2018年10月3日 更新

トヨタ アルファードの魅力を御紹介します!

アルファードは、トヨタ自動車が販売している大型LLクラスのミニバン型高級乗用車です。2002年から販売が開始され、2018年現在も販売され続けています。初代から3代目まで存在し、現行型である3代目は2015年から販売されています。先進技術の進んでいる現代では、大型クラスの車でも環境性能や走行性能の向上により、快適な低燃費の走りを実現させています。そして、アルファードはトヨタの販売するミニバンに置いては最上級に位置されるのです。今回は、トヨタの最上級ミニバンのアルファードの魅力について御紹介していきたいと思います。

トヨタ アルファードの魅力を御紹介します!

アルファードってどんな車??

トヨタ アルファード | 外観 | トヨタ自動車WEBサイト (45610)

トヨタ自動車が販売する高級ミニバンのアルファードは、エルグランドが2代目へのフルモデルチェンジに合わせる形でアルファードが投入されています。
アルファードは、アルファードでは車両価格、燃費、税制面で有利な直列4気筒・2.4Lエンジンの設定をしていて、日本のLクラスミニバン市場において人気を競い合ったエルグランドを抜いてトップに躍り出ています。

また、初代ではアルファードGをトヨペット店(大阪トヨペット)、アルファードVをトヨタビスタ店(現在のネッツ店)にて販売していたのとのことです。

そして、アルファードの2代目から、アルファードVを「ヴェルファイア」として分割しています。外装には違いが分かる程のデザインとなっていますが、エンジンはアルファードと共通しているそうです。

アルファードの歴史を少し御紹介します!

初代モデル V型(2002年〜2005年)

初代モデル V型(2002年〜2005年)

初代モデルは、2002年から販売され、リモコンパワースライドドアや日本車初のパワーバックドアが設定しています。
アルファードとエルグランドは、外見が殆ど似ていることからエルグランドのモデルチェンジ後の車であることに納得がいきます。

また、エルグランドにはモダンでクリーンなインテリアが売りと言われてましたが、アルファードは、面積の広いウッドパネルをあしらうなど、あくまでも日本人好みの豪華さを目指したインテリアや室内空間の作りに仕上げています。

テレビCMにはジャン・レノが出演したこともあるそうで、全車にパワーウインドウ付き両側スライドドア、イージークローザーシステムに、リモコン開閉が可能なパワーウインドウを装備しているそうです。
エルグランド(現行型)ハイウェイスター

エルグランド(現行型)ハイウェイスター

現行型アルファードの魅力を御紹介します!

トヨタ・アルファード - Wikipedia (45620)

トヨタ自動車の最上級ミニバンであり、高級感のあるアルファードには、ダイナミックな力強いデザインに、品格を纏った外観を一目で感じさせるほどインパクトがあると思います。

グリルセンター部の突き出しや、縦基調を強調したメッキ加飾など、より高級感のある堂々としたフロントフェイスへと進化していると感じます。

走行性能やデザイン、インテリアなど

ガソリン車

ガソリン車

ハイブリッド車

ハイブリッド車

アルファードは、V6エンジンの集大成として、すべての主要部品を一新して開発した3.5Lエンジンを搭載しています。力強くにごりのないV6らしい回転フィールに磨きをかけつつ、頼もしい動力性能や極限まで高めた熱効率により優れた燃費性能を実現することに成功しています。

卓越した走りと低燃費による車にもドライバーにとっても優しい運転をすることができます。

インテリジェントパーキングアシスト2(巻き込み警報機能+バックガイドモニター機能+音声案内機能付)

【アルファード】インテリジェントパーキングアシスト2

この機能は、開始位置からの一発駐車だけでなく、複数回の前後移動(切返し)を含めた支援を実施することで、より狭い駐車環境にも対応となっているのです。

スイッチを押すだけで、適切な後退開始位置への誘導と後退駐車のためのステアリング操作のみ自動でアシストをするそうです。

ダブルウィッシュボーンリヤサスペンション

トヨタ アルファード | 走行性能 | 走行性能 | トヨタ自動車WEBサイト (45629)

このサスペンションにより、上質な乗り心地と操縦安定性を実感しやすくなったのです。

大空間高級サルーンとして広い室内空間、床下収納スペース、ロングシートスライド、低床フラットフロアなどを実現させることにより、より快適な走行を実感できるようになったのです。

また、ボディ剛性をより高めるために、構造用接着剤の適応範囲を拡大し、衝突や事故の際の衝撃をより軽減する機能が付き、より安全性が高まったと言えます。

そして、フロント・リヤクォーター、バックドアガラスには高剛性ガラス接着剤を新たに採用し、高級車にふさわしい優れた走行安定性を実現しています。

インテリア

トヨタ アルファード | 室内 | スペース | トヨタ自動車WEBサイト (45633)

運転席8ウェイ+助手席4ウェイパワーシートにより、乗車する方の体格に合わせてシートポジションを最適な位置へと、スイッチ操作で簡単に調整可能となっています。
[ハイブリッド車:Executive Lounge、Executive Lounge S、G“F パッケージ”、G、SR“C パッケージ”、SRに標準装備]
[ガソリン車:Executive Lounge、Executive Lounge S、GF、G、SC、S“C パッケージ”に標準装備]
トヨタ アルファードのホームページのデータです。
トヨタ アルファード | 室内 | トヨタ自動車WEBサイト (45636)

また、最上級グレードには、極上の心地よさを叶えたセカンドシートを採用しているのです。伸ばした脚をゆったりと受けとめるパワーオットマンは、電動で前後140mmの伸縮調整が可能となっています。

まとめ

アルファードは、トヨタブランド初採用となるレーントレーシングアシストや、Toyota Safety Senseにより、快適で楽しく、安全なドライブをすることができます。

また、V6のエンジンにより力強い走行を実感することができ、ハイブリッド車であるならば、力強い走りと低燃費による環境に優しい快適感を実感することができると思います。

最上級グレードの「Executive Lounge」は700万円前後の価格となっておりますが、グレードの中で一番廉価である「X」でも十分な高級感と、快適な走行を実感できると思います。

この記事を参考に、アルファードに興味を持っていただけたら幸いです。
30 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan