2018年12月27日 更新

ホンダの上級ミニバン「オデッセイ」の年式毎の特徴や乗り心地は?

本田技研工業が販売をする上級ミニバン「オデッセイ」の年式毎の特徴やインテリア、乗り心地を紹介します。

ホンダの上級ミニバン「オデッセイ」の年式毎の特徴や乗り心地は?

オデッセイの特徴と年式毎のスペック

価格.com - オデッセイ(ホンダ) アブソルートHDDナビスペシャルエディション 徳島県 88.0万円 平成20年(2008年) [20218954] - 中古車 (52945)

ホンダのミニバンと言えば「オデッセイ」や「ステップワゴン」が知名度が高く、人気も高いです。
そして、どちらのモデルも年式毎に魅力が異なっていることが特徴です。
年式の新しいグレードが全て格好良い、性能が良いとは限らず、年式の古いグレードか新しいグレードよりも性能が劣るとは限らないのです。
むしろ年式の古いモデルで好きなグレードがあればそちらのモデルを購入される方が多いと思います。
そこで、今回は年式の新しいグレードだけが優秀な車では無いということを説明していきたいと思います。
価格.com - オデッセイ(ホンダ) アブソルートHDDナビスペシャルエディション 徳島県 88.0万円 平成20年(2008年) [20218954] - 中古車 (52947)

オデッセイは、ミニバンでは珍しい「低床」「低重心」をキャッチコピーとした性能になっています。
実際にセダンと同じくらいの運動性能を発揮し、セダンよりも広い室内空間を売りにしていた車でもあります。そして、そのスタイリッシュなデザインや性能は男女共に需要のある作りになっていて、一度は乗ってみたいと思ってしまうほど知名度も高い車です。

オデッセイ 3代目モデル(2003年〜2008年)

価格.com - オデッセイ 2003年モデル の製品画像 (52950)

オデッセイと言えばこの3代目モデルをイメージされる方が多いと思います。
このモデルは2003年から販売が開始され、2008年まで販売されていたことが分かります。
このモデルは、過去にホンダが生産していたスポーツモデルからの乗り換えに、若年層の方が購入するきっかけとなっていたのです。
スポーティーで大人数乗ることができ、機械式駐車場に入庫できる全高の低さが魅力となっています。
トヨタ・セルシオ

トヨタ・セルシオ

また、このモデルに乗られるユーザーは車好きが多く、トヨタのセルシオや日産のシーマなど高級車に乗られる方でも、ミニバンであることに抵抗なく受け入れられ人気となったモデルでもあります。

オデッセイ 4代目モデル(2008年〜2013年)

価格.com - オデッセイ 2008年モデル の製品画像 (52955)

2008年式のモデルとなる4代目は、3代目と比べてデザイン及び性能が進化しています。
フロントのデザインはホンダのインサイトやフィットに似ている傾向にあることが分かります。
フィットやインサイドのフロントデザインは先進技術を多く取り入れていそうな近代的なデザインであることが伺えます。
オデッセイの4代目モデルも、先進技術を取り入れて進化していることをアピールしているようにも感じられます。
そして、外観のデザインだけでなく、後方の死角を確認するマルチビューカメラが搭載されています。

3代目や4代目、現行型のインテリアと乗り心地を比較

オデッセイ 5代目モデル(2013年〜)

オデッセイ 5代目モデル(2013年〜)

オデッセイのインテリアや乗り心地は、セダンとミニバンの良いところを集めたようなデザイン性と機能性を持っていることが分かります。
どちらのモデルもラグジュアリー性が高く、ミニバンとして不足の無いような評価と評判の良さを持っていることが分かります。
そして、2013年モデルとなる現行型は今までのモデルとはデザインが一変し、全高も高くなっています。
4代目モデルのインパネ

4代目モデルのインパネ

5代目モデルのインパネ

5代目モデルのインパネ

インテリアや乗り心地も評価や評判は良いですが、3代目や4代目と比べて落ち着いたデザインとなり、インパネを見比べてみるとデザインの違いがはっきりと分かります。

まとめ

オデッセイは、走行性能及び居住性やデザイン性においてとても評価が高く、人気も高いことが分かります。
3代目は若年層に好まれそうなスポーティーなデザインを強調していて、4代目からは少し落ち着いたデザインに変わりながらもスタイリッシュさを維持していることが分かります。そして、現行型となるモデルは現代の先進技術を多く取り入れたミニパンの「日産・セレナ」や「トヨタ・アルファード」の様なデザインに似ている傾向があるようにも思えます。乗り心地は3代目や4代目と同様好評であることが分かります。
筆者のオススメはスポーティーなスタイリッシュさに拘りを持った3代目モデルと、近代的でシンプルなモデルの5代目の間を取った様な、4代目モデルがオススメです。
4代目モデルはエコモードもついているので、年式が多少古くても他のミニバンに比べて低燃費走行を実現できます。
是非、この記事を参考にあなたに合ったお気に入りのオデッセイを購入していたたければと思います。


21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan