2018年5月18日 更新

トヨタ タンク X“S”(FF)試乗記

旅行先にてトヨタ タンクをレンタルしました。このクルマは発売以来大変好評で、発売開始より1年半以上が経過している現在でも未だ納車待ちが解消していないようです。今回はベーシックグレードのX“S”(1,528,200円)に乗車して、その実力を検証しました。

トヨタ タンク X“S”(FF)試乗記

エクステリア

 (30706)

フロント
 (30708)

サイド・リヤ
このクルマはスズキ ソリオとホンダ N-BOXをライバル視してトヨタとダイハツが共同で開発したようで、その両車に似ていてかつダイハツ タントをひとまわり大きく(全長3700㎜・全幅1670㎜・全高1735㎜)したようなシルエットのデザインですね。このクルマはライバル車よりも最後発の登場になるので、ルノー カングーのようなもう少し遊び心のあるデザインであってもイイかなとも思いますが、このような限られた寸法の中で、最大限室内の広さを追求したクルマは結局どのクルマも似たようなデザインになってしまいますね。

インテリア

 (30712)

ダッシュボード
インテリアは使用されている素材はダイハツ タントと同等の素材が使用されていますが、デザインを工夫することによってより上級に見えるようにしています。上級に見せている部分としては、このグレードは1,528,200円のベーシックグレードですが、ダッシュボード上面には上級モデルなどに採用されているようなステッチが施されています。
室内の広さは室内長2180㎜・室内幅1480㎜・室内高1355㎜と4人乗りでも十分余裕があり、特に室内幅は幅に制約のある軽自動車(タントの室内幅は1350㎜)よりも余裕を感じます。
運転していて気になったところは、まずステアリングの前後を調整できるテレスコピック機構が欲しくなったことですね。カタログを見るとこのグレードだけではなく、全車に装着できないようです。シートの位置を調整すると、どうもステアリングがちょうどいいところよりも前方に位置していて、しっくりこなかったです。そしてインテリアに限りませんが、このクルマの発する「音」ですね。室内に聞こえてくるエンジン音やドアを閉める時の音が軽自動車と変わりがないです。特にファーストカーとして上級グレードを購入される方には気になる部分ではないかと思われます。

シート

 (30715)

フロントシート
 (30718)

リヤシート
フロントシートはこういった背の高いクルマでは珍しく、セパレートシートとなっていて、運転席と助手席の間には小物が置けるようなトレイがあります。このシートの掛け心地は硬くも柔らかくもない「普通」の印象で、シート生地も「普通」の印象です。
リヤシートは返却時に撮影のため座ってみましたが、膝前空間は-BOXよりは少し狭い印象ですね。それでも十分な広さが確保されています。

エンジン・トランスミッション

 (30722)

トランスミッションは全車CVTのみの設定
1000CC直列3気筒DOHCエンジン(最高出力69PS・最大トルク9.4kgf・m)とCVTの組み合わせになります。
このクルマの車重は1070㎏あるので、軽自動車のターボエンジン並みのエンジンスペックでは加速力が少し足りないのではとも思いましたが、組み合わされるCVTが最適化されていることにより、前方車両の右左折などにより再加速が必要な場合や高速道路の合流などで急加速が必要な場合以外では加速にもの足りなさを感じることはありませんでした。
乗車していて気になったところは、インテリアの項目でも記述しましたがやはりエンジン音ですね。加速が必要な時にアクセルを踏み込むと軽自動車そのものエンジン音が室内に響き渡ります。このクルマは小型車であり、軽自動車よりも上級感を期待して購入される方もいると思うので、今後の改良でこのエンジン音の遮音を含めた静粛性の向上に期待したいですね。

サスペンション・乗り心地

 (30726)

装着されていたタイヤは165/65R14 ダンロップエナセーブ EC300+
この背高のファミリーカー然としたエクステリアからは想像できないほど「軽快」な印象です。
フロント ストラット・リヤ トーションビームで構成されるサスペンションは、乗り心地はムーブカスタムRSに似たやや硬めな乗り心地になりますが、リヤサスペンションの剛性が高くよく踏ん張りが効き、フロントサスペンションはリヤの踏ん張りに支えられながら軽快に曲がっていってくれる印象でした。今回は和歌山県那智勝浦町から白浜町にかけて走行しましたが、那智勝浦町からすさみ町までのカーブの多い国道42号線を流れに遅れることなく、軽快に走り切ったその走りの良さには少々驚かされました。

総括

このクルマは、そのファミリーカー的な背の高いスタイルからは想像できないほど軽快で走りが楽しめるクルマでした。
今回のレンタカーは1,528,200円のベーシックグレードX“S”ですが、衝突回避支援ブレーキをはじめとしたスマートアシストやキーフリーシステム、助手席側パワースライドドアなど必要な装備が揃っていてコストパフォーマンスは高く感じました。このクルマは上級グレードになればなるほどコストパフォーマンスが下がっていく傾向にあるので、購入にあたっては必要な装備を十分に吟味することが重要になりそうです。
今回の乗車では静粛性やテレスコピックステアリング未装備によるドライビングポジションに少し気になる点があったので、今後実施される改良ではこれらの点が改良され、より魅力的なクルマになることを期待したいですね。
26 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

やまちゃん@8148 やまちゃん@8148