2018年10月8日 更新

新型Mercedes-Benz B-Classが遂にモデルチェンジして登場しそうです。新型のエクステリアやパワートレイン等を考察。

メルセデスベンツBクラスの現行型発売から7年の時を経て、遂にモデルチェンジすることになりそうです。刷新されたエクステリアやアップグレードされている内装に注目してみます!

新型Mercedes-Benz B-Classが遂にモデルチェンジして登場しそうです。新型のエクステリアやパワートレイン等を考察。

新型Mercedes-Benz B-Classのエクステリア等

フロントビュー関連

新型画像

https://www.netcarshow.com (45916)

via https://www.netcarshow.com
新しいメルセデスベンツBクラスは、スポーツツアラーとしてスポーツ性に重点を置いているようです。現行型よりもダイナミックに見え、道路上ではより敏捷で、より快適にをモチーフに。

H7ヘッドライトとLEDデイタイムランニングライトを搭載したのが基本モデル。ハイグレードで細かく正確に設計された薄型ヘッドライトがポイント。 LEDヘッドライト以上で注文されると、Bクラスには、昼間のランニングライトサインがダブルトーチの形で付属しているようです。

オプションのMULTIBEAM LEDヘッドライトは特にスポーティな外観をしています。彼らは、現在の交通状況に合わせてヘッドランプの迅速かつ電子的に調整された調整を可能にする。新しいAクラスのコンパクトなセグメントでデビューした高級クラスのこの機能は、新しいメルセデス・ベンツBクラスでも目立つ外観と安全性を追加

現行画像

 (45922)

サイドビュー関連

新しいメルセデスベンツBクラスをミニバンの世界から目立つように目立たせるためには、長いホイールベース(2729 mm)と短いオーバーハング、わずかに下がったルーフライン、より大きな、19インチのホイールが、動的な割合を強調。

ボンネットからAピラーへ、そしてフロントガラスへの流れつくり、比較的進歩的なフロントエンドは、ボディラインやショルダー部のと同じように、スポーティな全体的な外観を強調していますね。
https://www.netcarshow.com (45917)

via https://www.netcarshow.com

リアビュー関連

新型画像

https://www.netcarshow.com (45918)

via https://www.netcarshow.com

現行画像

リアでは、車両幅は、2つの部分からなるランプ、バンパーに組み込まれたリフレクタ、およびディフューザルックとクロームトリムストリップを備えた独特の黒いバンパー底部によって強調されているのがポイント。

大型ルーフスポイラーは、リアウィンドウの側面に高光沢の黒いスポイラーが付いていることで、スポーティな外観を確保しながら空気力学を最適化してくれるようです。

https://www.mercedes-benz.co.jp/ (45923)

via https://www.mercedes-benz.co.jp/

新型Mercedes-Benz B-Classの内装等

新型画像

https://www.netcarshow.com (45919)

via https://www.netcarshow.com

現行画像

5つの円形吹き出し口は、航空の世界からインスパイアされた、細かく整えられた通気ダクトを備えた高級タービン外観を最大のポイントとしています。ジオメトリの深さに色がさらに強調されたディテールに。

タッチベースのコントロールと入力システムを備えたセンターコンソールには、Eクラスに似たブラックパネルが付属。このセグメントのユニークなセールスポイントである64色と10色の世界を持つ間接照明は、気分に合わせて選択することができます。

 (45924)

可変リアシートと最適化された荷室のレイアウト

インテリアは多くの場所で細かく再設計されているとの事。リアのセンタートンネルへの入口開口が改善され、よりアクセスしやすい中間座席になっている様です。リア座席の背もたれは、40:20:40分割が標準装備。

バージョンに応じて、2019年中頃からリア座席を14センチメートル移動させることができ、座席の後ろの荷室の容量を455Lから705Lの間で変化させるために背もたれをより急な位置に折り畳むこともできますね。容量は従来のモデルとほぼ同じようですが、最適化のおかげで荷室はより効率的に簡単になっているもいるよう。

ASY-PACKテールゲートはオプションで利用可能に。オプションのハンズフリーアクセスと組み合わせて足を動かしても、ボタンを押すだけでも自動的に開閉する仕組み。
https://www.netcarshow.com (45920)

via https://www.netcarshow.com

新型Mercedes-Benz B-Classのパワートレイン等

ダブルパワートレインのデビュー!!!新しいBクラスはすべての場合、Euro 6d-TEMPの制限に準拠した、新しい効率的なエンジンによって駆動との事。110kWと140kWのアルミニウム製のクランクケースとステップボウル燃焼プロセスを備えたOM 654 2リットルディーゼルの横置き型バージョンのよう。

このBクラスのモデルごとのパワートレイン等
①B 180(100kW/136hp、200Nm)。 7G-DCTデュアルクラッチトランスミッション(燃料消費量5.6-5.4L/100 km、CO2排出量128-124g/km)
②B 200(120kW/163hp、250Nm)。 7G-DCTデュアルクラッチトランスミッション(燃料消費量5.6-5.4L /100 km、CO2排出量129-124g/km)
③B 180d 260Nm(85kW/116hp)の複合燃料消費量4.4-4.1L/100 km、CO2排出量115-109g/km 7G-DCTデュアルクッチトランスミッション
④B 200d 320Nm(110kW / 150hp)の複合燃料消費量5.4-4.2L /100 km、CO2総排出量119-112g/km。 8G-DCTデュアルクラッチトランスミッション
⑤B 220d 400Nm(140kW/190hp)の複合燃料消費量4.5-4.4L/ 100 km、CO2排出量119-116g/km。8G-DCTデュアルクラッチトランスミッション

まとめ

現行型が発売されてから既に7年が経過しようとしています。遂にというより、やっとモデルチェンジするようですね!今冬ごろから正式に販売開始との事です。日本にも来春までには導入されるのではないでしょうか!
28 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me