に立てば幸いです。
16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

dreamber123123 dreamber123123