2018年9月11日 更新

ハイブリッド車を選択してガソリン代を削減!ハイブリッド車の燃費ランキングをまとめました。

ハイブリッド車と言えば、基本的にガソリン車より燃費が良く、静粛性のある走りが魅力の車です。そのハイブリッド車の中でも、どの車がより良い燃費性能を誇るのかまとめてみました。

ハイブリッド車を選択してガソリン代を削減!ハイブリッド車の燃費ランキングをまとめました。

1位 トヨタ プリウス

トヨタ プリウス | トヨタ自動車WEBサイト (42587)

1位はトヨタの代表的なハイブリッド車であり、国産ハイブリッド車の先駆けとなったプリウスです。JC08モードで最大40.8km/Lという凄まじい燃費性能を誇っています。

現行モデルで4代目のモデルであり、3代目の時点でハイブリッドシステムの完成形は確立しましたが、さらにそれに磨きをかけて、より良い燃費性能を誇っています。そしてハイブリッド車の中でも静粛性は抜群です。

街中で見かけない日はないくらい多くのドライバーに乗られているプリウス!営業車や、クラウンに代わりタクシーにも積極的に採用されています。モーター音を聞くだけでもプリウスだなとわかるほど、国産ハイブリッド車の代名詞になっています。

2位 トヨタ アクア

トヨタ アクア | 外観 | トヨタ自動車WEBサイト (42590)

2位は同じトヨタのハイブリッド車のアクアです。JC08モードで最大38.0km/Lとなっており、プリウスに次ぐ燃費性能を誇っています。

プリウスとは違いコンパクトカーに分類されるので、価格はプリウスより安い価格で購入できるのが大きな魅力です。走行性能も静粛性はありますが、プリウスより小型のハイブリッドシステムを採用しているので、エンジンもかかりやすくプリウスの静粛性には劣ります。

プリウスも街中でよく見かけますが、アクアも同じくらいよく見かけ、人気のある車種になっています。

3位  トヨタ プリウスPHV

トヨタ プリウスPHV | 外観 | トヨタ自動車WEBサイト (42596)

3位はトヨタのプリウスPHVです。JC08モードで最大37.2km/Lの数値を誇っています。

ハイブリッド車の中でもプラグインハイブリッド車に該当し、電気でもガソリンでも走れる車になっています。なので充電がある時は電気自動車としてEV走行し、高い静粛性を誇ります。EVとしての走行可能距離は68.2kmです。

100%電気自動車と違い、充電がなくなればエンジンがかかって通常のプリウスと同様のハイブリッド車として走行するので、遠出も気兼ねなく出かけることが出来ます。

3位 日産 ノートe-power

日産:ノート [ NOTE ] 電気自動車 (e-POWER) | 外観・内装 (42593)

同率3位は日産のノートe-powerです。

日産のハイブリッドシステムは、トヨタのハイブリッドシステムと異なったシステムを採用しています。トヨタのシステムはモーターで追いつかなければエンジンがかかりますが、日産のシステムはエンジンはあくまで発電用としてのみ使用されます。

エンジンによって生み出された電力を駆動用バッテリーに供給し、駆動用モーターに動力を供給して走行するのです。ガソリンを使用した電気自動車というのが正しい表現ですね。モーターのみの走行なので静粛性は抜群です。

3位 ホンダ フィットハイブリッド

デザイン・カラー|スタイリング|フィット|Honda (42599)

同率3位はホンダのフィットハイブリッドです。

ホンダのハイブリッドシステムは、以前はエンジンが主役でモーターは補助的なものだったので、すぐにエンジンがかかるような構造でした。

しかしリチウムイオンと高効率モーターにより、モーターによる走行域が拡大しました。より静粛性や操縦安定性も増し、上質な乗り心地を提供することに成功しました。

トヨタや日産に負けじと独自のハイブリッドシステムを生み出したホンダは、フィットハイブリッドでより高性能なハイブリッド車を生み出すことに成功しました。

まとめ

今回はハイブリッド車の燃費性能をランキング形式で紹介してきました。

個人の乗り方によって燃費性能は変わってきますし、実燃費はJC08モードの数値には程遠いですが、どの車も燃費性能が良いことは間違いありません。

各会社が独自のハイブリッドシステムを採用しているため、同じハイブリッド車でも乗り心地は変わってくると思いますが、静粛性はどの車も優れています。

是非自分にあったハイブリッド車を探し、ドライブを楽しんで下さい!
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

kannburi kannburi